FC2ブログ

イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

サン・マルコ小広場の2本の円柱

以前にも紹介したM. ブルゼガーン著『ヴェネツィアの神話と伝説』(2007.10)に、サン・マルコ小広場に立つ2本の円柱についてのお話があります。柱については、今までも少し触れた事がありますが、紹介してみます。
ヴェネツィアの神話と伝説「意気揚々と海路でヴェネツィアに到達し、サン・マルコ岸壁(Molo)から上陸してサン・マルコ小広場を通過する時、広場を額縁で飾るように際立たせる、オリエント渡来のピンクと灰色の花崗岩の2本の素晴らしい円柱は、この町への入市門として象徴的である。今や一千年近くを経、非常に独特の歴史を持つこの勇壮な円柱が、ヴェネツィアに到来した時の事は、事実明白でない。

1500年代の著述家フランチェスコ・サンソヴィーノは、それは12世紀後半コンスタンティノープルから到来したものだと述べ、他の歴史家は総督ドメーニコ・ミキエールが聖地エルサレムから戦勝による凱旋帰国時の1125年に齎されたものだという。

しかしサンソヴィーノは更に言っている。ヴェネツィアに届いた円柱は実際は3本でその内の1本は陸揚げの最中、海中へ落ち、再度陸揚げする事が叶わず、16世紀の時点でも泥濘の底に沈んでおり、視認出来ないが、潟の底の泥の中にあることが確認出来たという。事実はどうであれ、確かな事は何年もの間海底に横たわる柱は、誰もそれを立ち上がらせることが出来なかったということである。
2本の柱のあるピアツェッタ[ターナー画『雷雨下の2本の円柱の見えるピアッツェッタ』]  結局1172年ロンバルディーア出身の工学のエキスパートで、マエーストロであったニコロ・バラッティエーリが比較的簡単なやり方で、それを直立させる手法を見付けた。それは太くて強靭な鋼索を濡らして結び付け、索で結び付けられた円柱は数cmずつ乾くに従って上方に引っ張られるという仕組みだった。

直ぐに砂袋で円柱の下につっかいをして、円柱を固定し、鋼索の濡らしと乾燥を交互にするやり方で数cmずつ立っていった。こうして工学的な一大作業が実現し、バラッティエーリは金銭的な褒賞を欲しがらず、賭博法の特例として、2本の円柱足下でなされるサイコロ賭博の独占的な専売所が彼に認められた。当然バラッティエーリは大変裕福になった。

円柱の強固な基底部とヴェーネト・ビザンティン様式の地味な柱頭は、多分同じバラッティエーリの作品である。基底部は15世紀に"Mestieri"達の発想で彫られたものである。2本の円柱の上には、ヴェネツィアの歴史の中で最も重要なシンボルが置かれた。一つはエラクレーアで殉教死した兵士、聖テオドールス(ヴェネツィアの最初の守護聖人――総督宮殿にオリジナルがある。ヴェネツィアでは伊語風にサン・テオドーロではなく、“サン・トーダロ”と言うようです)の像、今一つは共和国の町のパトロンであるサン・マルコのシンボルである有翼のライオン(実際はササン朝ペルシアか中国のキメラ怪獣)である。

フランチェスコ・サンソヴィーノが第3の円柱について書いた事が真実なら、疑心暗鬼になるのは当然である。この第3の柱の捜索と発見に、今日では自由に設置出来る精巧な捜索機器を用いて進めることが出来る? あるいはそれを無視しようということか? そして奇跡的に海底から引き上げられると仮定して何が生じると想像されるか? この第3の柱で何がやれるだろうか? 我々は小広場にそれを設置したのだが、でもどこに第3の柱は? 

何世紀もの間、元の素晴らしさのまま手付かずにそこにある、その建築的・芸術的判断を引っ繰り返してしまう勇気があるのか? あるいは博物館に片付けてしまうのか? 基底台も柱頭もない物に何が言え、何が語られるか?
[事実、この柱の探知のために、現在では広がったサン・マルコ岸壁海岸通りを調べているそうです。2017.01.01日の第三の円柱を調べる記事を載せるラ・ヌオーヴァ紙について書きました。]

もし存在するとしても、探さずに泥濘の礼拝堂に鎮座ましまして、その事を夢見、それについて語り続け、その仮定や夢を推し進める触媒としての役目を幅広く展開する方が、多分より良いに違いないのである。

1800年代までずっと、トーダロと有翼の獅子の柱の間には、不幸なるものが到来していると言われてきた。その理由は、セレニッスィマ共和国の叙事的時代には、事実2本の柱の間で絞首刑、斬首刑、四つ裂きの刑の死刑の判決が実行されてきた。まだ敷石が無かった時代、下の土は何世紀もの間、呪術的な混ぜ物で激しく捏ね捲られた、更に言えば、血の染み込んだ土砂だったのだ。

直ぐ判るように指で引っ掻くのは容易ではなかったが、勇敢な女性か、死に物狂いの他の女が、時々夜陰に乗じて、あるいは木靴か何かを拾って来て危険に対して挑んだこともある。2本の柱の間の台の上では、異端の輩や≪strighe et herbere(魔女の類)≫が自分達の罪を告げる紙を持たされて、何時間も世間の笑い者になったのであった。 」
 ――マルチェッロ・ブルゼガーン著『ヴェネツィアの神話と伝説』(Newton Compton editori、2007.10)
  1. 2020/09/30(水) 23:29:03|
  2. ヴェネツィアの広場
  3. | コメント:0

サン・マルコ広場の舗装

前回サン・マルコ広場の井戸について書きましたが、今回はこの広場の舗装についてです。G. ニッサーティ著『ヴェネツィア奇聞』(1897)からどうぞ。
『ヴェネツィア奇聞』「サン・マルコ広場の初期は菜園であり、そこでは野菜や果樹が大量に栽培されていた。ダンドロ年代記によれば、1267年初めて煉瓦で舗装された。[他の資料では1265年。]
[サン・マルコ広場の“菜園(brolo)”は、brogio、broglioなどとも言われ、特に総督宮殿のアーケード下(broglio)は大評議会の選挙が近付くと、富裕貴族が貧乏貴族の票を買収しようとその空間を行ったり来たりして、買収活動が行われたそうです。その事から、imbroglio(インブロッリョ―ぺてん、ごたごた等の意)という言葉が生まれ、イタリアのオペラや演劇の陰謀等の場面を指すようになったそうです。2007.10.23日のサン・マルコの菜園で触れています。]

それ以後年代記作者は1392年までこの件については書いていないが、その年代記の中で総督アントーニオ・ヴェニエール[1382~1400]がこの広場を、大理石で煉瓦を四角に縁取りし、デザインに従って角形に集める形で舗装させた、と語っている。

ある年代記作家は次のように書いている。《Facevano quei quadretti bellissima vista perché, essendo partiti l'uno dall'altro con lastre di pietra viva, et havendo essi eminentia, et come una certa rotondità, parevano proprio al guardar monticelli, ma grande incomodo portavano al caminare, e grandissimo al spasseggiare, perché quel continuo montare e dismontare dava noja alle persone. 》(これらの四角形の物が大変美しい眺めを現出していた。何故ならそれぞれが硬い石の板面で、優れており、ある種の丸味を帯びた物として、小さな山々を眺めるかのようであった。しかし歩きに連れて行くには快適という訳にはいかなかったし、散歩には更にそうであった。何故なら登ったり降りたりを続ければ、人によっては嫌気が差すからである。)

碑文に、土曜の市で場所取りをする同業組合に属した幾つかの登録者が読み取れた。そして最後の舗装でも i Calegheri(靴職人)と i Zavateri(靴修理職人)の例があった。
ティラーリの甃デザイン1495年と1566年と広場舗装が続く。1626年の補修と、ティラーリのデザインに基づく1723年の、全てを硬石での舗装工事(この舗装は1893年に完成した全面的リフレッシュの時まで続く)は1723年に始まり、1735年に終わった。ティラーリに提示された広場の細長い帯状を示すプロジェクトは、かなり変わったものだった。今日でも目にすることの出来る模様は、小広場の方の建築家もその案を繰り返しているのである。」
[メルチェリーア(Marzaria)通りの舗装は、1272~1676年だそうです。]

ヴェネツィア語に、far el liston(リストーンする)という言葉があります。サン・マルコ広場を散歩する、という意味です。伊ウィキペディアに説明がありますので訳してみます。

「都市のある特殊の場所、通常は広場かそれに準ずる場所を示すため、ヴェーネト地方の色々の都市や近隣地域、古いヴェーネト地域で使われているヴェーネトの言葉で、Liston(複数Listoni―伊語listone)という言葉は広場の石畳の舗装のために使われた硬い大理石の長い平らな板石の事をいう。そこから、far el listonという熟語が生まれた。
2本の柱のあるピアツェッタ[ターナー画『雷雨下の2本の円柱の見えるピアッツェッタ』]  ヴェーネトの色々の町にはそれぞれに使い方があり、ヴェネツィアではサン・マルコ広場の散歩を指し、時計台下から二本の石柱、聖マルコ(有翼のライオン)とサン・トーダロ(龍を退治する聖テオドールス)の間を歩くことを言う。」
  1. 2018/09/06(木) 00:09:50|
  2. ヴェネツィアの広場
  3. | コメント:0

サン・マルコ広場の井戸

現在、サン・マルコ広場には井戸がありません(ヴェネツィアには井戸が900はあったそうです)が、かつて存在したようです。以前、《ヴェネツィアの地震》や《ヴェネツィアの火事》また《ラグーナの氷結》等のブログで触れた、G. Nissati著『ヴェネツィア奇聞(Aneddoti storici veneziani)』(Filippi Editore Venezia、初版1897)がサン・マルコ広場の井戸について書いていますので、紹介してみます。
『ヴェネツィア奇聞』「我々の長老達は社会的な慣例として威厳を以って、というよりは寧ろ気軽に物事を見守ってきた、という事の中で、各世紀に渡って、サン・マルコ広場に種々の井戸を設置してきた。メルチェリーア(Marzaria)通り入口に設置された半月型の口の井戸については、1283年の通達が語っている。1361年の記録は、当時この広場に1ヶ以上の井戸が存在したことを語っている。
正面、時計塔[カナレット画『La Piazzetta verso la Torre dell'orologio』(1730)。正面の“時計の塔”の大門がリアルト橋に向かうメルチェリーア通り入口になりますので、その辺りに1ヶ井戸があったのでしょうか。]  1445年、シニョリーア政庁は通達を発した。広場の高みに美味しい水の、大きな井戸を根底の基礎から作るように、と。サン・マルコ広場に掘られた2ヶの井戸については(多分当時は簡単に修復されたと思われる)、マリピエーロとマーニョが井戸ニュースに限って同じ日付を記しているが、マリーン・サヌード(Marino Sanuto)が1494年に詳しく語っている。

次の世紀には、サン・ジェミニアーノ教会前の広場の井戸について等何も語られていない。1548年には、水が悪臭を放つようになり、飲用不可となっただけでなく、《ma è la causa di far pestifero l'aere con mosoni.(蚊だらけの空気を伝染させる原因)》ともなる程、破壊されてしまったことが判る。

更に1588年には、再びクリーン・アップされたが、《tutto ripieno d'imondite fino alla cima che rendono fetore.(下から上まで悪臭プンプンたる汚物の山)》となったがため、1620年にはまた、その工事を執行しなければならなかった。それ以後、他所の広場の井戸同様、壊れていき、語られることもなくなった。
サン・ジェミニアーノ教会[カナレット画『Piazza S. Marco dalla basilica verso la chiesa di S. Geminiano e le Procuratie nuove』(1735~1740)。この教会前辺りに1ヶあったのでしょうか。]  サン・マルコ広場にあった2つの井戸、特に今上で軽く触れた最後の井戸については、近年、広場の甃を敷き直した折、その痕跡が見付かった。」
  1. 2018/08/30(木) 00:04:17|
  2. ヴェネツィアの広場
  3. | コメント:0

ヴェネツィアの広場: レメール小広場ほか建物

ドルフィーン館右隣はボッラーニ・エーリッツォ館です。E.&W. エレオドーリ著『大運河』(1993)は簡単に次のように紹介しています。
レメール小広場の「サン・ジョヴァンニ・グリゾーストモ運河と大運河との合流点に位置し、少々古い建物を改築したものである。狭いファサードは柱の間の広いアーチになった三連窓が、2階、3階の中心を占めている。一方、入口の大玄関は中心を外れて右に置かれ、より近年になって最上階が追加された。

ここに総督アンドレーア・グリッティ(1523-39)が住んだが、有名な文学者ピエートロ・アレティーノ(1492-1556)がダンドロ館に移る前に住み、彼の辛辣で刺すような文言で世の有力者を震撼させた。」

サン・ジョヴァンニ・グリゾーストモ運河を挟んで、右に19世紀に改築された16世紀の住宅用の建物があり、レメール小広場と続きます。この小広場については、暫く前に書いた(2015.07.09)ブログレメール小広場に、ここに現れる幽霊の事を書きました。この小広場の建物について、上記の『大運河』は次のような事を語っています。

「18世紀の建物のある狭いヴェネツィア的なこの一角は、非常に典型的な風情に富んでいる。ここにかつてリオーン家、そしてモロズィーニ家所有の12世紀の建物があった。そこには大アーケードのある、大変美しく、典型的な外階段と素晴らしい井桁が残っている。

古いビザンティン様式の館の建築のために使用された大理石は、アルティーノのローマ式建築の物と同じ物であることに気付けば、興味深いことである。それはトルチェッロ島に運ばれて使用されたが、再び返され、ヴェネツィアの館の再建築に使用された。

リオーン(or レオーニ)は、レヴァントのアクル[San Giovanni d'Acri、イスラエル北部の港湾都市のこと?]に引っ越したが、1291年、町がイスラム教徒に征服されるや、一家は莫大な財産を持ってヴェネツィアに戻った。

しかし年代記が言うように、ラグーナに戻り上陸する前に、慎重なドメーニコは大評議会への参加が認められる保証を望んだ[セッラータはその数年後に起きました]。

1360年頃、ヴィード・リオーンはフランチェスカ・モロズィーニと結婚した。結婚式の夜、花婿は花嫁に自分の靴下を脱がすよう命じた。その事に関して、貴族の嫁は、憤慨して〝モロズィーニ家はリオーンの靴下を脱がす等あり得ない″と答えた。喧嘩が続き、フランチェスカは追い出された。その後もヴェネツィアでヴィードは、そうした事に我慢をしないパートナーと争い、通達により、貴族としての家柄、即ち大評議会から排除された。

この一家は、ヴェネツィアで著名な人物を輩出しているが、重大な事で不名誉を被ることになった。市のアヴォガドール(行政官)、その後本土の長老委員となったマッフェーオは、1540年、フランス領事に買収され、共和国の機密事項を洩らしてしまった。発覚するや逃げ出したが、首に1000スクードの懸賞金を掛けられ、永久追放になった。

彼の子孫は4世代後まで、貴族の称号を剥奪され、結局レメール小広場の館は取りこぼされた。上記の事が現在でも噂される。一家は19世紀に絶えた。」
  1. 2015/09/17(木) 00:05:43|
  2. ヴェネツィアの広場
  3. | コメント:0

Campo S. Stefano(サント・ステーファノ広場)(S)

最初に借りたアパート、旧モチェニーゴ館近くにサント・ステーファノ広場があります。ここではよく旅芸人の人達が芸を披露したり、歌を歌ったりして、観客を丸く集めて喝采を博していました。
サント・ステーファノ広場[ベルナルド・ベッロット画『サント・ステーファノ広場』] この広場を歩いていると、道を訊かれることがよくありました。ここはアッカデーミア方面、サン・マルコ方面、リアルト方面に別れて行く丁字路のようなものなので、イタリア人も、一目で東洋人と判る私にまで、《サン・マルコへはどの道?》などと訊いたりします。

サント・ステーファノ教会前のバール《アンゴロ》左の脇道ボッテーゲ通り(calle de la Boteghe)に入り込んで、《ステーション、ステーション?》と叫んでいた若いアメリカ青年達には、サンタ・ルチーア駅まで2キロ余りの道程を説明するのは難しく、サンティ・アポーストリ教会の前まで案内したこともありました。
con bitterそのバール《アンゴロ》には毎日夕食前の散歩で、スプリッツ・コン・ビッテル(spritz con bitter、カンパリと白ワインを炭酸で割り、オリーヴの実をいれるヴェネツィア独特の飲物。その真っ赤な色はヴェネツィア人のお好み)のために寄りました。毎日同じ時間に同じ顔がそこで出会うと会話が生まれるものだと判りました。

この広場に、12月は mercatino という、お伽の国にある丸太小屋風のクリスマス用の小さな店が幾つも出現しますし、カーニヴァルの時は、衣装屋さんや仮面屋さんのテントの店が沢山並びます。

広場の南にはサン・ヴィターレ(S. Vidar)教会があります。現在ここは、ヴェネツィア室内合奏団(Interpreti veneziani)の定期演奏会場となっています。私が初めてこの楽団の演奏を聞いたのは、サント・ステーファノ教会ででした。
サント・ステーファノ教会大門馬上の聖ヴィタリス[左、サント・ステーファノ教会大門、サイトから借用。右、サン・ヴィターレ教会中央祭壇のカルパッチョ画『馬上の聖ヴィタリス』] その時は、普段は公開されていないティントレットの絵などの部屋が、演奏合間に開放されました(現在は有料で公開)。その後、サン・サムエーレ教会等での公演の後、リアルト橋の袂のサン・バルトロメーオ(S. Bartolomio)教会が彼らの常時の演奏会場となりました。現在は上記のサン・ヴィターレ教会に変わりました。

ある時、開演前に並んでいると、その教会の脇で煙草を吸っている人がチェロ奏者のダーヴィデ・アマディーオさんと気付いて、話しかけたことがありました。気さくに応じてくれて、写真に納まってくれました。
山形由美とヴェネツィアの仲間たち今年の12月2日浜離宮朝日ホールで、フルート奏者山形由美さんとヴェネツィア室内合奏団のチェンバロ奏者パーオロ・コニョラートさんとダーヴィデさんがトリオでヴィヴァルディ等を演奏しました。

演奏後、3人のサイン会があり、彼とも少し話しました。この後アメリカ公演があり、ヴェネツィアには来年2月5日に帰る、のだと。来年2008年7月には全団員での何回目かになる演奏会のために、また来日するそうです。
  1. 2007/12/30(日) 00:28:47|
  2. ヴェネツィアの広場
  3. | コメント:0

カウンタ

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア