イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

北海道古平町豊浜トンネル崩落事故

北海道古平町豊浜トンネル崩落事故を知ったのは、ヴェネツィアのザッテレ海岸通りの戸外のテーブルで食事している時でした。その事故は1996.02.10日午前08.10分頃だったそうです。

実は昨日、所ジョージさんのダーツの旅で、ダーツが北海道の古平町に命中しました。その時私は外出する直前で、番組を見ずに終わりましたので何も言えませんが、この町についてある記憶が残っていました。

ヴェネツィアのザッテレのレストランで昼食をしている時(前方にレデントーレ教会が望めます)、隣席の仏人夫婦(仏語が聞こえました)が、TVで見たと英語で話しかけて来ました。《昨日オッカイド(北海道)で地震があり、岩が落ちてバスを潰し、子供達が死んだ》と。帰国して調べてみると地震ではなく、北海道古平町豊浜トンネル崩落でバスに乗っていた20人の若い人達が圧死した事故でした。ダーツの旅でそんな事が思い出されました。

この仏人夫婦には、翌日街歩きをしている時、サン・マウリーツィオ広場でまた出会い、今度は"Bonjour"と挨拶しました。そんな“えにし”がまた不思議でした。

我々夫婦は1996年、初めてのヴェネツィア・カーニヴァルを見学に、1月末にはヴェネツィアに到来し、既にその時焼失したフェニーチェ劇場を見ていました。焼失前にこの劇場でオペラを見たいと思っていましたが、叶いませんでした。出発前、2年前に知り合ったミラーノのマルコが、お前の好きなヴェネツィアの劇場が全焼したと手紙で知らせてきました。焼失後4日で届く超速達便で、イタリア出発前に届きました。イタリアにしては、そのスピードは摩訶不思議!
[フェニーチェ劇場焼失については、2009.03.07日のカーニヴァル 1で触れました]

1996年のカーニヴァルは現在のものと大分異なっており、隔世の感を覚えます。1979年に仮面のカーニヴァルのイヴェントを始められたコンパニーア・デ・カルザ・イ・アンティーキ(中世の貴族の若者がこの名称で街を活性化していたそうです)のメンバーであったサンタ・マルゲリータ広場のロバートさん達はもう広場におられません(イタリア語学校はこの広場にあります)。

ヴェネツィアのカーニヴァルは2018.02.03~2018.02.13日だそうで、既に開始しています。私の初カーニヴァル体験の一端を書いてみました。
  1. 2018/02/04(日) 23:59:08|
  2. ニュース
  3. | コメント:0

ヴェネツィアの現在: アックァ・バッサ(低潮)

日本では今夜はブルー・ムーンで皆既月食の日です。曇っていなければ、是非見たいと思っています。ところがこの現象でヴェネツィアは、大干潮に見舞われます。ヴェネツィアでは、御存じのアックァ・アルタだけでなく、むしろバッサ・アックァは大被害の危険性を孕んでいるのです。La Nuova紙をご覧下さい。
運河の浚渫「 ヴェネツィアは大干潮でブロック状態
――チェントロでは緊急船、救急船等が運航出来ない怖れ。潮の朔望という天文的影響で平均の潮高より60cm下る予定――

ヴェネツィアは大干潮の警告! 運河に現れる泥濘から来る悪臭だけでなく、町の救急不可能の怖れのためである。救急や緊急の運航は運河を素早く移動出来なければ意味がないが、救急船や警察のパトカー船が座礁してしまい、結果的に大被害に繋がるという事である。 ……」

大干潮ではなかったのですが、フェニーチェ劇場裏の運河の水を大運河から止めて泥濘の浚渫工事をしている時、直ぐ傍の消防署からの消防船が到達出来ず大被害になった、あのフェニーチェ劇場の事がまだ記憶にあります。 2009.03.07日のカーニヴァルで触れました。

大干潮については、2008.02.29日のヴェネツィアの街でも触れています。ヴェネツィアは高潮も干潮も市民の生活に大変な影響を及ぼします。
  1. 2018/01/31(水) 17:40:15|
  2. ニュース
  3. | コメント:0

ヴェネツィアの現在: ぼったくり(4)

ヴェネツィアのぼったくりニュースの続きです。今日のLa Nuova紙からです。
Da Luca前で「 日本大使に対して、ホテル経営者達のお詫びの言葉
――Aveのトップは: 我々はこのレストランがヴェネツィアで観光業を営む者を代表していないことを明白にしなければなりません。ヴェネツィアはお客様に対するおもてなしと注意深い配慮を常々高める努力をしていますから――

ヴェネツィア旅館協会は、4人の日本人旅行者に降り掛かった事に対するお詫びとその辛い思いをローマの日本大使館に書き送った。その4人の日本人に、星4 or 5の豪華ホテルへ、無料で2泊してくれるよう申し出た。旅館協会はローマの日本大使館にお詫びの手紙を送り、同朋人が引き起こした事への怒りの表明をしたのだった。 ……」

ヴェネツィアは中世から他の街に先駆けて観光業に取り組んできた町です。例えば、エルサレムへの船旅の巡礼行のツアーを、仏国のマルセーユと張り合っていたそうです。船便待ちの期間、マルセーユに比して色々巡礼者への楽しみとか、企画する取り組みがあったそうで、来日したフランシスコ・シャヴィエルの同僚、イグナティウス・デ・ロヨラもエルサレム行のために、ヴェネツィアのインクラービリ同信会館で奉仕活動しながら便待ちをしていたそうですが、果たせませんでした。

ヴェネツィアはイタリア随一の安全な町として定評があります。大聖年の2000年以後ローマも変わったように思われますが、ヴェネツィアは真夜中独り歩きしていても安全だよ、と1994年訪れた時言われました。それはまだ安全のための街灯というものがなかった中世、通りの角々にあるマリア様を言祝ぐ小さな祭壇に燈明を入れ、通行者の便を図った昔から、観光と安全を期待していたのでは、と思ったりします。

ヴェネツィアお勧めのブログを書いている“おたく”の私には、ローマはいざ知らず、ヴェネツィアでこんな事が生じたことはショックでした。しかしこんな日本人向けのYoutubeのfilmがあります。《ヴェニスのゴンドラです。
  1. 2018/01/27(土) 05:35:07|
  2. ニュース
  3. | コメント:0

ヴェネツィアの現在: ぼったくり(3)

本日のLa Nuova紙はブルニャーロ市長の声明を英語で発表しています。
料理ヴェニスではホスピタリティーとは聖なることである。我々は不誠実な輩を処罰するものである(英文) 
――超高額請求事件について、市長は出来るだけ多くの外国人、観光客に実際に接触すべく、全て英文でプレス・リリースすることで不正直者を処罰する、と宣言する――

怒り心頭のルイージ・ブルニャーロ市長は、1000ユーロ超の請求書が全て英文に訳されていたので、伊語にも移し変える。そしてこのニュースが世界を回り、世界の報道機関で伝播すれば、我々の言葉を理解しない人にも接触出来るとして英文を発表した。 ……」 [これ以後英文ですので、是非とも新聞の本文La Nuovaを読まれますように。]

ブルニャーロ市長は、来日した時2016.04.20日に新宿伊勢丹前、地下2階のヴェネツィア風レストラン《イル・バーカロ》で食事し、コメントを残しています。2016.04.22日にヴェネツィア市長ブルニャーロについて触れました。この事件発生により、ミラーノの日本領事館は、日本人目当てのこうした事件が起きないよう、イタリア政府に要請しています。
  1. 2018/01/26(金) 18:15:44|
  2. ニュース
  3. | コメント:0

ヴェネツィアの現在: ぼったくり(2)

一昨日の“ぼったくり”のニュースを本日のLa Nuova紙は更に話題にしています。
ダ・ルーカクレジットのレシート「 これが1143ユーロ(約15万5千円)を支払わされたフライ料理。財務警察が捜査開始
――ダ・ルーカ(Da Luca)レストラン(サン・マルコ区)でふんだくられた4人の日本人学生は、領収のレシートを渡されていなかった。しかしクレジット・カードのレシートは保存していた。今や、2件目のぼったくりも発覚している。プリーモのパスタ2皿、セコンドのメインディッシュ1皿と2ボトルの水で350ユーロ(約4万7千円)――

上の写真に見るように、1143ユーロのクレジット・カードのレシートがある。これは4人の日本人学生がビーフステーキ3皿とミックス・フライ1皿の料理に、ヴェネツィア(サン・マルコ区)のレストラン、ダ・ルーカで支払ったもの。今や現地警察と財務警察が捜査に動き始めた。

レストラン、ダ・ルーカの料理に1143ユーロという超高額値段は、ツーリストの悲鳴から司法の手に渡った。事実、“4月25日グループ(Gruppo25Aprile)”のスポークスマン、マルコ・ガスパリネッティが告発を公にした後、その告発を地元警察に提示した。それは4人の日本人学生が超高額の料理に支払った後、ボローニャの財務警察に提示したものであった。 ……」

私のローマに住む友人が教えてくれた事ですが、ローマのレストランで料理を注文する時、必ず伊語のメニューも貰うことだというのです。一番騙されやすい英米人用の英語メニュー(日本語メニューも同じ)と伊語メニューの料金が違うことがよくあると言うのです。その話を聞いてから私は伊語メニュー、妻は日本語メニューを貰う習慣になりました。人の集まる観光地となると、フィレンツェでもどこでも油断大敵です。

追記: La Nuova 2紙によりますと、店主はヴェネツィアで財をなし、宿屋やslot等も経営するcineseだったそうです。薬物利用容疑で逮捕され、高額の罰金も科されるようです。ムラーノ・グラスを買いたい人は、安いmade in Chinaのムラーノ・グラス風もヴェネツィア本島の店には沢山出回っていますから、財布とよくご相談下さい。1994年以来ヴェネツィアに行く度に寄るリアルトの中国飯店は、マダムと知り合いとなり、中国がらみの他店の悪い評判時代を乗り越え、今も続いており、そんな話も聞かせて呉れました。もうヴェネツィアで生まれた息子さんの時代に移り変わろうとしているようです。
  1. 2018/01/23(火) 20:38:00|
  2. ニュース
  3. | コメント:0
次のページ

カウンタ

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア