イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

12月31日

日本では一年の最終日に、例えばベートーベンの第九を歌う習慣が出来ているように、色々コンサートがあるのが普通です。シルベスター・コンサートとか独語式にジルヴェスター・コンツェルトとか言うそうです。イタリアでは大晦日のことを“notte di san Silvestro(サン・スィルヴェストゥロ〔聖シルウェステル〕の夜)”と言うそうです。Silvestro を Giuseppe Pittano 著『名前辞典』(Manuali Sonzogno,1990.03)で調べてみました。
名前辞典「Silvestro という名はローマ起源の名で、ラテン語の形容詞形 silvester が元々の形で、silvestre(森林の)、boscoso(森に包まれた)、selvoso(樹木の生い茂った)の意である。森、田舎、平原で生きるということで、selvaggio(森に生育する)、selvatico(野生の)の意でもある。

だからそれは、Silvio、Silvano、Silvana 等の名前の狭い意味での生みの親であり、全てはラテン語の silva から来ている。silva=bosco(森)、selva(森林)。

この名を持つ人に、3人の教皇と対立教皇、そしてシルヴェストロ同盟の画家がある。文学では、アナトール・フランスの『Le Crime de Sylvestre Bonnard(スィルヴェストゥル・ボナールの犯罪)』の主人公。現代では、映画『ランボー』シリーズ等の俳優 Sylvester Stallone があり、漫画の主人公“Silvestro”も親しまれている。
聖シルヴェストロ[聖シルウェステル像。サイトより借用] 教会にとって教皇 SilvestroⅠ(聖シルウェステル1世――在位314~335)の名は忘れられないものである。彼は335年12月31日に亡くなったために、この日がシルウェステルの祝日である。この名の人はこの聖名祝日で一年を終える。
[事典によりますと、癩病に罹ったコンスタンティヌス1世(最初のキリスト教徒となったローマ皇帝)に洗礼を施し全快させ、財産を寄進されたという伝説があり、またローマのサン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂を建立。美術作品で共に描かれるのは牡牛(彼が蘇生させたという伝説)、竜(毒を吐く口を封じた)等。石工、左官等の守護聖人である、等々。]

Silvestro の変化形: Silvestre、Silvestri、Silvestra、Silvestrina。仏語Sylvestre。英語Sylvester、Silvester、Vester、Vessie。西語Silvestre。露語Silviestr。」
サン・シルヴェストロ教会ヴェネツィアのサン・スィルヴェストゥロ教会はリアルト停船場次の対岸の駅《サン・スィルヴェストゥロ》で下船して直ぐ右へ軒下通りを抜け、広場の先にあります。『Calli,Campielli e Canali』(Edizioni Helvetia)はこの教会について次のように述べています。

「9世紀の建造。最初の改築は1400年代のこと。何世紀にも渡って色々手が加えられたが、最後の大改築は1840年代のことだった。ファサードの改装は1909年のことで、17世紀のものである聖シルウェステルの大理石像が付け加えられた。」

シルウェステルを名乗る教皇は4世まであり、1世(314~335)、2世(999~1003)、3世(1045-45)、4世(1105~11)と在位しています。

この日には、クリスマス・イヴの食事のように色々の食材を使って“新年の夕食”と称して豪華な食事をするのが伝統だそうですが、特に欠かせないのはレンズ豆(lenticchia――これを食べると金運に恵まれる)とツァンポーネ(zampone――豚の足の皮に詰め物をしたソーセージ)か コテキーノ(cotechino――豚の肉、脂身、皮で作る腸詰)で作った料理を食べて、新年を迎えるのだそうです。また veglione di S.Silvestro というのは、その年最後の大舞踏会です。

[長い間、教皇の名は事典等にあるように、古典羅典語式に呼称するものと思い込んでいました。偶々カトリック中央協議会の教皇一覧を見ると伊人は伊語式の発音で書かれています。聖シルウェステルは聖シルヴェストロがカトリック式と分かりました。この機会にベネディクト16世(ベネディクトゥスと勘違いしていました)の辞任の弁もPC上で聞きました。教会ラテン語らしく聞こえました。古典羅典語式発音をしていると現実に話されるラテン語は理解出来ないということでしょう。今後はカトリック中央協議会式も参考にします。]

一年間、勝手なヴェネツィア的よし無し事を書き連ねてきました。読んで下さっていることに大変に感謝しています。
読んで下さっている皆様のご健康を、また来年が良き年でありますよう祈念致します。
  1. 2013/12/31(火) 00:02:44|
  2. 固有名詞
  3. | コメント:0

固有名詞

娘に一つくらいは稽古事を、と近くにピアノを教えている人ありと聞き、レッスンに通わせました。日曜日、娘のピアノ練習終了後、私もバイエルを取り出してピアノに向かい、自分の固い指に運指を強制し、練習に励んで見ました。そしてバイエルも最終頁に差し掛かり、バイエルはもうよろしいと自分で勝手に判断した頃には、何とかかんとか指を左右別々に動かせるようになっていました。その後は、先生もいないことですから、継続させる強い意志があるかどうかです。

ピアノフォルテを発明した人は、イタリア人のバルトロメーオ・クリストーフォリ(1655.05.04パードヴァ~1731.01.27フィレンツェ)と一般的に言われています。ピアノフォルテは、弱音(ピアーノ)と強音(フォルテ)が出せる鍵盤楽器ということで名付けられています(日本ではフォルテを省略)。

クリストーフォリは1690年頃フィレンツェに移り住み、メーディチ家に仕え、楽器類の管理に携わり、1709年頃ハープシコードとは異なる発音法、ピアーノとフォルテが出せる打鍵の原理を発明したと言われています。

この新楽器のことを、歴史家、劇作家として名高かったフランチェスコ・シピオーネ・マッフェーイ(1675.06.01ヴェローナ~1755.02.11ヴェローナ)が、『Giornale dei Letterati d'Italia』という文芸紙に書き残しているそうです。以後ピアノフォルテは改良に改良が重ねられました。

ドイツのハルツ地方出身のハインリヒ・エンゲルハルト・シュタインヴェーク(Steinweg、1797~1871)が、ドイツでピアノ製造業を始めました。その後彼は4人の息子と共にアメリカに渡り(長男は除く)、アメリカでピアノ製作のスタインウェイ社(Steinway & Sons)を1853年ニューヨークに立ち上げました。世界に冠たるピアノの始まりです。長男のテオドールはドイツに残って、ドイツでピアノ製作を続行しました。

この一家の事を読んでいる時、シュタインヴェークと共に一緒に渡米した息子達、カール、ハインリヒ、ヴィルヘルム、アウグストの子供達、二世達の名前はアメリカナイズされていき、当時その実際の呼称は親達にどういう風に発声されたのかと思ったのです。英語風の発音なのか、独語風の訛りのある発声なのかと些細なことが気になりました。

というのは、以前来日した伊人演出家、Giorgio ○○ さんが日本で英語での対談で、Giorgio の英語名 George ではなく、そのまま英語式にジョージョウと発音されたのか、カタカナ表記がそうなっていたからです。

イタリア音楽がヨーロッパを席捲していた頃、イタリアの音楽家達はヨーロッパ各国をツアーで駆けずり回っています。ある音楽家はフランス宮廷に雇われていた時、子供が生まれるとフランス名前で命名し、次の国イングランドで子供が生まれると英語名を名付け、というように行く先々の国の名前を付け、ヨーロッパの方程式、Charles(チャールズ、英)=Charles(シャルル、仏)=Carl(カール、独)=Carlo(カルロ、伊)=Carlos(カルロス、西)=Ka'roly(カーロイ、洪)=Karl(カルル、露)とは別の命名法をしている音楽家の話を読んだことがありました。兄弟姉妹の名前が国際色豊かでした。

例えば英語のマネージャーはマネジェル、コンピューターはコンピューテルと読む伊人ですから、名付けた親はフランス名でもロシア名でも、イタリア語式の読み方で子供を呼んだのではないかと思いました。人々が世界各国から入国してくるアメリカには世界各地の名前が氾濫していると思われます。今では名前の読み方には法則が定着しているのでしょうが、いずれにしても自分達に読み易いように読んでいるのでは、と推測します。イタリアも同じことでしょう。

現在の日本では出来るだけ現地音に忠実にカタカナ表記するようになってきました。しかしかつては音楽家の名前等は最初独語式に読まれ、紹介されていました。例えばポーランドのピアニスト、ジンメルマンはツィンマーマン、アルゼンチンのピアニスト、アルヘリッチはアルゲリッヒ、それでいてN響指揮者ザヴァリッシュはサヴァリッシュ、ヨハン・ゼバスチャン・バッハはセバスチャン・バッハ等、名前の表記は一筋縄ではいきません。

ニューグローヴ音楽大事典(講談社版全20巻。有料のインターネット版(小学館)も何年か前に閲覧可能になりました)を見ると、古い音楽家の名前が少しずつスペルが違いながら、沢山並べてある人がいます。音楽家が色々国を回り、各国の表記法が区々あることと、どうしても生じる誤記も含めて文献に残っている故でしょう。

ジョアッキーノ・ロッスィーニの場合など、本来の名前は、Gioacchino のようですが、彼自身は c を一つ取った Gioachino でサインすることを好んだそうですので、二つ併記してあります。

私の兄がオーストリアを旅し、チロルに行こうとして駅で《チロル》と英語を使って言っても駅員に理解して貰えず、紙に Tirol(ティロール)と書いてようやく通じたとか言ってました。また新宿の駅で道に迷ったらしい人に話し掛けるとナーポリの人と判明し、妻がポンペイを見てきましたとナーポリ人に言っても分かって貰えず、私がポンペーイに行ったんですと言うと直ぐに反応し、素晴らしい所だろう、と鼻高々でした。アクセントの重要さを思い知った瞬間でした。

名前についてのコメントを幾つか頂いたので、名前についての感想を書いてみました。私は出来るだけ現地音(?)に合わせるように努めています。
  1. 2011/08/30(火) 00:03:27|
  2. 固有名詞
  3. | コメント:5

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア