FC2ブログ

イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

文学に表れたヴェネツィア――アンリ・ド・レニエ(6)

(『水都幻談』続き)
『世界名詩集大成』3巻 フランスⅡ「 館邸
  ――ア・ド・カラマン・シメー公爵夫人に――

そは夜ともならば、蒼白き大理石の低き正面の構えに、窓々の燈火あかあかとともりて、さながら幽霊屋敷なり。昼間は、宏壮にして古き未完成なる屋敷にすぎず、運河ぞいに、獅子頭の刻まれし、そが頑丈なる土台は立つなり。未完成ながら、固く接ぎ合わせし石材を利用し、中断せる普請のうち一階のみを生かせしなり。門よりは、錬鉄の格子戸ごしに、庭の茂みもうかがわれて、高き糸杉の一株、天に聳えたり。

テラスは、そが二段の盛土を水面すれすれにまで広げたれば、われ、そが石階に舟をつくること屢々なり。ここに住まえるはわが親しき婦人たちにして、この古家を人のためにも、己がためにも居心地よき住まいとせし人たちなれど、時にわれ、彼女たちを訪ぬべく格子戸をくぐらで、そこに立ち止まり、欄干に肱つきて、船の往来を眺めんとす。

太鼓腹のオベット船あり、軽快なる伝馬船あり、屋形をつけたる画舫あり。屋形は、長き裳裾に被われ、黒と金もて塗られたり。

このあかぬ眺めに何時までも浸りたけれど、人に見らるるにあらずやと不安なり。思わずふり返る。テラスには人影とてなく、ただかの馴染ふかき二つの像あるのみ。そは古の二人の少年を象どれるもの、服は十八世紀風にして、外套は半ずぼんの上にて開けり。締め金つきの靴をはき、縁の垂れたる帽子をかぶりて、純情可憐、いささか田舎じみたり。双の頬のぷっくりと膨らみたるもあどけなし。めいめいに消壺と提燈を手にす。而して、無言のまま、じっとわが方を見守るは、何ごとかわれに言わんとするものの如し。

さあれ、せんなしや、物言わぬ身の、持物のみにては、何をかわれに語り得ん。提燈が意味するは、日の短く、夜の長くなりしことか。かの火鉢にも似たる消壺のわれに教えんとするは、季節の移り進みて、夏も遠く去り、心地よき秋さえやがて終わらんとすることか。されば、今や赫(かがや)かしき陽光ともお別れなり。

かつては石に、水に、木の葉に、かくもゆたかに降り濺ぎしものを。かかることにあらずや、いたずら小僧共よ、君らの凍えし手と、君らが冬の持物のわれに言わんとするは。冬なりしか! されど、冬近きことは既にわれの知るところにあらずや。冬の気配は、とぼしくなれる光線にも、肌寒くなれる空気にも感じらるるなり。この欄干に絡める藤蔓の残りの枯葉をもぎ取るも冬なり。かの石の籠に盛りたる、彫刻の果実をわれに差し出すも冬にあらずや。風の音にも冬の声す。大潮の満ちて、運河を膨らますも冬なればなり。

かく、ヴェネチアは到るところ、うちふるう光線の中に冬を迎えんとす。然るに、など、かかる提燈や火鉢をわれに示さんとするや、あまりにも性急なる者共よ、君らのおせっかいが今さら何の甲斐あらん。

いな、いな、われ未だこの町を立ち去ることなかるべし。われはこの十一月の寒きヴェネチアをことさらに愛する者なり。濃霧につつまれて牛乳色せる、或いは、氷花に飾られて冷たき音たつる、かの瑠璃細工の如きヴェネチアは格別ならずや。雨とてもわれを追い出すことなかるべし。

入江の水鏡に映える空の色の、澄むとも濁るとも物かわ、庭の木の葉のことごとく飛び去らんとも、そは代赭(たいしゃいろ)色の、緋色の、鮮黄色のヴェールと変じて、秋のかたみの如くに水の面に散りしくにあらずや。

されば騒ぐなかれ、われとても何時かはこの町を去る身なれど、、日暮れて、ヂウデッカ寺のうえに上るかの三日月の、せめて美しき満月となるまで待つとせん。さればその夜の月は、君たちの影法師の、うつぶせに倒れて、君たちの面前にながながと伸びるを、そがヴェネチア風なる銀の面ごしに眺むることならん。 」
  1. 2019/11/30(土) 03:34:48|
  2. ヴェネツィアに関する言葉・文学
  3. | コメント:0

文学に表れたヴェネツィア――アンリ・ド・レニエ(5)

2009.05.23日にアンリ・ド・レニエについて、ブログ水都幻談で触れました。実はこの《ヴェネツィア風物詩》というべき散文詩は、紹介した《序詩》以外は全て古体の雅文で訳されています。森鷗外が訳したアンデルセンの『卽興詩人』の雅文体に最近ハマっている私は是非この眷恋の地をこの文体で紹介したいと思った次第です。
『世界名詩集大成』3巻 フランスⅡ「 奇妙なる庭園
       ――ジェラアル・ドゥヴィルに――

こはただに大理石と水の都のみにはあらざるなり。庭園もまた数多く、緑なす樹木の土壁に囲まれたる、何故か知らねど、他所に求め得ざる、珍奇にして意外なる何ものかを具えたり。壁に護られて中にひそめる庭は、秘やかに閉(しず)もりかえりて、わずかに一樹の梢を、即ち、糸杉の先端を突き出せるに過ぎざるなり。

かかるヴェネチアの庭園を、われ、悉く知るよしもなけれど、名園の幾許かは知れり。ツァッテレ河岸には救済院の庭あり。庭を繞(めぐ)れる長き赤壁には、ところどころ、豊頰の愛神像かざられ、そが一つの如き、冠も髯も藤蔓なるはおかし。また格子造りの門扉ごしに、大運河を望むヴァンドラマン園あり。ヴニエ宮の庭もあり。この庭は、柵をめぐらせし二段の築山によりて、水上にまで伸び、二体の像は田舎者よろしく、また、かずかずの籠には石の果実が刻まれたり。

人目をさけて隠れんとする、さらに陰険なる庭もありぬ。かかる庭を訪ねんには、労をいとわず、辺鄙なる界隈まで足をのばして、この錯綜せる町の迷路の中に探さざるべからず。われはかかる庭園の一つを記憶す。そが名は忘れしも、サン=セバスチアノ寺の方にありき。そこを住まいとせる古き像は大方くずれたれども、英雄や、神々の像なりしならん。われは目を閉ずとも、汝を見る想いす、汝、グラデニゴ宮の小さき廃園よ。さてはまた、汝、カッペッロ宮のなつかしき苑よ……。

或るうららかなる日の夕刻を、われ、かしこにて過ごせしことありき。そは狭く長き庭にして、パラディオ風なる円柱の立ち並ぶ廻廊のあたりにて尽きたり。やせたる花々の花壇をくゆらせ、また、或る花壇には、柘榴の実のまるまると熟れて、えみわれたるありき。われ、幾年月をここに住みなれし心地して、いとも悠々と逍遙せり。

われの最も好むはヴェネチア園ならんも、もとよりそはダリオ宮の庭園を除きてのこと。げにこの庭は、正確なる方形にして、数条の小径にて整然と劃されたり。葡萄棚を支えたるは半身の莢状(さやじょう)せる女人の木造、顔かたち豊満にして歓喜にあふれ、乳房はふくらみ、腹は張り、臍(ほぞ)さえも判然と見ゆ。

彼女等が、葡萄の幹を、葉を、蔓を、房を支えいるさま、いとも誇らしげなり。彼方には、噴泉ありて、大理石の水盤に流れ落つ。そが音は、一滴一滴したたる毎に、いよいよ沈黙は増大し、沈黙を氾濫せしむかと見えたり。

ヴェネチアにはこの他にもなお多くの庭園あり。ヂウデッカ寺の庭の如きは忘れがたく、入江より望まば、そが木立もそが糸杉も見ゆ。われは嘗てそが中にまで足を運びしことありき。いとも広大にして、且つ、閑寂、久しき逍遙に適す。人ここにあらば、潮風を吸い、心に思うことを口にせざるを得ずして、自ずと低吟の意さえ動くほどなるに、これよりわれの語らんとする庭は、人その前に立つ時、そが驚異を心ゆくまで味わんがため、口を噤(つぐ)むを常とす。

ああ、げに奇妙なる庭かな。そが宏大にして微小なる、これにまさる奇異、これにまさる哀調の他にあらんや。そが複雑もまたそが奇異に劣らず。この庭を構成するは、対称的なる花壇なり。花壇を区分する小径なり。花壇を囲む柵なり。花壇を限る廻廊なり。而して、微小なる花々の噴出する無数の小さき瓶なり。この庭は童子の如くにして、永遠にかわることなし。季節の移りかわることもなし。

如何となれば、そは、悉くガラスにて造られしものなれば。芝生も、薔薇も、噴泉も、それぞれを模して、ありとあらゆる色ガラスが用いられしなり。然らば、この庭の滑稽にして愛すべき驚異の中を逍遙すとせば、そはただ目によるほかはなきなり。

往昔、貴族の食卓に飾られいし頃、ヴェネチアの貴婦人らの目は、そが精妙にして脆弱、且つ、突飛なる細工を楽しみしものならんも、この庭の今もなお博物館を訪るる人々を喜ばすこと古(いにしえ)とかわらじ。 」 (6に続く)

この『水都幻談』は、平凡社の文庫ライブラリーで『水都幻談――詩のコレクション』(1994.05刊)として再版されています。
  1. 2019/11/23(土) 17:35:16|
  2. ヴェネツィアに関する言葉・文学
  3. | コメント:0

ヴェネツィア本: 『ヴェネツィアの出版人』

ハビエル・アスペイティア著『ヴェネツィアの出版人』(八重樫克彦・八重樫由貴子訳、作品社、2018年5月30日)を読みました。西国人がヴェネツィアの出版人、アルド・マヌーツィオを主人公に、小説として描いた作品です。作者が想像力豊かに描いた、あくまでもフィクションの体裁です。
『ヴェネツィアの出版人』今までにも、小説風にアルド・マヌーツィオの事績に触れたドキュメント、ラウラ・レプリ著の『書物の夢、印刷の旅』(1~2)について触れています。一方ハビエルは、事実とされている事もフィクション化している面が多いようなので、アルドの実際を知ろうとすると、あまり参考にはならないだろうと思われます。あくまでも彼は物語の主人公なのです。

ベール
招待客らが何を噂しているかぐらい、私にだって想像がつく。新婚初夜に新妻を一人にするとは! 加齢による体調不良だなんて、怖気づいて書斎で震えてるんじゃないか?
彼らには想像すらできまい。
私の手元にいまだ出版されずに来た極上の本があろうとは知る由もなく、世間の夫たちは口を揃えて言うだろう。紙面に黒字で綴られた肉体にそそられるなどあるものかと。見当違いもはなはだしい。病気か死の瀬戸際でもない限り、それはあり得ることなのだ。若々しい肌の甘美な感触や、爽やかなリンゴの香り、肉体の崇高さを実感するには、見合った言語、適切な表現に直した上で、われわれの人生の書に取り込むだけでいい。

神の物質で綴られた完璧な文章は、脆い人間の肉体とは比較にならない永遠性を備え、強風に揺らぐことも浸食されることもない。そのことを私アルドは、身をもって痛感している。ヴェネツィアに住んで八年が過ぎ、九年になろうという時期になされた結婚式の日、自分がさらに年老いたように感じているからだ。

元はと言えば……あれさえなければ……。
忌まわしきアンドレア! 彼も、彼の妻も、二人の子供も、みんなくたばってしまえ!
私は最初から拒み続けてきた。私には不必要だ。ノーだ! 頼むからやめてくれと。

五十歳で結婚式など、たとえシビュラのご神託であっても、願い下げだ! 縁者びいきや家族ぐるみのつながりから、やっと解放されたと思ったのに。そんなものは私にはいらない。これまで一つひとつ積み上げ、地道に築き上げた末に得た自由を失い、他の家族らと同じように、トッレザーニの所有物になるのはご免だ。マリエッタの死がまだ胸を貫いた状態で、再び彼らの情緒ゲームに陥るわけにはいかない。

これから事あるごとに後継者、跡取りと口にしてくるつもりだろう。跡取りだって!? 自分が信念のない、誤植だらけの粗悪な写本になると考えるだけで気が滅入ってしまう。

だが、すべては宿命だった。その上よりによってちょうど今日、ベネデット・ボルドネの工房から二百以上もの挿画と飾り文字の見本が届いた。いずれも『ポリフィロの狂恋夢(ヒュブネロトマキア・ポリフィリ)』用、ジョヴァンニ・ピコ・デラ・ミランドラが生前、私に託した二冊のうち唯一手元に残った本だ。手渡された挿し絵は、私がこの三年間、眠れぬ夜に抱いてきた夢想を具体的に表現してくれる。世の中の多様性を愛した友ピコの戦い、ポリフィロの戦いがようやく具現化する時が来た。彼が敗北し、われわれみなが敗北しつつある戦いだ。 ……」
  ――ハビエル・アスペイティア著『ヴェネツィアの出版人』(八重樫克彦・八重樫由貴子訳、作品社、2018年5月30日)より
アルド・マヌーツィオ『ヒュプネロトマキア・ポリフィリ』中面[左、アルド・マヌーツィオ。右、彼の出版した出版物の中で最も有名な『ヒュプネロトマキア・ポリフィリ』の中面[通称『ポリフィーロの夢』と言われるこの物語については、『澁澤龍彦全集』13巻(河出書房新社)の中の、《ポリュフィルス狂恋夢》の章で知ることが出来ます。(サイトから借用)―
―アルドが1499年出版した『ヒュプネロトマキア・ポリフィリ(Hypnerotomachia Poliphili―ポリフィーロの夢)』は作者匿名の本で、この小説ではアルドの友人だったピーコ・デッラ・ミランドラ作としていますが、通常は装飾文字の折句から読み取れる、僧フランチェスコ・コロンナ作とされています。説は区々あるようです。『ポリフィルス狂恋夢』は澁澤龍彦の命名だそうです。この本の謎についての推理小説、イアン・コールドウェル、ダスティン・トマスン共著『フランチェスコの暗号』(柿沼瑛子訳、新潮文庫、2004.09.29)を以前読みましたが、近年この『ポリフィーロの夢』本体の訳が出版されたそうです。全訳『ポリフィルス狂恋夢』(大橋喜之訳、八坂書房)だそうです。]

[小説の中で、ドゥカート金・銀貨(ducato伊語―1284年からヴェネツィアで鋳造)を、ドゥカド金貨と書いていますが、ヴェネツィアでは Dogado と呼称し、もっと古くは Dugao と言っていたと、ボエーリオ著のヴェネツィア語辞典にあります。]
  1. 2019/01/30(水) 11:59:51|
  2. ヴェネツィアに関する言葉・文学
  3. | コメント:0

『ヴェネツィア幻視行』

ジャネット・ウィンタースン著『ヴェネツィア幻視行』(藤井かよ訳、早川書房、昭和63年7月31日)を読みました。ナポレオンに憧れ、彼の召使いとなったアンリは、ヴェネツィア生まれの娘ヴィラネルと出会い、恋に落ちます。ヴィラネルのヴェネツィアとはどんな?
ヴェネツィア幻視行「……わたしは夜が好きです。ヴェネツィアではずっと昔、わたしたちが独自の暦を持ち、世界に超然としていたころでは、一日は夜始まったものです。わたしたちの商売も秘密も外交も暗闇が便りという時に、太陽が何の役に立つというのでしょう? 闇の中で人は変装しますが、ここは変装の都なのです。

あの頃(わたしにはそれを時の流れの中に置くことができません、何故なら時間は昼の光と関わりあっているからです)、陽が沈むとわたしたちは戸口を開け、火屋(ほや)をつけた明りを舳先にかかげ、滑るように漕いでいったものです。

その頃はここの船は全部真黒で、止まっても水に跡一つ残さなかったものでした。わたしたちの町が取引きしていたのは、香料や絹。エメラルドにダイヤモンド。国家機密。わたしたちが橋を造ったのは、水の上を歩いて渡るのを避けるためだけではありません。そんなにはっきりしたものじゃないのです。

橋って人の集まる場所です。中立的な場所です。気のおけない場所です。仇敵同士が出会いの場に橋の上を選び、この中立の場で決着をつけるという場所なんです。一人は向こう側に渡れる。もう一人の方は戻ってこないでしょう。恋人たちには、橋は一つの可能性であり、自分たちのチャンスの隠喩なのです。そして、ひそかに品物を運搬するためには、夜の橋ほど適当な所が他にあるでしょうか?

わたしたちは哲学的な人間で、貪欲と欲望の本質に精通し、神と悪魔の双方と手を握っています。そのどちらも離したくないんです。この生きもののような橋が全てをそそのかし、人はここで魂を失ったり、見つけたりもするのです。……

大運河(グランド・カナル)[普通はカナル・グランデと言っています]はもう野菜船で賑わっています。遊びにきているのはわたしくらいのもので、他の人は積荷を固定したり、友達と議論する合間に、物珍しげにこっちを眺めています。あの人たちはみんなわたしの同朋、だから気のすむまで眺めても結構です。

わたしはリアルト橋の下まで漕いでゆきます。この風変わりな橋は途中で切れていて、街が二つに分れて戦闘状態になったとき、
街の半分との往来を止めるために、引き上げることができるのです。この橋が上げられれば人々は封じ込められて、ついには親子とか兄弟ということになってしまうでしょう。だが、これが逆説の運命というものでしょう。

橋は結び合わせるのが、分つものでもあります。……

大時計のムーア人の人形がハンマーを振りあげ、交互に振りおろします。まもなく広場には人がおしよせ、暖かい吐く息が立ちのぼって、頭上に小さな雲ができることでしょう。わたしの息は火龍のように、まっすぐ前に吐き出されていきます。先祖たちは水辺のあたりから叫び声をあげ、サン・マルコ寺院のオルガンが響き始めます。

凍結と融解のはざまに。愛と絶望のはざまに。恐怖と性欲の間に、情熱は存在しています。わたしは櫂を水の上に平らに置きます。一八〇五年の元旦です。 ……」
  1. 2018/06/07(木) 00:51:33|
  2. ヴェネツィアに関する言葉・文学
  3. | コメント:0

ヴェネツィアの本: ヴェネツィアの今が記述された『対岸のヴェネツィア』

内田洋子さんといえば、『イタリアン・カップチーノをどうぞ』(PHP研究所)以来、イタリアのあれこれを著述出版されて来た方ですが、今回『対岸のヴェネツィア』(集英社、2017年11月7日)を見付け、読んでみました。ミラーノ在住の内田さんはこの本を書かれるに当たり、わざわざヴェネツィアにアパートを借り、生活されたようです。
内田洋子『対岸のヴェネツィア「……日帰りで訪れることができるのに、なぜ住んでみようと思ったのか。
『今さらヴェネツィアでもないでしょうに。二週間もいれば、それで十分ではないですか』
引っ越しを告げると、人から呆れられた。たしかに見知らぬ町を訪ねて相当に魅力的でも、引っ越しまでしてもっと知りたいと思うことは少ない。

ところがヴェネツィアは違った、一泊二泊と滞在日数を増やすにつれ、唯一無二の魅力にますます気圧された。一生のうちでは到底知り尽くせない、とすら思う。いればいるほど、いたたまれない気持ちになる。矛盾した思いで、毎回町を後にしていた。それは、書店や図書館を出るときの気持ちとよく似ていた。

〈生きているうちに、このうち何冊を読めるのだろう〉

読書に冊数の多少は関係ない、と自分に言い聞かせつつも焦る。未読の本が待っている、と喜べばいい。ヴェネツィアも来るたびに、無尽蔵の魅力に打ちのめされる。未踏の地があっての冒険だろうに。

住み始めると、焦燥感はなおさら強まった。足が路地を覚え、風向きや潮の匂いで空模様を当て、運河の水の色で時刻がわかるようになると、町はますます遠のいていった。

ヴェネツィアは、扱い難い女性だ。自己本位の若い女ではない。酸いも甘いも噛み分けた老熟の女性である。知れば知るほど、謎めいている。いま華やかに談笑していたかと思うと、次の瞬間には暗がりで黙って座っている。その揺れ幅と不可解さに惹かれる。追い掛けては見失う。期待と失望を繰り返し、気持ちの休まるときがない。

ヴェネツィアが常に湿っているのは、ただ水に囲まれているからだけではないだろう。この町の奥には、倦怠感が潜んでいる。熟れた吐息が漂う。 ……」

かつて須賀敦子さんの著書を読んだ時、ヴェネツィアに住んでいらっしゃればそんな事は絶対に書かれる筈はないと思われる事が書かれてあり、非常に残念だったことがありました。流石、ジャーナリストは違うと今回思いました。やはり土地を知るには、その地に住まないとその細密な機微に触れることが出来ないのでは、と痛切に教えられました。

私の伊語の先生のお一人はフィレンツェに10年住まわれた方でしたが、ヴェネツィアのザッテレ海岸通り(Zattere―かつて筏等の陸揚げが行われていたことからこの名が残ったらしい)を、単なるzattereと誤解され、通り名でなく訳されたことがありました。ヴェネツィアに一ヶ月でも住んでおられればと思ったことでした。

しかしヴェネツィア観光するにはこんな些末な事は全然関係ありません。
  1. 2018/03/07(水) 18:03:06|
  2. ヴェネツィアに関する言葉・文学
  3. | コメント:0
次のページ

カウンタ

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア