FC2ブログ

イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアのロット(Lotto)籤

ヴェネツィア人は賭博が好きだったようで、それについての記述は結構あるようです。2014.02.19日のバウアー・グリュンバルトや2016.11.10日のヴェネツィアの街案内等で触れています。また、Lotto(現在でも多くの都市で行われている富籤のようなもの)という賭け事が行われていたそうです。リアルト橋の建設の時には資金が足りなくて、このロット籤で資金を調達したという話を読んだことがあります。前にも紹介した『ヴェネツィア奇聞(Aneddoti storici veneziani)』(G. ニッサーティ著、Filippi Editore Venezia、初版1897)から紹介してみます。
[小学館の伊和中辞典によれば、Lotto籤とは1から90までの数字の中から2つの数字(ambo)、3つの数字(terno)、4つの数字(quaterna)、5つの数字(cinquina)の組み合わせを当てる賭け事、と。Bari、Cagliari、Firenze、Genova、Milano、Napoli、Palermo、Roma、Torino、Veneziaの10都市でruota(回転式抽選機)を使って抽選する、ものだそうです。]
『ヴェネツィア奇聞』「最初は政庁の許可を得て、次いで誰か著名な人物の監督の下、個人的に行われた。数字の抽出が行われた場所は、大抵の場合、サンティ・ジョヴァンニ・エ・パーオロ(愛称サン・ザニポーロ)修道院で、そこの僧達の嫌々ながらの協力の元だった。サヌード(Sanuto)の証言によれば、ロット籤は罪であると説教壇から説教を垂れていたという。

1521年まで、ヴェネツィア市民のBambararaと呼ばれたジローラモ・フランコが主宰する、tappetoやspalliera、金のrestagnoの富籤が行われた。更に1523年までは、10ドゥカートの受け渡し証を持つ席料で、ジョヴァンニ・マネンティが采配した。

時々富籤所は政府の管掌となったが、それは政府の資金が戦争で激減した時だった。1525年6月10日の通達がその事を証明している。上記のジョヴァンニ・マネンティが引き受けて、サン・サムエーレ教区のカ・デル・ドゥーカ館で富籤を行ったのである。その政庁所有の館は現在では崩れ落ちてしまった。
サン・マルコとサン・ザニポーロ[ 写真はサイトから借用。左、サン・マルコ大同信会館(現在は市民病院)、右、サン・ザニポーロ教会。右端にアンドレーア・デル・ヴェッロッキオ作の『バルトロメーオ・コッレオーニ騎馬像』が見える]  7月29日サンティ・ジョヴァンニ・エ・パーオロ教会隣のサン・マルコ大同信会館で籤引きが行われ、アゴスティーノ・ドルチェの息子アルヴィーゼが、4540の領収書のある籤を獲得した。

ピエートゥロ・アレティーノは彼の相棒であったこのジョヴァンニ・マネンティ宛に楽しい手紙を書いている。その文中、自分の頭上に降り掛かってくるあらゆる不運について仄めかしている。富籤をやると自分の将来が失望に満たされるのだ、と。この手紙は籤引きというものが、高い、飾られた演壇で行われ、その数字は現代でも殆ど同じように子供の手で引き出されるということを能く判らせてくれる。

後の世、1720年には、1traro(トゥラーロ)の富籤の領収書を見る。それは教会の再建のためであって、サンティ・スィメオーネ・エ・ジューダ・アポーストリ教区のマメーラと通称されたG. バッティスタ・モリーンが年に14回も僥倖を見たのだった。

14年ほど後には、ヴェネツィアに公共富籤が導入された。そして最初の籤引きは1734年4月5日に行われた。籤が入札で請負契約になり、関連事務所がボルゴローコ橋傍のサンタ・マリーア・フォルモーザに移り、一般にPonte dell'Impresaと呼ばれた。50人の職員がCaseletti とComputisti に分けられたが、それはチコーニャの手書きの表から判ることで、その事務所にはそれ用の祭壇のある部屋があって、聖処女マリアの像が掲げられ、崇拝されていた。

最初から年に9回籤引きが行われ、1758年には10回に増えた。続いて更に回数が増えて、儲けを町の街灯設置費用に振り当てた。

何か特別の富籤が行われたという記録がある。それは1796年12月30日に発表され、1797年1月14日に承認されたのだが、廃止されたサンタ・マリーア・デッラ・カリタの教会司祭館の財産を共和国の必要のためになされたロット籤だった。 」
  1. 2018/11/29(木) 05:12:59|
  2. ヴェネツィアの民俗
  3. | コメント:0

ヴェネツィアの修道女の放蕩

G. ニッサーティ著『ヴェネツィア奇聞』(Filippi Editore Venezia、2009)に、チチズベーオに関連して修道女の放蕩三昧が書かれています。
『ヴェネツィア奇聞』「修道女の放蕩というのは、その始まりの時から僧院に出入り禁止ということがなかったのだが、それは大変な事で、聖域に引き入れたい人を誰でも歓迎出来たのである。時には体の調子が非常に悪いという口実で、家族の元に何週間も帰る許可を得ていた。しかし帰宅する代わりに、近くの本土側へ愛人と行楽に行ったのである。

マリーン・サヌードが語っているのは、1509年チェレースティアの修道女達が、ファイフ(リコーダー)とラッパの奏でる音楽で一晩中一緒に踊った貴族の青年達の一団を大変褒めそやしていたという話である。そしてヴェネツィアの悪い風習が外部にも広がっていった。という事で、マリーノ・サヌート(Malin Sanudo)を読んでみよう:
《A di 6(Maggio 1519) la matina vene in col. il R. D. no Hieronimo di Porzia e. po di Torzelo, qual con li cai ebbe un'audientia in materia di monasteri di le contrade che sono postriboli.》
Francesco Guardiフランチェスコ・グァルディ[右、Francesco Guardi画『Il parlatorio delle monache a San Zaccaria(サン・ザッカリーア修道院の尼僧達の面会室)』  出入り禁止令が出ても、スキャンダルは絶えなかった。悪賢い女衒役の手で、うっとりするような目的を達成出来たのである。文献に見えるのは、彼女達の個室に隠れていて見付かった男の事、面会室に楽しみで赴くのに仮面を付けた尼僧の事、青年達がそこで催した宴会の事、その時格子窓の傍に座り、若者が格子から差し入れたストローでワイン・グラスから飲めるよう、そこに参加するのである。

ある尼僧達は、マリーア・デ・リーヴァ修道女のように自分達のdrudo(=cavalier servente)と変装して夜間外出し、色々のパーティに出掛けるということを勝手にやっていたのである。それは全て刑事裁判で見付かった。

上述の事以外にも、色々の作家が、修道女の俗服の事、正しい規律の欠如、そして近年にも(この本の初版は1897年)、全てとは言わないまでも、少なくともこの町の幾つかの修道院には無秩序があるということを嘆いている。 」
  1. 2018/10/25(木) 00:35:17|
  2. ヴェネツィアの民俗
  3. | コメント:0

ヴェネツィアのチチズベーオ(3)

《Venezia Nascosta(隠れたヴェネツィア)》というブログに《I cicisbei veneziani, e l'amore a Venezia nel 700》というお話が、ヴェネツィアのチチズベーオについて語っていますので、更に紹介してみます。

「チチズベーイとかカヴァリエーリ・セルヴェンティはイタリア的現象で、外人達から酷く非難されたが、中でも仏人モンテスキューは、1728年イタリアを訪問、次のように書いた。《チチズベーオ達の事について私は、そこでは触れなかった。非常に滑稽で、馬鹿な国民が作り出したことである。将来に希望もない恋人達で、選ばれた貴夫人に対して、自由を犠牲にした犠牲者である。》

彼は高慢の高みで胡坐を掻いてチチズベーオの役割の意味を何一つ理解出来なかったし、1600~1700年代のヴェネツィアにも理解が及ばなかった人物である。この大思想家は奉仕騎士自体、貴夫人とその夫を利用出来る立場も、そのチャンスも、更にはゴルドーニが『骨董屋店』の中で、この様態を皮肉っていることさえ理解しなかった。
[モンテスキューのヴェネツィア滞在記については、2013.07.13日のブログモンテスキューで触れました。]

一人の女性をその外出の度に守護するために、カヴァリエーレとして生まれたチチズベーオは貴族階級の息子であった。しかし長男でない息子にとって遺産が全て長子にいくため、しかも社会参加の機会も所持金もないが故、将来の生計を確保することが出来る環境へ出入りしておくことが必要だったのである。この付添い人は家族の内、あるいは同じ財産程度の友人達の中から選ばれた。そしてその名前が結婚契約書に明記されることが善くあった。

彼の任務は朝から貴夫人に付き添うことで、朝化粧室に赴き、散歩や詩の朗読、音楽の演奏をする等、エスコートした。屢々、詩はアルカディアのイタリア文学から引かれ、ギリシア神話に則り、ペロポネーソス半島のアルカディアは牧羊神のパーンの土地であり、森の神の人気ない処女林のような家であり、森の精ドリュアースの、妖精ニンフ達の、自然の精霊達の庭園である。そこは屢々不滅の存在であるが故に、超自然なるものだけが住んでいた地上の楽園と言われた。
Casanova回想録カザノーヴァと想定画[左、『カザノーヴァ回想録』(伊語版)、右、Alessandro Longhi画のカザノーヴァと想定される肖像画(1774?)、サイトから借用。]  カザノーヴァは回想録の中で、ジャン・ヴィンチェンツォ・グラヴィーナとかフランチェスコ・ペトラルカとかピエートゥロ・メタスターズィオ(ピエートゥロ・トゥラパッスィのギリシア風の雅号)等の作家の文章を屢々引用し、教養ある、文学的な女性との情交を気晴らしに進めたと言っている。

食卓ではチチズベーオは貴夫人の脇に侍り、料理の肉を切り分けたり、夜には遊戯卓に近侍した。こうした貴夫人とチチズベーオの間には明らかに恋愛とかは存在しなかった。しかし貴夫人に対する慇懃な態度と男らしい配慮を示し続けることは、かつての騎士の古いやり方に従えば、貴夫人に身も心も投げ出した……その他、何もかも。
……
当然結婚というものは男女が色々に組み合わされた結果であり、貴夫人とチチズベーオが夫の暗黙の了解(implicito consenso)の下、彼らの間に恋愛関係を結んだということ、また他の関係を作るという事も自由だったということを排除すべきではないが、いずれにしても結婚の完全性として、取り分け家族の財産は強固に守られたのである。

チチズベーオ達にとってより適切な役柄とは僧侶であった(ジャーコモ・カザノーヴァは若くして神父になった)。そしてある人は修道士の義務の退屈さを軽減しようと、修道女に興味を持ったのである。ベネディクト修道院では貴族の娘は信仰には従っていたが、神父や聖職者との関係を発展させもした。事実、ある神父が残したこうした内容の修道院の記述がある。

ベネディクト会修道院について若干触れるとすれば、言って置かねばならない事がある。《フランス風に白で着飾り、本当に愛らしい装いをして、包み袋風の絹のコルセット(busto)、面前を覆う小さなヴェール、その下から巻き毛が覗き、見事に似合っている。胸部は半分も剥き出し(伊語scollato)、全体として尼僧というよりは妖精ニンフの装いである。》

ジャーコモ・カザノーヴァの事が思い出されるのはいつもの事であるが、ムラーノ修道院の尼僧、有名なM.M.との関係は有名である。スータンという修道服を着るつもりもなかった人々の淋しい運命、ヴェネツィアの通俗性、この町にしかない独特なこの状況、そして多分偽善の犠牲者であったのだが、生きた人々が住む生きた町……パラッツォやフェルツェが用意されたゴンドラの中で愛を貪り、生きる喜びを推し進めていった、しかしそれは残念な事にデカダンスの始まりであった。 」
felze[felze/felse(フェルツェ/フェlルセ=伊語)は、ゴンドラ等の上に用意された屋根のある客室、テント小屋のような物だそうですが、ヴェネツィア語ではfelce(フェルチェ)でしょうか?]
  1. 2018/10/18(木) 00:17:27|
  2. ヴェネツィアの民俗
  3. | コメント:0

ヴェネツィアのチチズベーオ(2)

《ヴェーネトの歴史と芸術》というブログがヴェネツィア地方のチチズベーオについて語っています。

「チチズベーオ(cicisbeo)という言葉を発すると、今日否定的な人物像を想像する。事実この人物は、ヴェネツィアでは特に1600~1700年代重要な役目を帯びていた。cavaliere servente(奉仕する騎士)という言葉は仏人が言い出したのだが、戸外へ貴夫人に付き添ったりする、丁度うまく家族に選出された紳士の事なのである。
グァルディの絵画?[イタリアのサイトから借用。この絵は恐らくPietro Ronghiの数ある家族の肖像画の一つでしょう? ロンギとガブリエル・ベッラの絵を見る度に、一番興味のある1700年代ヴェネツィアの習俗を目の当たりにする思いです。] 
チチズベーオは貴族の息子で、通常は長男ではない家系(一般に長男が遺産を継ぐので、彼には経済的資力がない)で、社会と交際し、経済的手段なしでも、身の安定を図る機会を持とうとした。チチズベーオは家族や同じ家計程度の友人達の中から選ばれ、結婚契約書の中に名前が記された。

役目は朝早くから、貴夫人に付き添い、一日中近侍した。食卓では脇に座り、夫人のために肉を切り、好きな料理を取り分けて差し上げた。更にお遊びのテーブルに同伴した。彼には最も公式の役があった。貴夫人に対する“奉仕”の関係は有名だが、夫や家族との間も良好で、結局、貴族主人が自分の力を弁え、発展させる縁であり、知人網を広げていく力となる、それ以上に、夫人に対して敬いの態度を示して、支えとなっているということであった。

この風習は貴族だけのもので、稀に上流ブルジョワの例もあった。その場合は彼は日曜日のみ奉仕に出かけた。
……
記述がないにも拘らず、筆者にはこの役柄の人物は正にヴェネツィアが生み出したと思われるのである。17~18世紀のイタリアを概観すると、女性にとって本当に自由な環境がセレニッスィマ共和国には確かにあった。リーミニ司教区カマルドーリのアウグスティヌス修道会隠修士テオーフィロ・クリーニは、チチズベーオの事を否定的に語っている。チチズベーオを上流社会のあまりなる堕落と考え、教会はこうした社会政治的人物のためにあるものでは決してないのだ、と。
ゴルドーニの挿絵[ゴルドーニの戯曲の挿絵、サイトから借用]  チチズベーオはヴェネツィア生まれであるという別の証言としては、数多くのカルロ・ゴルドーニの作品がある。そこでは作家の喜劇の中心人物の中の一人であり、役を演じている。作家はこの状況の最も喜劇的側面を浮き彫りにしているのである。しかしその事は、謹厳実直なモラリストや、この風習に大いに戸惑いを覚えた、特に外国人達の非難の矢の的となっている、この風習についての知識を高める、更なる要素なのである。 …… 」

ヴェネツィアでの実例は、2013.03.09日のモーロ=リーン館でご覧下さい。
  1. 2018/10/11(木) 02:44:24|
  2. ヴェネツィアの民俗
  3. | コメント:0

イタリア(ヴェネツィア)の風習: cicisbeo(チチズベーオ)(1)

G. ニッサーティ著『ヴェネツィア奇聞』(Filippi Editore Venezia、1897)に、Cavalieri Serventi(奉仕する騎士)の事が書かれていました。2013.03.09日のモーロ=リーン館でも一寸触れましたように、ヴェネツィアでcicisbeoとか、cavalier servente と称される青年の事です。イタリアのWikipediaから更に詳しく触れてみます。

「Cicisbeo あるいはCavalier servente とは、1700年代の非宗教的な通常の機会、パーティ、歓迎会、観劇等の折、貴族の貴夫人に付き添った貴族の青年の事で、人間としての責任において夫人をエスコートした。その機会とは化粧、文通、買物、訪問、遊戯等の折であり、1日の大半を夫人と過ごし、夫人を褒めそやし、午餐、夕食に傍近く着席し、散歩や馬車での遠出に近侍した。貴夫人は騎士のチチズベーオに対し、チチズベーアと言われた。

この言葉の語源は、チチズベーオ青年達の主たる楽しみとなる cicaleccio(ガヤガヤした会話)、cinguettio(お喋り)、chiacchiericcio(長話)を夫人との会話を楽しむ時の、その音声の擬声語と関係していると思われる。 」
……
「イタリアの幾つかの町でほぼ独占的に実践されていたこの風習は、この世紀を通じて、深く含意するもの全てを共示するものとして、深度深く、幅広くその風俗習慣に影響を与えた。最初夫が不在中の妻を守護する目的で生まれたとしても、社会に一般化していく要素が進行した。

サロンでの会話が有力となり、決定的なものとなっていくと、女性に対する役割として、チチズベーオは2次的な役割であったものが、女性に行動の自由と安全性を保障する、必要欠くべからざる役割となっていった。しかし社会的な声望が生まれると、チチズベーオを持たないことが逆に貴族の女性のスキャンダルともなった。結婚契約においては、貴夫人がcavalier serventeに対して権利を持つことが明示されており、それは事実多くの場合、彼女の愛人であったということでもあった。

事実cavalier serventeは社会的役割を果たしていた。夫人に尽くす関係は知れ渡っており、彼女の夫や家族との関係も良好で、結局夫人に対する義務を果たすという支援であった。それ以外にも知り合いの網を広げるということにも貢献し、貴族が自分の力を確保し、発展させるのに都合のいい関係であった。

この関係の利用は、貴族階級だけという狭いものであったが、偶には上流ブルジョワ階級のこともあった。その場合は、青年達が日曜日だけの奉仕に赴くということが頻繁であった。

こうした関係が始まった本来の理由の一つは、貴族の間では、好奇心も手伝って結婚契約で男女が組み合わされるという、その関係の利用、安定した秩序を作るということであった。だから夫婦関係とは、譬え仮定が良いとしても、多くの場合、真心がこもり、親愛の情溢れるものであったのであり、しかし熱情という面では、それに憑りつかれっぱなしの関係ではない事は当然予測されるものであった。

貴夫人とcavalier serventeとの関係は、近しい間柄ではあっても、配偶者の嫉妬は惹起しなかったのだが、しかしその事は、社会の目には嫉妬に狂う亭主とは世間の笑いものであって、無作法で料簡の狭い人間と見做されるだろう、ということであった。

Cavaliere は自分の役目を自由に全うし、貴夫人の部屋に近付き、夫人の手助けをし、どこえへも付き添った。夫人にとっては彼が社会生活の中で、評価される性格の持ち主であるということは基本的な事であり、それは彼の魅力、教育、機知、会話力、文化等である。何年も鍛えられた彼のカリスマ的能力が後ろ盾となって示すやり方を見れば、夫人より成熟した人間であったということは屢々であった。

その付き合いが正に非合法になっていくやも知れぬ、その親密さは突き進んでいく可能性があるが故に、多くの人は貴族の結び付き(結婚)で生まれた子供達の夫性に疑いを持つようになった。ある人々は結婚から初子の妊娠までの期間、長子の嫡出性が保証されるように、夫人がそうした社会的な機会から注意深く遠ざかるように交際停止期間を設けた。長男は姓名、称号、財産を相続したが故。

この考えは特例を除き、事実に立脚したものとは考えられないかも知れない。少なくとも資料の検討から推論出来るように、多くの場合、それが関連していたのは唯一の社会階級(貴族)だったのであり、基本的にこの制度が常に不倫と同義語であったとは、考えられないのである。 」
……
「1700年代の倫理的感情との同一化、そしてその解読ということは、現代の我々の評価と当時との間には、未だにその強い影響下にある1800年代のロマン主義が介在しているがため、複雑である。しかしcicisbeismo(チチズベイズモ。チチズベーオの風習)というものは、1700年代末には、突如終焉を迎えたのである。

全てを引っ繰り返した1800年代のロマン主義的情熱の礼賛と夫婦愛という新しい観念の湧出は、社会的に不都合とは思われず、寧ろ喜びと気品の源とされ、アンシャン・レジーム(旧体制)の主人役の陽気で潤色された社交好きを一掃したのだった。再発見された夫婦関係は、主人公の敵役の存在を許さず、公認されることもなかった。

cicisbeismoが消滅するのに貢献した終局的な要素は、フランス革命と、それに由来した、敗退した貴族階級の風習に比して、厳格且つ、如何なるものをも破壊しようとする共和国の倫理を作り上げたことである。その趨勢はナポレオン体制下で強化され、社会の中枢を占め始めたブルジョア階級が今や確立されていた故、いかに旧に復しようと暗躍しても、事を変える事は出来なかった。

最後の追撃は、リソルジメント(維新)の愛国者の行動による。国家統一運動は新しい価値を作り出し、時にはレトリックを行使したり、市民としての義務や犠牲を祝ったりしながら、決定的に社会規範の観点を変えたのである。 」
……
「チチズベーオと貴夫人、それを取り巻く社会環境に繋がって、行われていた状況は、多くの文学的背景として確立されている。自伝、書簡、著名な作家の作品や知られていない貴族階級の著作も、その輪郭を効果的に跡付けている。こうした観点から歴史的に熟視してみれば、期待せずとも、ご機嫌取りや軽薄な伊達男の服装で、思いも寄らぬ著名な人物が現れ出てくる。

ヴィットーリオ・アルフィエーリの回想録の中には、侯爵夫人ガブリエッラ・ファッレッティへの丸2年間に渡る“サーヴィス”についての文言がある。ピエートゥロとアレッサンドロ・ヴェッリ兄弟の書簡には、類似の状況についての文言が夥しい。彼らの弟ジョヴァンニ・ヴェッリは、ジューリア・ベッカリーアのチチズベーオで、実は彼がアレッサンドロ・マンゾーニの本来の父であるという主張を支持する、更なる要素がある。

チェーザレ・ベッカリーアその人もイタリア文化の他の超一流の人達も、劣っていた人物であったということ等あり得ない。この現象はイタリアに限られたものであったし、名のある旅行者の好奇心が引き起こしたことであったと思われる。 」
ジューリア・ベッカリーアベッカリーア著『犯罪と刑罰』いいなづけ[左、アンドレーア・アッピアーニ画『ジューリア・ベッカリーアと息子アレッサンドロ・マンゾーニ』(1790)、イタリアのサイトから借用]  チェーザレ・ベッカリーアは法学者で啓蒙思想家。『犯罪と刑罰』(1764)は名著、パリ12区に彼を記念したベッカリーア通りがあります。ジューリアは彼の娘、1782年にピエートゥロ・マンゾーニと結婚、1785年息子アレッサンドロ誕生。息子はミラーノからフィレンツェに移り住み、『いいなづけ』を執筆、近代イタリア語を確立したと言われています。

1700年代のチチズベーオを扱った劇作品には、ゴルドーニの『La famiglia dell'antiquario(骨董屋家族)』『Il festino(宴会)』、モーツァルトのオペラ『フィガロの結婚』、ロッスィーニのオペラ『アルジェのイタリア女』等があるそうです。
  1. 2018/10/04(木) 00:41:48|
  2. ヴェネツィアの民俗
  3. | コメント:0
次のページ

カウンタ

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア