FC2ブログ

イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

運河の閘門

先日TVで、押上から屋形船で船旅をして小名木川の扇橋閘門などを巡るツアーの紹介をしていましたが、この扇橋閘門をパナマ方式と称していました。私自身はこの閘門をまだ見ていないのですが、日本にもこれが存在することを知りました。早速色々のサイトをクリックして情報を探索してみました。
扇橋閘門 一の口水門[左、扇橋閘門、右、一の口水門。両者サイトから借用]  サントリーの水大事典によりますと、運河を制御する技術にはロック(閘門)方式、インクライン方式、リフト方式の三つがあり、産業革命で運河が急速に発展したイギリスでこれらは考案された、のだそうです。しかし《紀行歴史遊学》というサイトによりますと、倉敷市船穂町水江に一の口水門というのがあり、閘門方式の運河だそうです。築かれたのは正保二年(1645年)に築かれたものだから、産業革命やパナマ運河より250年も前で、世界最古のものが日本に存在すると書かれています。その原理は産業革命ではなく、日本人の発明のようです。

私がヴェネツィアに行った時、ブレンタ川沿いにヴェネツィア貴族達が避寒避暑用に豪奢な館を建てているのをブルキエッロ号という遊覧船で、見学に行ったことがありました(アンドレーア・パッラーディオらの素晴らしい建築があります)。ヴェネツィア政府はブレンタ川が土砂をラグーナに流し込み、潟が陸地化することを恐れて[潟は城の堀の役割をしました]、ブレンタ川は運河化し、本流はキオッジャの南、直接アドリア海に注ぐように水路変更の工事をしました。ですから、運河は幾つかの閘門があり水の流れは殆どないように思われます。

ブルキエッロ号はフジーナからブレンタ運河を遡っていきます。暫くして最初の閘門(chiusa)モランザーニがあります。その時案内説明の人がその閘門をレオナルド・ダ・ヴィンチの考案によるものだと説明しました。船は幾つかの閘門(3基あります)を経、美しい館に入館するために客達は上陸したりして船は進みます。終着駅はストラ(Stra)で、豪壮なヴィッラ・ピザーニの前に停泊します。ここにはダンヌンツィオの小説にも描かれた有名な庭園の迷路があります。ヴェネツィアがゴールのヴェニス・マラソンはピザーニ館前が出発点です。

閘門はミラーノのナヴィリオ運河のためにダ・ヴィンチが考案したのだそうです。それが非常に便利だとして、ブレンタ川でも採用されたのでしょう。モーツァルトは少年時代ヴェネツィアを後にした時はブレンタ運河の船旅だったそうです。日本人にとって忘れられないのは、天正の遣欧少年使節が挙げられます。使節達はヴェネツィアを後にしてパードヴァに向かう時、この水路を利用したのでした。イエズス会の巡察師となり、少年達をローマに送ったアレッサンドロ・ヴァリニャーノは、青年時代パードヴァで学んだ故なのか、次のように閘門について詳しいのです。
モランザーニ閘門[モランザーニ閘門周辺、サイトから借用]  その著『デ・サンデ版 天正遣歐使節記』(1590年マカオ刊、新異国叢書5、泉井久之助、長澤信壽、三谷昇二、角南一郎訳、雄松堂書店、昭和44年9月30日)は、モランザーニ閘門の構造を:
「……一種の貯水池を設け……水門を利用して……水を貯め……それを放流するようにしつらえ、船が下流から上がって来ると、このところで一定の仕切りの中に入れ、水門を閉じて徐々に水を入れて水位を高め、それが上流の水位と一致するまでになると、船は平らな水面を上流に向って送り出され、反対に上流から来た船は水をいっぱいにした仕切りの中に入れられ、水門を開きつつ徐々に水を放出して水面を下げ、これに応じて次第に高度を下げた船は、下流の流れと水面が一致したとき下流にむけて送り出される……」としているように、使節達は船でパードヴァに向かったのでした。

ブレンタ運河のモランザーニ閘門を天正遣欧使節が通ったのは1585年ですから、倉敷市の一の口水門の築かれた1645年より更に60年古いです。閘門の構造原理はモランザーニ閘門もパナマ運河も同じと思われます。レオナルド・ダ・ヴィンチという言葉をそれらの文中に見かけませんが、何か違うということなんでしょうか。
  1. 2019/09/29(日) 12:36:33|
  2. 施設
  3. | コメント:0

カウンタ

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア