イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

カランパーネ埋立て通り

アパートを借りたストゥーア小広場からリアルト市場に買物に行くには、次の道順があります。ソットポルティコ(sotoportego)を抜け、前回書きましたストゥーア運河通りに出、直ぐ前方の乳房橋を渡り、右脇のカランパーネ埋立て通り(Rio tera' de le Carampane)を進みます。そして右のタモッシ通り(Cl.del Tamossi)からビアンカ・カッペッロ館前のストルト橋を渡ってリアルトへ向うか、或いは左のカランパーネのソットポルティコを潜り、ボテーリ(Boteri)通りに出て向うかの2通りです。
友人から来たビアンカ・カッペッロの生家の絵葉書[ビアンカ・カッペッロの生家] この辺りカランパーネ埋立て通り一帯は、昔は遊郭とも呼べる地区だったそうなので、かつて浅草から竜泉寺の樋口一葉記念館に向う途中、旧吉原を通過した時感じたようなものが、胸奥に蠢動したように覚えました。Carampana という言葉を伊和辞典で引くと、《身なりのだらしない女》とあります。ジュゼッペ・タッシーニの『ヴェネツィア興味津々Curiosita` veneziane』の Carampane の項を見ると、次のような事が書かれていました。

「1358年、区長は娼婦を一ヶ所に集めるため、リアルト地区にその場所を探した。1360年、サン・マッテーオ教区に何軒かの一群の家が見付かり、そこはカステッレット(Castelletto)と呼ばれることになった。6人の監視員が置かれ、毎夜、サン・マルコ鐘楼の第3番(テルツァ)の鐘で閉店し、家に籠り、教会の祭日には開店しないこととされた。

売上げは一旦マダム(Matrona)に預け、月末に各自に配分された。時が経つにつれて、カステッレットの娼婦達は散らばっていき、特にランパーニ(Rampani)という古い貴族が持つ家(Ca')があったため、カランパーネ(Carampane)と呼称されるこの地区に移った者が多かった。カステッレットから移動することは娼婦達には禁じられていたが、そこに閉じ込められることを嫌がった彼女達は、法令に背いてこの地区に移り住んだ。

ヴェネツィアには娼婦の数は多かったが、当時男色が相当に流行した。そのため政庁は、夕方、彼女達がランプの明かりの下、戸口や窓で淫らに胸を出して誘い、男達の異性愛を掻き立てることを命じた。」
のだそうです。市民皆兵のヴェネツィア共和国は、男子の出生率の低下を殊の外恐れたのだと思われます。

更に乳房橋については、総じて次のように書かれています。
「カランパーネに住む娼婦の館では、この地区にやって来る男達を誘うのに彼女達はバルコニー等で乳房を剥き出しにしていたが、その事がこの橋の命名の元となった。その露出した姿は男色の罪を犯す男を、そのような誘惑から気を逸らす目的で発せられた政令に由来する。

男色は古くからヴェネツィアに根付き、年代記の中でも色々卑猥な事件が語られている。マリーン・サヌードが記したベルナルディーノ・コッレールのような例もある。 ……。
十人委員会の発した布告がいくつかある。男色を根こそぎにするため、地区で2人の貴族が選ばれ、毎金曜日、男色家を調べる代表者会議が招集される。治療のために呼ばれた医者と床屋(外科を担当)は当局に3日以内に報告する。告発された男色者は、先ずサン・マルコ小広場の2本の円柱の間で首を括られ、更に灰になるまで焼却される。」

カランパーネ埋立て通りにあるレストラン(trattoria)《アンティーケ・カランパーネ》の入口には、この店で道を尋ねる人には聴取料を申し受けますと貼り紙がしてあります。借りたアパートの大家さんは、この店の魚料理は美味しいですよ、と言っていました。

2008.07.04日のストゥーア小広場も娼婦に関連しています。高級娼婦だったヴェローニカ・フランコについては、2010.09.18日~ の文学に表れたヴェネツィア――ヴェローニカ・フランコを参考までに。
  1. 2008/06/27(金) 14:38:16|
  2. ヴェネツィアの娼婦
  3. | コメント:2

Veronica Franco(F)(ヴェローニカ・フランコ―1546~91)

天正の4人の少年使節、伊東マンショらが、ローマからイタリア各地を回りヴェネツィアに到着した1585年6月26日当時、ヴェネツィアで活躍していた閨秀詩人ヴェローニカ・フランコ(1575年詩集出版)の話は、何年か前一般上映された米映画『娼婦ベロニカ』(マーシャル・ハースコビッツ監督)で記憶されている方もあるでしょう。
ベロニカ―1ベロニカ―2[映画パンフレット] 彼女がヴェネツィアの高級娼婦だったことは、例えば Alvise Zorzi 著『Cortigiana veneziana』(Camunia出版、1986)等に詳しく述べられているのですが、このような人が詩人でもあったことは驚きです。

またライナー・マリア・リルケが『マルテの手記』の中で言及している、ガースパラ・スタンパ(Gaspara Stampa、1523~54)もペトラルカ風の詩を遺しました。この詩集『Rime d'amore』(1554刊)を読むのは私には難しく手に負えません。悲しい失恋の歌のようです。彼女もまた高級娼婦ではなかったかと言われています。

『ヴェネツィアの花形娼婦総覧』に名を連ねていたヴェローニカは、ヴェニエール(Venier)家のサロンの定期的な集いにも参加し、作家ピエートロ・アレティーノ(Pietro Aretino)や出版人パーオロ・マヌーツィオ(Paolo Manuzio、アルド・マヌーツィオの息子)などまで知り合いだったようです。
ヴェローニカ・フランコの肖像[コッレール美術館のヴェローニカ・フランコの肖像] 彼女の絶頂期は、1574年(28歳)将来フランス王アンリ3世となるアンリ・ド・ヴァロワがヴェネツィアを訪問し、彼女の元を訪ねた頃と思われます。そして天正の4人の少年使節がこの地にやって来た時、彼女は大運河を歓迎船で行進する彼らを、知り合いの貴族の館から眺めたかもしれない、などと想像します。

1580年頃、彼女は娼婦のための救護院の設立を総督に請願して、500ドゥカートを差し出したということです。

しかし彼女の願いとは別に、他の貴族夫人達の案でそうした施設が数年後作られることになったそうです。その場所とは最初、サン・ニコロ・デイ・トレンティーニ(S.Nicolo` dei Tolentini)、そこからサン・ピエートロ・ディ・カステッロ(S.Pietro di Castello)へ、更にサン・トロヴァーゾ(S.Trovaso)、最終的に1593年にサンタ・マルゲリータ広場(Campo S.Margarita)のサンタ・マリーア・デイ・カルミニ(S.Maria dei Carmini)教会傍のソッコルソ運河通り(Fondamenta del Soccorso)に定まったようです。

それ故に、Soccorso(救護)の地名が現在まで残っているようです。

追記=2010.09.18日~ に、ヴェローニカについて参考までにもう少し詳しく文学に表れたヴェネツィア――ヴェローニカ・フランコ(1~4)を書いてみました。
  1. 2007/11/03(土) 19:19:42|
  2. ヴェネツィアの娼婦
  3. | コメント:0

カウンタ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手知ったヴェネツィアを先ずは訪れて、各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア