イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィア年中行事(11)

11月1日は諸聖人の祝日(i Santi)、翌2日は故人の日(i Morti)なので、ヴェネツィア人は11月サン・ミケーレ島に墓参します。リード島の墓はサン・ニコロ教会傍にあります。
サン・ミケーレ島墓地以前はサン・ミケーレ島のヴァポレットの停留所はサン・ミケーレ教会入口前にあり、11月はアックァ・アルタ(高潮)のシーズン故、停留所と教会入口の間には、濡れないで渡れるように板の橋が架かっていましたが、現在は停留所がヌオーヴェ海岸通り(Fdm.Nove)側に移動したので、アックァ・アルタの心配は多少解消されたようです。

11日はサン・マルティーノ(聖マルティヌス)の祝日という賑やかな行事がかつてあり、立ち消え状態になっていたものを再生させたいとヴェネツィアが画策中だと、ファビさんがメールを呉れたことがあります。数年前から実際に子供達が鍋を持ち、底を棒で叩き、唱え事しながら町中を歩き回っているそうです。

お菓子屋さんでは乗馬した聖マルティヌス姿の菓子を作り、祭の雰囲気を盛り上げます。彼らに出会った人はいささかのドルチェを渡さないと、その騒音から逃れられません。私は偶然バーカロ、アンティーカ・オステリーア・ルーガ・リアルトで夕食中、突如店頭のカウンター近くで鍋の騒音がし、何事かと思ったことがありました。子供達が目当ての物を獲得するや騒音は直ぐさま収まりました。

以前にも引用しました『名前辞典(Dizionario del nomi propri)』(Manuali Sonzogno刊)は、Martino について次のように記述しています。
「 聖マルティヌスの名前はパンノーニア(古代ローマの属州。現ハンガリーのドナウ州の南西部)で帝国の騎馬警備隊の一員として軍務に着いていた兵士の伝説と繋がっている。

ある日彼は、僅かばかりのぼろを纏って、寒さに歯をガタガタいわせている貧しい形(なり)の者に出会った。彼を見るや情け深い騎士は剣を抜き、マントを真っ二つにして、貧しい乞食に半分を分け与えた。半分のマントでも寒さが凌げるように、気温が暖かくなったと伝説は語っている。その時以来毎年、聖マルティヌスのお蔭で(11月11日)、天候が穏和になり、夏が戻って来たかのような日を、短い《サン・マルティーノの夏[日本では、小春日和]》と称する。

フランスのトゥールの司教座聖堂はガリア人の改宗と異教徒に対する闘いに捧げられているが、彼の慈悲深さにあやかってマルティーノ(仏語式マルタン)の名前が付けられたが、397年の彼の死で、フランスの守護聖人サン・マルタンとなった。

Martino の名前はラテン語の、Martinus から来ており、その愛称は《マルス[Marte軍神、ギリシア神話アレース] に捧げた》の意である。

この名の人は、聖名祝日として11月11日に祝う。一方女性(Martina)は、ローマ皇帝セウェルス・アレクサンデル(Alessandro Severo)時代のAD.230年頃、異端として殺されたローマの若い貴族の娘だった聖女マルティーナに捧げた1月30日の聖名祝日に祝う。」――『名前辞典』より

[外国人名等=Martin(英:マーティン)、Martin(仏:マルタン)、Martine(仏:マルティーヌ)、Martin(独:マルティーン)、Marti`n(西:マルティン)、Martin(蘭:マルティン)、Martin(丁:マーティン)、Martin(諾:マッティン)、Martyn(露:マルティン)。伊語変化形=Martiniano、Martinella、Tino、Tina。]

ヴェネツィアのサン・マルティーノ教会は、アルセナーレ正門の右前方にあります。

11月21日はヴェネツィアのサンタ・マリーア・デッラ・サルーテの祝日(Festa di S.Maria della Salute―サルーテ祭)です。イタリアの Wikipedia は次のように述べています。

「教会は税関岬(Punta della Dogana)地区に建てられ、ここからのサン・マルコ湾(Bacino di S.Marco)や大運河(Canal Grande)の景観は素晴らしい。パッラーディオをモデルとして、バルダッサッレ・ロンゲーナ(Baldassarre Longhena)によって建てられ、ヴェネツィア・バロック建築の最良の一つである。

レデントーレ教会やサン・ロッコ教会に倣って、人口の大半を奪った1630-31年のペスト猖獗から逃れるための、ヴェネツィア人の聖母(Madonna)に対する祈願を意味している。ペストはマントヴァ公の外交官がヴェネツィアに持ち込んだ。彼はラッザレット・ヴェッキオ[Lazzaretto Vecchio 島、当時この島はペスト蔓延時には患者を収容し、治療に当たる病院があった。リード島傍にある]に収容されたが、サン・リーオ広場から蔓延していった。

1630年10月22日、貴族のジョヴァンニ・ティエーポロが誓願した。《“S.Maria della Salute(健康)”と命名する、聖母マリア(Vergine Santissima)に捧げる教会をこの町に建てるという誓願である。そしてこの疫病から解放された暁には、毎年その日総督とその随員は元老院と共にこの恩寵への感謝を永遠に記念して、厳かに訪れるものである》と。

サン・マルコ広場に10月26日、総督ニコロ・コンタリーニと聖職者、市民は祈願のために集まった。ペスト終焉時には、8万のヴェネツィア人が亡くなっていた。総督や貴族を含めて、ブレッシャからトリエステ、ポレージネからベッルーノまでの共和国領では60万人が亡くなっていたのである。

新教会のための建設地には、海の税関岬(Punta da mar)、ヴェネツィアの税関に隣り合う場所[至聖トリニタ教会とその修道院、同信会館があった]の宗教施設を取り壊すことが決められた。ここに教会建設のためには広大な土地の干拓と115万6650本の杭を打ち込む必要があった。1631年11月28日には感謝の巡礼行が始まった。

[日本の天正の4少年使節が1585年ヴェネツィアにやって来た当時、この至聖トリニタ教会の修道院が宿舎になったのではないかと、色々資料を読みながら考えています。]

コンクールで決まったバルダッサッレ・ロンゲーナに建築は委ねられ、《聖処女マリアに捧げられて、王冠の形の》教会が建設され、献堂は貴族アルヴィーゼ・サグレードが1687年11月9日に建物を祝福した時である。

毎年11月21日、マドンナ・デッラ・サルーテの祝日として祝われる。ヴェネツィア人は何世紀も船の浮橋(現在は杭で固定されるようになった)を渡り、サン・マルコからサルーテへ参詣に赴く。レデントーレ祭と同様、ヴェネツィア人に一番愛されている祭である。
サルーテ教会へのお詣りの浮橋。Alvise Zorzi『Venezia ritrovata』から借用[サルーテ教会へお詣りの橋。Alvise Zorzi著『Venezia ritrovata 1895-1939』(Arnoldo Mondadori Editore刊)から借用]
この日伝統的にヴェネツィア人は、castradina という去勢雄羊の煮込み料理を食べる。」
――Italia Wikipediaより

2014.08.25日追記: カストラディーナについては次のブログカストラディーナをご参照下さい。
  1. 2011/03/26(土) 00:00:52|
  2. ヴェネツィアの行事
  3. | コメント:0

ヴェネツィア年中行事(10)

第16回Lui&Lei(彼と彼女)大会は9月に行われます。パンフレット曰く「ヴェネツィアの魅力は四季を選ばないが、中でも9月は最上である。とりわけ15年前から始まった《彼と彼女》というレガッタは、帆は白に限られ、1ペアの男女のみのクルーが乗船する船で競技に参加する、というものである。

2007年はまだ夏の日差しの強い太陽の下、南東に向かって14ノットのスピードで帆走出来る順風にめぐまれた。乗組員は操縦をうまくコントロール、即ち《離婚の危機》を回避しながらの帆走である。
……
サン・ジョルジョ島のチーニ財団の大広間で授賞式が行われ、伝統的な晩餐会でフィナーレとなる。」

9月6・7日(土・日)第38回モーターボート・ラリー(38°Rally Motonautico)はヴェネツィア~ポルデノーネ~ヴェネツィアで行われたようです。ヴェネツィア・モーターボート協会が主催し、ヴェネツィア~ポルデノーネの長距離コースが、通常の個人の楽しみ用の運転免許証とは異なる、特別の免許証は持っていなくても、全ての船に開かれている大会だそうです。

通常のコースは、予定された速度の尊重と時間の確認のために、オフィシャルの表立った管理と秘密裏の監視で行われ、制限速度遵守のために、違反者には重いペナルティーが科されます。

第7回の櫂漕の《Regata Doppia Valesana》は10月19日(日)に行われたそうですが、どういう大会かよく分かりません。
ヴェニス・マラソン出発点
2008年の第23回ヴェニス・マラソン(Venicemarathon Trofeo Casino` di Venezia)は10月26日(日)に行われました。このヴェニス・マラソン(Maratona di Venezia)は、1986年にAIMS(Association of International Marathons and Road Races)によって初めて主催された、正式コース42.195kmを走る国際大会で、毎年10月第4日曜日に行われています。

始まってからの数年は、男女共にイタリア人が勝者でしたが、近年はこのところずっとアフリカ勢が勝者に顔を出しています。この大会を機に、色々な催し事が並列して行われるのだそうです。

出発地点は、パードヴァに近いストラ(Stra)のピザーニ館(Villa Pisani)前です。この道の脇には、ブレンタ運河が道沿いに並走しており、アンドレーア・パッラーディオ等の建物群を、この運河で運航しているブルキエッロ号から見たことのある人には、このマラソン・コースの風景の美しさが想像出来ることでしょう。

コースは運河沿いにドーロ(Dolo)、ミーラ(Mira)、オリアーゴ(Oriago)、マルコンテンタ(Malcontenta)、と進み、マルゲーラ(Marghera)からメーストレ(Mestre)の町中を走り、リベルタ橋(Ponte della Liberta`)を渡り、ヴェネツィアの町中に入ります。

ヴェネツィアでは、ローマ広場(Piazzale Roma)からザッテレ運河通り(Fondamenta Zattere)へ向かい、この運河通り先端の税関岬(Punta Dogana)から対岸のサン・マルコ側に、仮設の橋を渡ります(税関岬突端に設置されている蛙を持った白い少年の裸像は、ヴェネツィア市民の意志で景観に相応しくないとして撤去されることになりそうだという話を聞いたことがありますが、2011.07.05日時点ではこのプットは健在です。真っ白の像を汚されないようにか、常に見張りの人が配置されていました)。

このマラソンのために一時的に税関岬からサン・マルコ側へ船の浮橋(160m)が架橋されるのです。コース上あちこちにある沢山の階段状の橋も、板の傾斜道が設けられ、階段の昇降はありません。

サン・マルコ小広場前の海岸通り(Molo S.Marco)からスキアヴォーニ海岸通り(Riva degli Schiavoni)を走り、公園(Giardini)手前の七殉教者海岸通り(R.dei Sette Martiri)にゴール・テープが張られます。
  1. 2011/03/19(土) 00:01:16|
  2. ヴェネツィアの行事
  3. | コメント:0

ヴェネツィア年中行事(9)

9月第1日曜日《歴史的レガッタ(Regata Storica)》 です。
「2007年ゴンドラのチャンピオンを決めるレガッタは最後の最後まで、さざ波一つ立たない順調な進行だった。特別ゲストとしてヴェネツィア映画祭でヴェネツィア入りをしていた映画監督Spike Lee が、ゴール地点の舞台[Machina マーキナ、ヴェネツィア語]に表れ、この素晴らしいイヴェントを楽しんだ。

市長のマッシモ・カッチャーリが、レガッタ前に漕ぎ手を招いて次の事を強調した、即ち剥き出しの闘争心にも、漕ぎ手達のいつもの喧嘩にも、レース審判に対する侮辱行為にも、私は与しないのだ、各種のレースでは平和裡に無礼な事もなく進められてきたのだから、と。……」
ガブリエール・ベッラ画『大運河での女子のレガッタ』[ガブリエール・ベッラ画『大運河での女子のレガッタ』]  女性チームはルイゼッラ・スキアヴォーンとジョルジャ・ラガッツィの栗色のマスカレータが優勝。giovanissimi(18歳以下)は予想通りサムエーレ・ブゼットとアレッサンドロ・ポンペーオ組のプパリーンが第一位。カオルリーナでは、ブラーノ島のチームがトップを獲得。最終戦のチャンピオン・シップを賭したゴンドリーノのレースでは、今回も Ivo D'este と Giampaolo Tezzat 組がトップでゴール、Rudi と Igor の Vignotto 従兄弟組は第2位。
女子マスカレーテ競技男子カオルリーネ競技男子二人漕ぎ最終戦「……素晴らしいゲームで、レガータ・ストーリカは平穏に有終の美を飾るだろう。だがしかしゴール直後に起こった事は全く予想を裏切るものであった。

Igor は市長や委員会の面々に罵声を浴びせながら、舞台の表彰台に飛び乗って、そこから怒りを爆発させた。事は、Vignotto 組と D'este=Tezzat 組との燃えたぎったライヴァル意識の成せるものであり、Vignotto 組を怒らす原因となった D'este にも問題があったとして、判定は宙ぶらりんとなった。誰が正しく、誰が間違いか、問題の核心に迫ることなく、両チームの2008年の出場は停止された。

現在でも、召集された技術委員会は試練にさらされている。しかしながらゴンドラの感動をもたらす挑戦は忘れることの出来ないものである。どんな決定がなされ、次回(2008年)のレガータ・ストーリカには誰が登場するか、見守るとしよう。」
 ――『2008年度行事予定』より

レガッタに先立って、水上時代行列が行われます。市のPCサイトではこれについて次のように言っています。
「時代行列は、キプロス(Cipro)島女王だったカテリーナ・コルナーロがヴェネツィアのために退位して、1489年ヴェネツィアに帰還した時のその大歓迎水上パレードを記念したものである。
「レガータ・ストーリカ」ガイド行列は10以上のヴェネツィア独自の櫂漕の船で、当時総督がカテリーナに同席して乗ったのと同じように、当時の衣装に身を固めた漕ぎ手達が、この時のみに使われる Bissona 船に乗り込み、進む。

船列はサン・マルコ湾岸から出発し、大運河全域、憲法橋(Caratrava)まで行って引き返し、フォースカリ宮前の Volta di Canal(大運河屈曲部)前に設置された浮き舞台(Machina)まで戻るが、沿岸の旅行者や大運河沿いの館からヤンヤの声が掛かる。」
カナレットが描いた volta di Canal の舞台(machina)[カナレット画 volta di Canal の舞台(machina)]  私のレガータ・ストーリカ体験は、ミラーノの製本学校で教師をしているベッタ(Elisabetta)とヴェネツィアのサン・ラッザロ・デリ・アルメーニ島図書館の書籍修復を仕事としている仏人のベア(Be'atrice)らと、最初にサルーテ教会前広場で水上時代行列を見ました。その後レースになるというので、大運河奥に移動しました。どこも混んでいて競技を見るという談にはなりませんでしたが、サンタンジェロ停留所前広場に空きがあり、そこに腰を下ろしました。

隣に座った attaccabottoni のベッタはのべつ幕なし喋り続け、私は彼女のお喋りに耳を傾け続ける事態となり、レース観戦というよりも、伊語のヒアリング練習となりました。

レガッタが終了すると、その事を告げる警察のモトスカーフォがサイレンを鳴らして大運河を疾走し、すぐさま大運河は動き出した種々の船で大混雑です。我々はその足で、リアルトのバーカロ、マルコとジョルジョの店、アンティーカ・オステリーア・ルーガ・リアルトに赴き、夕食までの時間をスプリッツやオンブラ、それにチケーティを摘んで過ごしました。

[この店は、初めてヴェネツィアを訪れた時に入った、《レティーツィア》という名のレストランでした。数年後、現在の名前のバーカロに変わり、その後現在までヴェネツィアに行く度に寄っています。食事には印刷メニューはありませんが、スパゲッティの《ネーロ》(烏賊墨スパゲッティ)等抜群です。前日日曜日はリアルトの魚市場が休業ですので、月曜日はネーロはありません。]

[追記=先日の東北沖の地震の NHK-TV のドキュメントを、東京での大揺れ直後から、朝から深夜まで見続けています。ヴェネツィアのブログを書き続けることが空しくなっています。何をあの被災した人達のためにすることが出来るのでしょうか。原稿はその先まで既に予約で書きましたが、以後はどうなりますか。長い間、いつもご高覧有り難うございました。
この度の地震で被災された方達へ心からお見舞いを申し上げます。更にヴェネツィアやミラーノ、フィレンツェの友人から、あなたの傍に私は常に居るからと全日本人に対する励ましをイタリア人から受けています。]
  1. 2011/03/12(土) 00:01:53|
  2. ヴェネツィアの行事
  3. | コメント:0

ヴェネツィア年中行事(8)

レデントーレ(Redentore)の祭7月第3日曜日に行われます。以下、パンフレットから。

「《レデントーレ》の事を話すということは、ヴェネツィアで《最も有名な夜》に立ち会うということが、ヴェネツィア人にとってどんな意味を持つのか、等と考えなくても、それは繰り返し言い古されてきた事を、またぞろ繰り返すことである。

今や徹夜をするということは、大変な流行である。《レデントーレの夜》は、徹夜(notte bianca)の別称となり、そしてその起源は何世紀も遡るが、それは全市民を一晩中その宗教的な祝祭行事に巻き込むという、全市民的祭を考案したことが、全く革新的な時代であった。

(その日)ヴェネツィア人は早朝から行事の準備をしたものである。家族や両親、友人に素敵な夕べを約束するために、舟を用意し、食べ物、飲み物、音楽を準備しなければならなかった。そして朝早く花火の発射場所(現在の場所とは異なる)に急いだ。

船は葉の生い茂った枝で飾られ、紙の提灯(中に蠟燭)で明かりを点し、飲み物や西瓜を冷やすためにバケツや桶には氷を一杯にした。歌や合唱で楽しく時間を過ごすために楽器演奏の出来る親類や友人を物色した。

そして最後に、最初のドーンという音が鳴り響く。花火大会の始まりである。サン・マルコ湾の水に映え、この素晴らしいショーを見て楽しもうと群がったゴンドラや色々のタイプの船の姿を水面に映し出す。皆息を凝らし、天を仰いで楽しそうに歓声を上げ、陽気に花火についてのコメントを口にする。

花火が終わり、ガヤガヤした人声が戻り、ゆっくりと櫂で漕いでリード島に向かう船から人々の呼び声や「ぶつかる! 危ないぞ!」の大声や悪態などが始まる。人々はリードの浜で日の出を待つのである。

翌朝遅い時間には、大運河や内部の運河で寝ぼけ眼の人や眠りこけた人を乗せて、疲れてゆっくりと係留場に向かう船と船が出会う。

現在の祭との比較は簡単である。うるさいモーター船が主流であり、色々害を振りまいている。装飾され、イルミネーションを施した伝統的な船には招待状が出されているが、ますます数が減ってきている。

そしてヴェネツィア人がそれを使わなくなっただけでなく、実際に batele、peate、burci、topi 等の舟が存在しなくなったからである。現在、移動には普通プラスティックの船が使われている。……」
レデントーレ祭の花火1576年9月4日、ヴェネツィア元老院はペストが終焉するよう、総督が Redentore(救世主)に捧げる教会建設の誓願を発するように決議しました。1575~77年ペストが猖獗を極め、市の人口の3分の1以上の5万人が死亡していました。

その結果、建築家と建設地が選ばれ、アンドレーア・パッラーディオが1577年7月から建築を始め、彼の1580年の死後はリアルト橋を建設したアントーニオ・ダ・ポンテが工事を引き継ぎ、1592年に教会は完成しました。

1577年7月13日、ペストは完全に撲滅されたと宣言し、7月の第3日曜日に宗教的お祝いと全市民的祭として、ペストからの解放を祝うことが決定されました。

そのため市は、この教会に感謝と敬意を表明するためにジュデッカ運河に、ザッテレ海岸通りとレデントーレ教会前広場とを結ぶ平底船を並べたその上に330メートルにも及ぶ長い浮橋(ponte votivo―奉納橋)を設けて架橋し、歩いてお詣り出来るようにしました。
『レデントーレの夜』ジュデッカ島側から見た、peate船上の浮橋(昔の写真から)現代のレデントーレ教会への船の浮橋[左はガブリエール・ベッラ画『レデントーレの夜』、中央はジュデッカ運河に架けられた、レデントーレ教会への peate 船上の浮橋(ジュデッカ島側から見た、昔の写真。サルーテ教会のクーポラやサン・マルコの鐘楼も見える)。右はレデントーレ教会に向かう現在の浮橋。]

このためヴァポレット等は通行止めとなります。この祝祭はヴェネツィア人にとって格別のもので、5世紀を経た今日でも非常に活発なものとなっているのです。

お祭り前日の土曜日には浮橋の渡橋が許され、レデントーレ教会にお詣りする人や深夜前に始まる花火見物の席取りなどのために、人々がどんどん渡って行きます。サン・マルコ湾やジュデッカ運河には色々に飾られた船が、花火見物に最上の席を求めて集まってきます。船上でもジュデッカ島の海岸通りでも用意したワインと伝統料理で夕食を摂り、23.30分から深夜過ぎまで続く花火に備えます。

私が寄せて頂いたテーブルは(最初の体験)、ズィテッレ教会前の海岸通りにサンタ・クローチェ区の Ponte Canal 傍のバールの人々が設定したテーブルでした(自分の船でテーブルや飲み物、食べ物を運び、日本の桜見物のようにセットしたのだそうです)。隣に座っていたパードヴァから来た人々は、花火の後リード島に行き、日の出を見て家に帰ると言っていました。

花火は23.30分から深夜過ぎまで、大空に華麗な光の傘を何層も花咲かせ続け、溜息の連続でした。

一方、またこの8月には、ヴェネツィア・テニス・クラブ(Tennis Club Venezia)の大会があるそうです。
  1. 2011/03/05(土) 00:01:07|
  2. ヴェネツィアの行事
  3. | コメント:0

カウンタ

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア