イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

文学に表れたヴェネツィア―Roberto Bianchin、アックァ・アルタ(3)

サンタンジェロ広場(C.S.Anzolo)近くのアッサッスィーニ(Assassini)通り傍のレストランで日本人の友人達と会食をした時、レストランのオーナーから下掲の本を書いたので日本人にも読んで欲しいと提供され、籤で私が貰えることになり、帰国して読んでみました。10年以上前のことでもあり、中身をあまり覚えていません。今回読み直してみました。
『Acqua granda』Roberto Bianchin『Acqua granda―Il romanzo dell'alluvione(アックァ・アルタ―大洪水の物語)』(Filippi Editore Venezia、1996)
アックァ・アルタ史上有名な1966年11月初めの高潮は、194㎝という観測史上最高の数値を記録し、サン・マルコ大聖堂内にも水が侵入して多大の被害を与えました。聖堂内に入ってみると円柱を汚した水の跡が今でも視認出来ますし、聖堂内の地面は波打っています。その事が世界に発信されて注目され、《ヴェネツィアを救え》というキャンペーンが始まり、《The Venice in Peril Fund》が動き始めました。運動を始めたのはイギリスの駐伊大使 Sir Henry Ashley Clarke で、現在は母国ではなくサン・ミケーレ島墓地に眠っています。
[ヘンリー・アシュレイ・クラーク卿は1953~62年ローマの駐箚イギリス大使で、1966年のヴェネツィア被害を知ってこの Venice in Peril 慈善運動を始め、1983~94年、90歳で亡くなるまでこの財団の会長を務めました。]

この年の秋はイタリア全土大変な荒れ模様で、各地で洪水騒ぎが相次いだようです。トスカーナ地方も例外ではなく、氾濫が各地でありました。知り合ったフィレンツェのソーニア・アルフォンソ夫妻のお宅にお邪魔した時、1966年のアルノ川氾濫について、1階の壁面に残された背丈の染み跡を示されたり、3階の自宅窓から見下ろしている時の光景をアルフォンソさんから伺いました。彼らの Giotto 街に凄い速さで水が上がってきて向かいの建物の1階に設けられている駐車場に置かれていた車を建物から引きずり出して、奔流と共にどこかへ持ち去った、というのです。あっという間の出来事だったと言います。これが1966年11月初めのアルノ川の氾濫の一端です。多大の被害もたらしたそうです。
アルノ川の洪水で濡れた美術品を搬出する人達[川の氾濫で泥水を被った美術品を搬出する人達] 頂いた本の最後の方に次のような記述があります。
「危機的状況にある地域では、勇気を持って事に当たる必要がある。何故かならば洪水のための予算は悲観的であるからである。死者105人、行方不明9人。各地で死者が出た。ヴェネツィア、フィレンツェ、トレント、ブレッシャ、トレヴィーゾ、ボローニャ、ポルデノーネ、ヴィチェンツァ、ウーディネ、ベッルーノ、ボルツァーノ、モーデナ、ピーザ、グロッセートである。この地域の3分の1は大きな破壊に見舞われた。被害は甚大である。ヴェネツィア地域では7万ヘクタール以上が浸水し、300㎞の道が破壊された。避難者は何千人とあり、サン・ドナ・ディ・ピアーヴェ9000人、ポルトグルアーロ3000人、キオッジャ600人、カンパニャルーピア100人……」

ヴェネツィアからキオッジャに行く時はリード島に渡り、そこからバスで南下し、終点のアルベローニ(Alberoni)の港から船で Opera S.Maria della Carita`へ渡り、再びバスでペッレストリーナ(Pellestrina)島を南下します。キオッジャ港へは、南のヴァポレットの乗り場から再び船に乗り換えます(最南端は Ca'roman)。

バスでペッレストリーナを南に向かっていると、左手の海岸線に沿ってバスの高さの石壁が続きます。これが Murazzi と呼ばれる防波堤です。ヴェネツィア共和国はラグーナ(ヴェネツィア)を守るために、アドリア海との境に防波堤を作ることを決めました。1744年に工事が始まり、1783年完成しました。1751年第1期工事完了時の記念碑が残されているそうです―「水の世話係の人達は、自由の所在地である町の聖なる潟を永遠に守護すべく、海からこれを守るための硬い大理石の大きな防波堤を建造した」。1966年のアックァ・アルタではこのムラッツィが十何ヶ所に渡って破壊され、高潮がラグーナに注ぎ込みました。YouTube でペッレストリーナの当時の状況をどうぞ。Pellestrina(1)Pellestrina(2)

この小説の主人公、漁師パパ・フォルトゥナートの息子エルネストはヴェネツィア本島の南のこのペッレストリーナ生まれで、フランスの Aix-Les-Bains(エクス-レ-バン) などで旅行シーズンはレストランのウェイターが生業です。そんな彼が1966年のアックァ・アルタに遭遇し、ペッレストリーナの悲惨さに生まれ故郷を捨てて、ヴェネツィア本島に移住するのです。本を呉れたレストランのオーナーは自分の体験を下にこのドキュメンタリーな小説を書かれたようです。
フェリックス・ジアン画『サン・マルコ寺院前の高潮』フェリックス・ジアン画『サン・マルコ大聖堂前のアックァ・アルタ』 「……2mの水が全ての家の1階部分、全ての商店・倉庫に侵入した。全ての職人の仕事場を破壊した。軽油式ボイラーを壊した。家具、在庫の商品、図書館の本、役場の資料、ピアッツァーレ・ローマの駐車場の車まで駄目にした。7000人の島の住民は全員避難した。100の電力室が弾け飛び、火を噴き、ショートした。カンナレージョ区のトレ・クローチ通りのガラス工場が火災を起こした。

暖房、食糧がなかった。変圧器、電話装置、焼却器、ガス装置が駄目になり、水道管が使えなくなった。サン・マルコ広場では1m半の波の上を舟が走っていた。全ての岸という岸は水没し、船の桟橋は使用不能、シロッコは時速100㎞で吹き寄せ、サン・マルコ小広場の二つの街灯を吹き飛ばした。 ……」  被害の模様の描写が更に続きます。 
 ――ロベルト・ビアンキーン著『Acqua granda―Il romanzo dell'alluvione』(Filippi Editore Venezia)より。
避難するサン・マルコ小広場のホームレス本から借用。総督宮殿下ブローリォのアーケードの椅子に避難するホームレスの人[アーケード等この場所をヴェ語でbrogio、broglio等言うそうですが、伊語のimbroglio(ペテン、混乱)の語が、貴族達がここを歩き回りながら不正に大議会の票の売買をしたことから、この語が生まれたようです]。
  1. 2013/01/26(土) 00:04:33|
  2. ヴェネツィアに関する言葉・文学
  3. | コメント:0

ヴェネツィアのアックァ・アルタ(2)

昨年暮、149㎝のアックァ・アルタがありました。イタリア・ウィキペディアによれば、アックァ・アルタ(高水・高潮)という言葉はヴェネツィア人が潮位が高くなる現象を言ったものが、伊語に取り込まれたものだそうです。近年は毎年のようにラグーナ・ヴェーネタ(ヴェーネト潟)に生起するこのアックァ・アルタ現象の原因を、ウィキペディアは凡そ次のように述べています。
サン・マルコでゴンドラを漕ぐこの地では毎日約12時間毎に干潮・満潮が1m程度の差で繰り返されています。この干満に第一に影響を及ぼす一つ、秋~春に南アフリカからシロッコ(季節風)が低気圧で吹き上がってくるのです。アドリア海入口のターラント海峡から海水をその強度と方向によって最奥部へ吹き寄せます。低気圧でも海面が上昇します。

10-11月イタリアでは豪雨を伴う嵐が吹き荒れることがしばしばで、各地の河川の氾濫が頻発し、北東部ではその大量の水がアドリア海に排出されますが、その頃北東風のボーラも吹き荒れ、それらの強風が排出された水をその強さと方向によっては最奥部の水の退潮を押し留めます。

また低気圧と共に、更に新月であれば太陽・月が一直線に並び、海水を引き上げます。こうした現象にラグーナ・ヴェーネタの閉じられた特殊な地形とが絡み合って、これらの現象が三役揃い踏みになるとアックァ・アルタが発生すると考えられているようです。

近年この現象が多発するようになったのは、対岸のマルゲーラの工業地帯が工業用水に地下水の汲み上げを何年も続け[何年か前に中止]、ヴェネツィア本島は地盤沈下したままであり、そこに地球温暖化のための海面上昇(eustacy 現象――伊語eustatismo)が拍車を掛けているのです。
ヴェネツィア人口推移『ヴェネツィア史』(クリスチャン・ベック著、仙北谷芽戸訳、白水社文庫クセジュ、2000年3月20日)の巻末表を参考にどうぞ。
サルーテ教会・税関岬近くに潮高を測る基準点が設置されており、サン・マルコ鐘楼傍にその値を電光掲示板に表示する設備がありました。そのポイントでの計測によりアックァ・アルタは3段階に分けられ、第1段階はサン・マルコ広場が海抜80㎝故なのか、80~109㎝(1897年に平均潮位として測定されたものから)。第2段階は110~139㎝。最高の第3段階は140㎝~。昨年11月4日の149㎝は最高位に区分されるものでした。次のヌオーヴァの新聞記事をどうぞ。時刻9.30には149㎝に達しています。La Nuova紙の、左のキャプションをクリックすると映像が見られます[上から3番目のキャプションはサン・マルコ広場で泳ぐ観光客のもの]。

ウィキペディアはかつてのアックァ・アルタがあった年を羅列しています。史上記録の劈頭を飾るのは、589年の《Rotta della Cucca(クッカの決壊)》のアックァ・アルタだそうで、Giovanni Distefano『ヴェネツィア史 421-1099』(Supernova)がその事に触れています。
ヴェネツィア史 421-1099「589年: パーオロ・ディアーコノ(Paolo Diacono)は『Historia Langobardorum』の中で、ヴェーネト地方の水路分布を変えてしまった壊滅的な大洪水(それは河川の保全管理がなされていなかった故でもあるのだが)について記述している。

ヴェローナ地方の地名でもある《クッカの決壊》のことである。それ以前にはエステからモンタニャーナを流れていたアーディジェ川がその流路を変え、そこから何㎞か南の地点を流れるようになり、その自然の痕跡が残っている。

年代記作者はこの北東地域やイタリア半島各地の記録された豪雨の模様について語っている。ノアの洪水時代にも増して起こったことであり、589年10月17日の大決壊とはなっているが、現代の研究者は11月の事ではなかったかとしている。

洪水で多大の人や動物の命が奪われ、ヴェローナの城壁が何ヶ所も壊れた。更に大小の道、ヴェーネトやフェッラーラ平野の畑の多くが破壊尽くされてしまった。ヴェローナでは洪水の高さは城外にあるサン・ゼーノ教会の上の窓にまで達した。

パードヴァではブレンタ川が集落の北東まで流路を変えたし、その流路がバッキリオーネ川に取って代わったのである。ピアーヴェ川は氾濫し、一部流路が変わった。ミンチョ川はアードリアを通過していたが、アドリア海からガルダ湖まで船で行くことが出来た。そして流路を変え、ポー川と合流してしまった。それがアードリアとこの港の決定的な没落をもたらした。

この地域が激しく分断されたために、どの地域の政庁もこの破壊の修復に取り掛かることが出来ず、水に沈んだ平野は何世紀も沼地・湿地と化し、事実ポレージネという地名はこの時に生まれた。」
 ――ジョヴァンニ・ディステーファノ著『ヴェネツィア史』より

当時はまだ現在のようなヴェネツィアは誕生しておらず、人々がラグーナの島に住み始めた頃だったようです[ラグーナに住む人々に言及した最古の、カッシオドルス書簡は538年]。洪水の水が全てラグーナに流れ込み凄い潮位で島々を全て水没させたに違いありません。

810年カール大帝の子ピピンの攻撃からヴェネツィアを救ったラグーナの浅瀬という地形を守るために、その後ヴェネツィアはラグーナに注ぐブレンタ、シーレ等の全ての河川はアドリア海に直接放水するように流路変えの工事を施し、ラグーナの陸地化を防ぎました。この工事はアックァ・アルタにはあまり関係なかったかも知れません。
[ヴェネツィア人は雨水を収集し、井戸で濾して飲料水にしていました。その井戸を塩水のアックァ・アルタが度々破壊しました。尚2008.10.26日のアックァ・アルタでアックァ・アルタの歴史について触れています。]
  1. 2013/01/19(土) 00:00:58|
  2. ヴェネツィアの災害
  3. | コメント:0

ヴェネツィアの地震

2009年に大被害をもたらしたラクイラ地震の直前、安全宣言をしたために人的大被害が生じたとして、行政官2名、科学者5名が昨年10月禁錮6年の実刑判決を受けたことはまだ記憶に新しいことです。地震に安全宣言を出すなど不用意が過ぎると思いますが、その学者の態度に実刑判決を下す裁判というのは、それもあまりにも行き過ぎと思われます。

ジュゼッペ・タッシーニ著『ヴェネツィア興味津々(Curiosita` veneziane)』から、G.Nissatiが『Aneddoti storici veneziani(ヴェネツィア奇聞)』という本に色々話題を拾い出しています。その中に地震の話がありました。
ジュゼッペ・タッスィーニ『ヴェネツィア興味津々』『ヴェネツィア奇聞』[Nissati という筆名は Tassini の anagramma(字句転綴)のようです] 「ガッリッチョリが自分の『回想録』の中に記した、共和国時代に発生した地震は19回あったという。中でも1348年1月25日のものと1511年3月26日のものは最高に厳しいものであった。

1348年の時は年代記作者によれば、何千もの家屋や数えきれない煙突が崩れ落ちた。鐘は独り鳴り響き、大運河は水が一方の岸から他方へと何度も揺れ動いて川底が見えたりした。サン・シルヴェストロ、サン・ジョヴァンニ・エレモジナリオ教会の鐘楼は崩れ落ち、サンタンジェロとサン・ヴィターレ教会のクーポラ、カルミニ教会のファサードの上部が落下し、アルセナーレの二つのアーチも倒れた。

1511年の地震の時はもっと恐ろしかった。工場等の崩壊に加えて人的被害が加わった。この日元老院に集まった議員達は、議場の頭上がギーギー軋むのを聞き、慌てて逃げ出した。

サヌート(ヴェ語式―Sanudo)は言っている。《全員驚愕し恐怖にかられた。広場や道を走る人、お祈りを始める人、どうしていいか分からない人、そして多くの妊娠中の女性が恐怖のあまり、陣痛もなしに出産した。その中には艦長のトーマ・ティエーポロ氏の妻パンクラーティ・ジュスティニアーンの娘があった。》

その時点より少し前のこと、《それから夕方教区司祭達は、各地区で連禱行列を開始していた。2枝の燭台を携えた後ろの一団は手には蠟燭を持ち、連禱(リタニア)を唱えていた。その時見るからに手にしていた物が大揺れに揺れた。全員危険を察知した、何故ならこうした地震は何日か続くのが通弊だったからである。そしてその夜かなりの人々は船に、菜園に、畑に眠りに行った。地震が再度やって来ないなど、考えられなかったからである。》

翌朝貴族のアントーニオ・コンタリーニは政庁に現れ、これは我々が犯した色々の罪、特にヴェネツィア人が犯した数々の肉欲の罪のために天が懲らしめのために下した天罰なのだ、だから誠実かつ効果的な措置を講ずる必要があると言った。更に聖処女ニコペイアの像を掲げて、サン・マルコ広場で聖なる行列を執り行わねばならないと厳命した。」
 ――G.Nissati『Aneddoti storici veneziani(ヴェネツィア奇聞)』(Filippi Editore Venezia、1897)より
  1. 2013/01/12(土) 00:00:29|
  2. ヴェネツィアの災害
  3. | コメント:0

文学に表れたヴェネツィア――エズラ・パウンド(3)

エズラ・パウンドの傑作の誉れ高い『ピサ詩篇』(新倉俊一訳、みすず書房、2004年7月15日)を読みました。沢山登場する固有名詞など殆ど知らなくても、今まで読んだことのある詩集と異なって読み進める内に、何故か気持ちが奇妙に高揚していくのを実感しました、どんな雄叫びでも悲嘆でも、御意であれ冀念であれ何事も素直に声を顕わにして歌うべきなのだと。そんな中で突如ヴェネツィアが登場します。
パウンドサイトから借用。『ピサ詩篇』ページ
「 [第七十六篇]
……
大運河は少なくともわれわれの時代までは続いた
  たとえ「フロリアン」の店が装いを変えたり
また広場にある店が辛うじて
    人工呼吸で息を続けたり
《ジョリオの娘》のために
    ダヌンチオのカリカチュアを収めた
    (《小島の海(ラグネス)のエディポス》という題のついた)
    特製本を出したにしても
……
      二つの翼をもつ雲の下で
      ほとんど一日じゅう
サン・ヴィオが大運河に交わる
きれいに洗われた石柱のそばで
あのバンコ・サルヴィアティともとドン・カルロスが住んでいた家①とのあいだで
いっそ潮の流れに投げすててしまおうか
    『灯火は消えて(ア・ルーメ・スペント)』の詩集を
          そしてトダロ②の円柱のそばで
  いっそ向こう岸に渡ろうか
        それとも二十四時間待っていようか

      あの頃は自由だった、そこがちがうのだ
      あの大きなゲットーにはかつて見苦しかったところに
《ファシストの時代》の新しい橋が架かっている
      ヴェンドラミン宮殿、コントラリーニ③家
       あのフォンダ、フォンダコ・デイ・トルチ④
    そしてトゥリオ・ロムバルド⑤があの人魚たちを彫ったのだ
      年老いた番人が言うように「それ以来
宝石箱にだれも人魚たちを彫ることができなくなった」
  サンタ・マリア・デイ・ミラッコリ⑥のことだ
あのカルパッチオの骸骨の絵が納まっている
         ⑦
         サン・ジョルジオ・デイ・グレチ⑧
そして広場に入ると右手の洗礼盤に
    サン・マルコの金色のドームがみな映っている

幸福をもたらす蜘蛛よ、そのテントの縄に糸をつむげ

ブラシッタロ⑨の僧院でのジョージ・ティンカム
  「ヴォイ・ケ・パサーテ⑩・ペル・クェスタ・ヴィア」
  (その通りをゆくお方よ――)
  ダヌンチオ⑪はこの辺に住んでますか?
アメリカの婦人、K・Hがきいた
  「知らないね」ヴェネチアの老人が答えた
      「このランプはマリアさまのためでさ」⑫
  「ノン・コンバッテーレ⑬」とジョヴァンナは言った
  あんまり無理しなさんな、という意味だ
……
  [第八十三篇]
……
サン・グレゴリオ、サン・トロヴァーゾ
いくつもの栄光のあと あのジョヴァンニは七十歳で競技し
      とうとうしまいには勝った
一族の眼は同じアドリア海に
      三代も耐え抜いた(サン・ヴィオ⑭)
先月はいつものように救世主の祭り(レデントーレ)があったはずだ

もういちどあのジュデッカ運河をみる日がくるだろうか
  またはそれにきらめく明かりを、フォスカーリ⑮宮や、ジュスティニアン宮や
世間の言う《デズデモーナ⑯の家》を?
糸杉がいまはないあの二つの塔を
    ザテーレ⑰通りの先に停泊しているボートを
それにセンサーリアの北側の埠頭などを? (ダクリュオーン) 涙(ダクリュオーン)  ……」
 ――『ピサ詩篇』(新倉俊一訳、みすず書房、2004年7月15日)より

[ヴェネツィア好きの私には、①~⑰と丸数字で印を付けた所はこうして欲しいという願いです。  ①ブルボン家のドン・カルロスが住んだ家はサン・ヴィーオ広場から Rio de S.Vio の対面ロレダーン・チーニ館と《注》に欲しいところ。  ②トダロの円柱について。伊語 Teodoro の別名に Todaro、Todero、Totero があり、ヴェネツィアではピアッツェッタのサン・テオドーロとかサン・トーダロの円柱等言うそうです。パウンドは原文ではToderoと書いています。  ③パウンドはコンタリーニをコントラリーニと誤記したのでしょうか。コンタリーニ家は1000年代から8人の総督を出した名家です。  ④原文のFondechoはフォンダコ(ヴェ語=fontego)と思われますが、Tedeschi(ドイツ人商館)とTurchi(トルコ人商館)と二つあります。何故訳者はTurchi(トゥルキ)を選び、トルチと誤読したのでしょうか。
 
⑤原文は Tullio Romano なのに、トゥリオ・ロムバルドとした理由は?   ⑥サンタ・マリア・デイ・ミラーコリだと現地語(伊語)。  ⑦原文にない1行あき、ますます意味が不鮮明になるこの一行あきの意味は?  ⑧カルパッチョの骸骨の絵はサン・ジョルジョ・デッリ・スキアヴォーニ同信会館にあります。原文は Dei Greci, S.Giorgio, the place of skulls~ですから、訳は「サン・ジョルジオ・デイ・グレチ、カルパッチオの骸骨の絵のあるサン・ジョルジオ・デッリ・スキアヴォーニ~」と並列になるのではないでしょうか。  ⑨ブラッシータロと読みたい。  ⑩パッサーテとすれば伊語として通じます。
 
⑪ガブリエーレ・ダンヌンツィオは大きなコルネール・デッラ・カ・グランダ館の左隣のカジーナ・デッレ・ローゼ、またの名はカゼッタ・ロッサ館に第一次大戦中の1915~18年(この本の注は1920年です)住んだそうです。  ⑫原文は aged Veneziana ですので老女です(男は誤訳です)。それ故台詞は女言葉に変更しなければなりません。  ⑬コンバッテレとすれば伊語です。  ⑭セイント・ジョージ福音教会があるサン・ヴィーオ広場にパウンドが住んだという記録を探しています。セイント・エリザベス精神病院からの解放後、少し離れたフォルナーチェ運河から入ったクェリーニ通りのオルガ・ラッジの家に住むことを、彼が選んだことは知られています。[追記=最初スクェーロ(ゴンドラ造船所)向かいのサン・トロヴァーゾ運河傍に部屋を借り、その後セイント・ジョージ・アングリカン教会の斜向かいのサン・ヴィーオ運河脇861番地に住んだようです。オルガと住む以前のことです。] 

⑮フォースカリあるいはフォスカリ。  ⑯伊語デズデーモナ、英語デズデモーナ。「世間の言う」とはヴェネツィア人のことでしょう。  ⑰原文Zattereですから、ザッテレ海岸通りです。パウンドが愛して住み、亡くなった、ヴェネツィアの町はヴェネツィア式に発音したいものです。]
エズラ・パウンドの碑《ヴェネツィアに対する決して消えることのなかった愛の中で、詩歌の巨人エズラ・パウンドは半世紀に渡ってこの家に住んだ ヴェネツィア市》。 前ヴェネツィア市長・哲学者マッシモ・カッチャーリさん[来日され一ツ橋の如水会館での講演を聴講したことがあります]がその墓前で語るエズラ・パウンドを、YouTubeでどうぞ。Massimo Cacciariです。

2010.08.07~14日に書いた文学に表れたヴェネツィア――エズラ・パウンド(2)に記した伊語訳の詩の中に、e sulla fronte a destra entrando とある箇所のパウンドの原文は、《右の洗礼盤》の意ですから、e sul fonte a destra~となるに違いありません。fronte は前の意、fonte は洗礼盤(男性名詞)、泉(女性名詞)です。

次のサイトでキャントーズの原文が閲覧出来ます。Cantos
尚、サイトエズラ・パウンドと能の191~193ページで、パウンドと能とヴェネツィアについての大変興味深い話が語られています。ご一読下さい。
  1. 2013/01/05(土) 00:02:38|
  2. ヴェネツィアに関する言葉・文学
  3. | コメント:0

カウンタ

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは十数年前。ヴェネツィアには即一目ぼれ。
その結果、伊語勉強のためにヴェネツィアの語学学校に何年間か数ヶ月通いました。
その後もヴェネツィアを訪れるたび、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら書くのが楽しいのです。

*図版はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア