イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアのカーニヴァル

ヴェネツィアのカーニヴァルに行ってきました。この度は初めて家族全員での旅行でした。かつて夫婦だけで見物したカーニヴァル時代と少し様変わりしてきたのでしょうか? そんな印象を覚えました。1979年、現代のコンパニーア・デ・カルザ・イ・アンティーキ(中世、この名の貴族の若者グループが町を面白く、楽しくしたのだそうです)の人達が町興しのために始めたものが、こんな形で町に根付いたようです。

このグループの人達の催しを探して歩きましたが、ありませんでした。かつて『昔の展示室《バウータ》』というイヴェントを見たことがありました。通学した語学学校の向こうにドナートさんの本屋があり、演劇を見ないかと誘われました。学校の前にはグェリーノ・ロヴァートさんの仮面屋もあり、コンパニーアのグループ長のルーカ・コルフェラーイさん(『図説 ヴェネツィア――「水の都」歴史散歩』(中山悦子訳、河出書房新社、一九九六年一月二五日)の著者)等がイヴェントの協議をするNHKTVを見たことがありました。
[2011.02.12日のカーニヴァル(3)で触れました。] 

ドナートさんは引退されたようですし、ロヴァートさんの仮面屋さんも閉店し田舎に移られ、コンパニーアの人達の第一期の時代は終わったのかも知れません。そんな感じで仮装を見て回りました。フェニーチェ劇場修復に尽力されたロヴァートさんは、海水で消火したフェニーチェの塩抜き作業が大変だったと話されました。絵や彫刻等の修復に携わられました。

昨年のLa Nuova紙で読んだ、サン・ジェレミーア教会のキリスト像が、モロッコ人の回教徒により、腕を圧し折られた事件がありました。腕が接着され、正面に掲げられていました。教会の係の人にも、この像かと確認しました。そんな訳で、回教徒のテロを大変に恐れたカーニヴァルで、鞄などのチェックもあるということでしたが、そこまではありませんでした。
[事件を伝える2016.07.28日のLa Nuova紙]

ストラーダ・ヌオーヴォのかつて大学が使用していた“Teatro Italia”は華麗なスーパーに変貌していました。舞台正面、壁面や天井などの絵画がそのまま残され、華麗なスーパーマーケットです。
[2016.12.30日のLa Nuova(2)紙を参考までに]

カーニヴァル中、フェニーチェ劇場でプッチーニの『La Bohème』の公演がありました。娘達と一緒のこともあり、もしかして劇場に席が残っているかも、訊くだけは訊いてみようと尋ねると、僥倖なことに平土間席があり、楽しいオペラ鑑賞の一夜となりました。
仮面仮面2仮面3仮面・仮装の人達の写真は沢山の人達がブログアップされていることでしょう。
[ニコロ・パガニーニに『Variazioni sulla canzone veneziana "Oh mamma, mamma cara"(Op.10)』、通称『ヴェネツィアの謝肉祭(Il carnevale di Venezia)』という変奏曲があります。You tubeでどうぞ。Carnevale di Venezia。]
  1. 2017/03/02(木) 00:01:50|
  2. ヴェネツィアの行事
  3. | コメント:2

カウンタ

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア