FC2ブログ

イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

令和元年

明日から令和時代です。平成19年に始めた私のブログも、今日が“平成”最後の日となりました。
日本国旗ヴェネツィア共和国国旗[日本国旗とヴェネツィア共和国国旗、サイトから借用]  ひと月ほど前、改正在外公館名称位置給与法が参院本会議で全会一致で可決されたため、例えば“カーボヴェルデ”は《カーボベルデ》と変更されることになったそうです。“ヴ”を使う国名が公式文書から完全に消えるということです。国名という地域名が変われば、必然的に都市等の地域名も変わるでしょう(既に変わったものは沢山あるでしょう、というか、外務省では既に、例えばベネチアなのだそうです)。

“ヴェネツィア共和国”という国名も、現在存在しない国名ですが、これなども《ベネツィア共和国》というより《べネチア共和国》となるのでしょう。更に進んで、通常の言葉も《ヴァ、ヴィ、ヴ、ヴェ、ヴォ→バ、ビ、ブ、ベ、ボ》となるに違いありません。

一般用語として“ブ”は強制されるものではないそうですが、語学をする人は今後は、“LとR”のように、“BとV”の違いにも目を光らせなければならないでしょう。例えばイタリア語の berso(蔓棚)と verso(名詞、前置詞等沢山意味があります)のように、両方“ベルソ”だと混乱しがちです。また或いは、bavaglino(涎掛け)と beverino(鳥籠の水入れ)なども普通書かれる時は、“ババリーノ”と“ベベリーノ”と書かれるでしょう。紛らわしい言葉が色々ありそうです。

最近、かつて高校で習った“フランシスコ・ザビエル”が《シャヴィエル》と教科書等で書かれるようになったと聞きますが、スペインでは"B"と"V"は単なるスペル上の事で、両方とも発音上は"B"音なので、スペインには“ヴ”音はないと聞き及んでいました。“シャビエル”ではないのは、綴り字の"V"故でしょうか。或いは《シャヴィエル》の生れたカタルーニャでは、BとVの発音差があるのでしょうか? 私はヴェネツィアの第四の橋、スペインの建築家サンティアゴ・カラトラバ(サンチャゴと書くべきなのでしょう)氏の設計の《憲法橋》は、ヴェネツィアでは“カラトラーヴァ”橋と通称されると書きました。そういう気遣いをする必要がなくなったということです。

私のブログ、この《イタリア、とりわけヴェネツィア》も《イタリア、とりわけベネツィア》、というよりも《イタリア、とりわけベネチア》(ティ、ツィ→チ)としなければならないでしょう。“ヴェネツィア”派は消え去るのみと悟ったところです。
  1. 2019/04/30(火) 04:30:22|
  2. 未分類
  3. | コメント:4

カウンタ

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア