イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

piacere よろしく

Piacere.
ヴェネツィア好きが嵩じて、ブログとかいうものをやってみることにしました。
ヴェネツィアの人々は、Venezia e` l'unica citta` al mondo.(世界で唯一の町)と言いますが、一方で E` la citta` anfibia.(水陸両棲都市)とか E` la citta` come palafitte.(杭上都市)[街を逆様にすると杭の森になるほど木の杭が打ち込んであるのが分かるそうです]とか冗談めかして言います。
日本にいるので誤解やら勘違いやら多々犯すことでしょうが、ヴェネツィアのことを楽しみで書いてみたいと思います。
  1. 2007/10/19(金) 00:58:56|
  2. お知らせ
  3. | コメント:4
<<Il filo d'Arianna(A)(アリアドネーの糸) | ホーム |

コメント

オープンおめでとうございます。

ヴェネツィア行き楽しそうで、興味しんしんです。
イタリアのこと何も知りませんが、後ろから付いて行くと
随分訳知りになった気分で面白いです。
道案内よろしくお願いします。楽しみにしております。
リンクさせてください。
  1. 2007/10/25(木) 04:04:21 |
  2. URL |
  3. ジンチョウゲ #deEdZKuI
  4. [ 編集 ]

こんにちは、お初にお目にかかります。コメント、有り難うございます。
何度か滞在したヴェネツィアのことを中心に、イタリアのことを書いて
いこうと思っています。
楽しい話に出来る自信は全然ありませんが、読んで頂ければ幸いです。
リンクして頂ければ嬉しいです。
  1. 2007/10/25(木) 08:40:20 |
  2. URL |
  3. ペッシェクルード #/plE8HKU
  4. [ 編集 ]

とても面白いブログですね!

すごく色々なことを調べているんですね。少しずつ気になる題材から読ませていただこうと思っています。ドラマチックな史実がとても面白いです。よろしくお願いします。ブログの背景のデザインは、錯視のようですが舟のオールですか?
  1. 2014/05/18(日) 03:01:15 |
  2. URL |
  3. YOSHIMI KANAI #ZK/TaodE
  4. [ 編集 ]

コメント、有り難うございます。
回りの枠は単なるデザインです。舟のオールに錯視されたのならば、
それは大変嬉しい誤解です。
ヴェネツィアの何を書きたいのか、自分では何も決めていませんが、
語学学校に何年間か2~3ヶ月ずつ通いましたので、今では何でも
興味の対象です。学校では放課後、先生方が街歩きで知られざる
ヴェネツィアを案内して下さり、それが大変刺激になりました。
本島は、東西南北相当歩き回りましたが、周辺の島々は未だこれからだ
という感じです。
  1. 2014/05/18(日) 15:54:01 |
  2. URL |
  3. ペッシェクルード #/plE8HKU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア