イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

文学に表れたヴェネツィア――アルトゥール・シュニッツラー

アルトゥール・シュニッツラー(1862.5.15ウィーン~1931.10.21ウィーン)は、オーストリアの作家です。かつて彼の劇作品『輪舞』を、ロジェ・ヴァディム監督の映画化で見たことがありましたが、作品を読んだことはありませんでした。図書館で彼の『カサノヴァの帰還』を見つけ、読んでみました。カザノーヴァの生まれたのはヴェネツィアであり、亡くなったのはボヘミアのドゥックスです。
『カサノヴァの帰還』物語はカザノーヴァが「故郷の都ヴェネツィアに寄せる望郷の思いが切に募るのを覚え」、「帰郷の許しを故郷の元老院に請願して」、マントヴァの町に逗留して、その明るい知らせを待っているところから始まります。

ヴェネツィアに近い北イタリアで、彼のアヴァンチュールは展開するのですが、物語最後に至り、彼はヴェネツィア帰還を果たすのでした。

「……船はちょうど二十五年前と同じように、朝の六時にヴェネツィアに向けて出るところであった。商いの品物を町へ運ぶ女や小売商人、職人らに立ちまじって、カサノヴァがその狭い腰掛けに座を占めるやいなや、船は岸を離れた。まるで彼が来るのを待っていたかのような按配であった。

空は曇っている。霧が潟の上にわだかまっている。あたりには饐えた水やふやけた木の臭い、魚や新鮮な果物の匂いが漂って強く鼻を突く。教会の鐘楼が見る間に高さを増して迫ってくる。今やいくつかのほかの尖塔もくっきりと浮かび上がり、教会の円屋根すらもぼつぼつ見えてきた。

その屋根のいずれかに朝日が反射するごとに、光がきらりと彼の目を射た。その数もしだいに増えていった。一塊りにしか見えなかった家々がやがて個々に離れあい、しかもだんだん大きく見えてくる。大小様々の船が霧の中から姿を現しては、往き交うたびに互いに挨拶が交わされるのであった。

カサノヴァのまわりでもおしゃべりがしだいにさかんになっていった。傍らの小娘が買ってくれないかと言って、彼に葡萄を差し出した。その青い実を口に運ぶと、彼はお国の流儀で皮を甲板越しに、背後の海へぺっと吐き出した。

やっと天気が回復してくれましたなあと言いつつしきりに笑顔を見せているどこかの男と、やがて彼は気さくに言葉を交わし始めていた。

《ええっ、三日間も雨が降ったんですか。それは知りませんでしたな。なに、南から来たばかりなもんでね、ええ、ナポリからローマ経由で来たんですよ……》

船は早くも都のはずれの運河に差しかかっている。薄汚れた家々の陰気な窓が、虚ろな目のようなよそよそしさで彼を迎える。船はその後二度三度と止まり、何人か若い者が降りていった。一人の男は大きな紙ばさみを小脇に抱え、女たちは籠を抱きこんで。」
  ――『カサノヴァの帰還』(金井英一・小林俊明共訳、集英社、1992年3月10日発行)
  1. 2009/06/27(土) 00:02:03|
  2. ヴェネツィアに関する言葉・文学
  3. | コメント:4
<<文学に表れたヴェネツィア――カザノーヴァ(1) | ホーム | Seminario Patriarcale(総大主教のセミナーリオ)>>

コメント

こんにちは! 
ああ、この部分は素敵ですねぇ! 
カザノヴァの抑えた、でも隠し切れない弾む心を感じさせますね。 望郷の念、ですね。

シュニッツラーというと、[黄昏]という作品はありませんでしたか? 私の記憶違いかもしれませんが。
確か映画も、見た気がしますが。 やはりヴィエンナが舞台の。
  1. 2009/06/28(日) 01:00:11 |
  2. URL |
  3. shinkai #-
  4. [ 編集 ]

shinkaiさん、コメント有難うございます。
「シュニッツラー、黄昏、映画」で検索してみました。1934年『たそがれの維納
(ウィーン)』というオーストリア映画が、パウラ・ヴェセリー主演で日本公開に
なったそうです。戦後再上映されたのでしょう、私は見ていません。しかしその
前年公開されたオーストリア映画『未完成交響曲』は、戦後郷里でか、どこかの
名画座でか、見たことは記憶にあります。昔は名画座で戦前の vecchi film がよく
上映されましたよね。
  1. 2009/06/28(日) 04:32:26 |
  2. URL |
  3. ペッシェクルード #/plE8HKU
  4. [ 編集 ]

こんばんは、 再度です。
古い映画の話になると、とたんに懐かしくなって・・!
ああ、やはり、そうですね。 ヴィエンナでした。

「未完成交響曲」と言うと、最後の台詞が「我が恋の終わらざるがごとく、我が曲も終わりぬ」という?
あれは、誰が主役をやりました?
ジャン・ルイ・バローが、音楽家(ピアニスト)を演じた映画の記憶が、一つあるのですが。

  1. 2009/06/29(月) 21:42:40 |
  2. URL |
  3. shinkai #-
  4. [ 編集 ]

映画少女だったのですね。
1933年の映画『未完成交響曲』はヴィリ・フォルスト監督で、ウィーンの舞台俳優
ハンス・ヤーライとブダペストの舞台女優マルタ・エゲルトが演じ、交響曲の譜面の
余白に「わが恋の終わらざる如く、この曲もまた終わらざるべし」と書いたそうです。
すごい記憶力です。感服しました。さすが映画少女です。
ジャン・ルイ・バローは、『天井桟敷の人々』以外やはりピエロを演じたものしか記憶
にありませんが、『幻想交響楽』(1944)が、彼がピアニストに扮した映画ではないで
しょうか。
  1. 2009/06/30(火) 15:50:28 |
  2. URL |
  3. ペッシェクルード #/plE8HKU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア