イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

文学に表れたヴェネツィア――マルセル・プルースト(1)

マルセル・プルースト(1871.07.10パリ~1922.11.18パリ)の『失われた時を求めて』の一部が映画化され、フォルカー・シュレンドルフ監督の『スワンの恋』(1983年)を見た時、心の内側の心の旅路がどのように映画化されるのか、不思議な思いでした。

今では映画の記憶も定かではありませんが、その時は不思議な感懐を覚えたという記憶が残っているだけです。ルキーノ・ヴィスコンティ監督もこのプルースト作品を映画化したいと思っていたそうですが、実現していれば必ず見たのに、と願ったことでした。

コンブレーでの記憶が、紅茶に浸したプティット・マドレーヌの味から突如蘇ってくるように、またサン・マルコ寺院の不揃いのタイルの上で覚えた感覚から蘇るヴェネツィアでの思い出。プルーストはヴェネツィアを次のように書いています。
マルセル・プルースト(21歳)『プルースト像』説明[オルセー美術館の『プルーストの肖像』] 「母がそこに私を連れていって数週間過ごさしてくれたのだった、そして――美はもっとも貴重なもののなかにあるとともに、またもっともつまらないもののなかにもありうるのだから――私がそこで味わった印象は、昔コンブレーであのように何度も身に覚えた印象によく似ていて、ただそれがまったく異なる音階、よりゆたかな音階に移調されたにすぎないのであった。

午前十時に私の部屋係がきて鎧戸をあけると、私の目に燃えあがって見えるのは、サン=チレール教会のスレート屋根のつやが呈する黒大理石ではなくて、サン・マルコ聖堂の尖塔の黄金の天使なのだった。

ほとんど見つめてはいられないほど太陽にまぶしく光っている天使は、大きくひろげたその両腕で、私が半時間後に小広場に出るときのために、もう私によろこびを約束していた、その天使は、かつて善意の人々に告げよと命じられたよろこびよりももっと確実なよろこびを、私に約束しているのであった。

ベッドに横たわっているだけでは、天使しか目にすることはできなかったが、世界は一つの巨大な日時計でしかなく、太陽に照らされた一つの切片だけで時刻を知ることができるので、最初の朝から私は教会広場に面したコンブレーの商店のことを考えた、それらは日曜日には私がミサに着くときにはちょうど店をしめようとしているところであり、一方市場のむぎわらは、すでに暑くなった太陽のもとで強く匂っていた。

ところが、二日目からは、私が目をさましながら見たもの、私をベッドから起きあがらせたものは(なぜなら、それらが、私の記憶と私の欲望とのなかで、コンブレーの回想にとってかわったものだから)、それはヴェネチアの最初の外出から私が受けた印象だった、

そのヴェネチアで、私の日常生活が、コンブレーでとおなじように、現実化したというわけなのだ、そのヴェネチアでは、コンブレーでのように、むろん日曜日の朝になると人々はたのしそうに休日気分の表通におりてきた、しかしその表通は、ここではすべてサファイアの水で敷きつめられていた、

水面は肌にあたたかいそよ風で気持がよく、水の色はいつも褪せないので、私の疲れた目は、その色のうつろいを心配せずに、ゆっくりとやすらって、まなざしをいつまでもそれにそそぎつづけることができた。」
  ――『失われた時を求めて』『第六篇 逃げさる女』(筑摩世界文学大系59A「プルーストⅢA」、井上究一郎訳、1988年4月30日発行)
  1. 2009/07/25(土) 00:04:49|
  2. ヴェネツィアに関する言葉・文学
  3. | コメント:0
<<文学に表れたヴェネツィア――マルセル・プルースト(2) | ホーム | スローフード>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア