イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの修道院: Abbazia di S. Gregorio(聖グレゴリウス修道院)

サルーテ教会右脇のサルーテ運河(rio de la Salute)を挟んで、右隣りの2階建ての低い建物は、サン・グレゴーリオ修道院です。その奥の内陸にはサン・グレゴーリオ教会が隣接しています。『ヴェネツィア興味津々(Curiosita` veneziane)』(1863刊)はこの建物について次のように述べています。
サン・グレゴーリオ修道院「サン・グレゴーリオ教会が何年に創建されたかは明確ではないが、確かな事は、897年以来存在したとするダンドロ[第40代総督エンリーコ?]の証言がある。1105年の火災の後、再建された。

1140年頃、サンティラーリオ(S.Ilario)のベネディクト派の僧達の管轄の元に置かれることになった。彼らの有名な修道院が暴君エッゼリーノ[エッツェリーノとも]によって、1247年破壊されるや、僧達は修道士と共にヴェネツィアの彼らの教会に撤退した。そして彼らの一人フリディアーノが1342年、修道院と同時に、教会も再建したと言われている。

1450年以後、正規の神父に代わって、臨時の聖職者が代理を務めることになったが、その中の一人バルトランメーオ・パルータがサン・グレゴーリオ教会の修復を始めた。この教会はもう修道士ではなく、修道院院長に選ばれた主任司祭、あるいは他の司祭によって祭式が司宰された。

1775年には、遂に修道院の司宰する資格が廃止され、教区教会のものに変わったが、サン・グレオーリオ教会は1808年には民間に委譲された。」

[エッゼリーノ(エッゼリーノ・ダ・ロマーノ(1194~1259))はトレヴィーゾの領主で暴虐な僭主の例として、ダンテの『神曲』の中で、《あのまっ黒な髪毛のある額はアッツォリーノ》として地獄篇第12歌109行に書かれています]。shinkai さんのブログエッツェリーノ・ダ・ロマーノソンチーノ・中世の要塞とユダヤ人の印刷所が大変詳しく記されています。是非ご覧のほどを。

『ヴェネツィアとその入江(Venezia e il suo estuario)』(1926年記の前書きがあります)は以下のように述べています。
「古い修道院であるサン・グレゴーリオ修道院の教会は、少し内陸にあってゴシック様式の後陣がサルーテ運河に面している。修道院の正面のみが大運河に面しており、1300年代ゴシック様式の玄関大扉の上には、聖グレゴリウスの浮彫が置かれ、三葉飾りのアーチの華麗な窓がその両脇を飾っている。

建物内部には、1342年の非常に有名なゴシックの回廊(chiostro)があるが、これはヴェネツィアでも最も絵になる場所の一つである。

18世紀末から19世紀初頭に教会と修道院が廃止されたので、全てが個人所有となった。1911年に入念な修復が施され、現在はモンズィーノ(Monzino)の所有となっている。」

『道、広場、運河(Calli, campielli e canali)』(1989年刊)という地図は次のような説明をしています。
「9世紀にベネディクト会修道士によって創建され、大運河に面した玄関扉の上は聖グレゴリウスの浮彫で飾られた。そして内部には1342年の貴重なゴシック様式の回廊がある古い修道院として大切に保存されている。

旧サン・グレゴーリオ教会は、1445~61年に再建された。その後陣は現在、サルーテ運河に姿を映しているが、その姿は全建物の内でも最も美しい箇所で、我々にフラーリ教会の姿を思い起こさせる。現在は、ヴェーネトの文化財保護の修復センターが入っている。」

本によって、年代等の記述が区々のようです。
  1. 2009/08/29(土) 00:01:01|
  2. ヴェネツィアの建築・建物
  3. | コメント:2
<<ヴェネツィアの建物: サン・グレゴーリオ修道院とPalazzo Genovese(ジェノヴェーゼ館) | ホーム | 文学に表れたヴェネツィア――ヘミングウェイ(2)>>

コメント

こんにちは! このグレゴーリオ修道院の事は何も知りませんでしたが、(美しそうで、見学したいものですが)読み進んでいくうちに、エッツェリーノとの繋がりが出てきて、驚きました。
そして、ブログのご紹介も有難うございます。

トゥレヴィーゾの町で、エッツェリーノの弟一族がすべて虐殺処刑された日が、8月のいつでしたか、トゥレヴィーゾの守護聖人の日で、つい先日それを思い出しておりました。

それはともかく、10月の末に友人たちがヴェネツィアのアパートを借りるのをチャンスに、一緒に4日ほど行って来ようかと思っていますが、あちこちそのつもりで、きちんと見て回りたい、と思っています。
  1. 2009/08/29(土) 21:31:51 |
  2. URL |
  3. shinkai #-
  4. [ 編集 ]

コメント、有難うございました。
勝手にエッツェリーノのブログにリンクさせて頂きました。有難うございました。
shinkai さんのエッツェリーノのブログの中で、彼の肖像画が大変気に入っている
とおっしゃっているのが、新鮮でした。あの絵画は彼の人となりや行動を非常に
よく表現していると、私には思われました。
お仲間とヴェーネトを回遊されるようですが、私の興味の対象ヴェーネトの事を
今後も教えて下さい。
  1. 2009/08/30(日) 13:35:55 |
  2. URL |
  3. ペッシェクルード #/plE8HKU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア