イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

文学に表れたヴェネツィア――カルロ・ゴルドーニ(1)

この7月の初め、フェッルッチョ・ソレーリ(1929.11.06フィレンツェ~  )がまた来日しました。今回で4度目の訪日と思われます。出し物は1997年に亡くなったジョルジョ・ストレーレル演出の、カルロ・ゴルドーニ作『二人の主人を一度にもつと』です。
ミラノ・ピッコロ座ピッコロ座としては1979年、99年そして今回の世田谷パブリックシアターと3度目です。私が初めて彼の舞台を見たのは、1995年鎌倉芸術館大ホールで行われた、《フェリュチョ・ソレーリと「アルルカンと仲間達」》が演じた、ピッコロ座とは別ヴァージョンのゴルドーニ作『2人の主人を一度に持つと』でした(これはゴルドーニがパリに行き、1764年3月4日にテアトル・イタリエンヌで上演した『アルルカン――二人の主人を持つ召使』だったのでしょうか?)。
アルレッキーノ「アルレッキーノ」  コメディア・デラルテ「コメディア・デラルテ」95年そして前回の99年の新宿文化センターでの公演時にはトンボを切ったりして、その若々しく激しい動きで見せたテンポの速い演技は、やはり今回79歳という年齢では影を潜めた感があったものの、よく計算された切れの鋭い円熟した演技は、やはり期待通りで楽しいものでした。

ストレーレルの演出ではゴルドーニの戯曲は解体的に改められ、ベルガモ出身のアルレッキーノの言葉もヴェネツィア訛りに変更するなど、ゴルドーニのテクストとは相当離反しているようです。しかし彼の緻密に計算し尽された演出による演劇ですから、即興性など皆無の筈ですが、即興性やラッツィ(lazzi)を言葉に頼らず肉体で表現したかつての喜劇集団であったコンメーディア・デッラルテとはこんなものであった、ということを納得させてくれました。

カルロ・ゴルドーニの生涯をガルザンティ(Garzanti)のウニヴェルサーレ事典から拾ってみます。

「喜劇作家(1707.02.25ヴェネツィア~1793.02.06パリ)。法学を学ぶ。俳優のジュゼッペ・イメールやジローラモ・メデバックの一座と付き合い、弁護士を放棄してしまう。1748~53年はヴェネツィアのサンタンジェロ劇場、1753~61年はサン・ルーカ劇場のために戯曲を提供した。

1751年だけでも喜劇を16作品書いた。彼の成功はピエートロ・キアーリやカルロ・ゴッズィの反目を引き起こした。1762年コメディ・イタリエンヌの座長としてパリへ赴いた。

彼はコンメーディア・デッラルテの粗筋(canovaccio)に代わるものとして、文章化された喜劇として作品を提出し、現実の人物を登場させることで演劇の改革を試みた。彼の作品のオリジナリティは、現実世界と舞台との複雑な相互関係の中に見られる。彼は豊かで、理路整然とした言語表現を駆使して、啓蒙主義的理想を程よく吸収した作品を書いた。

彼の作品は150ほどあり、一番古いもの(1743~49)に、『二人の主人を一度に持つと』(1745)を舞台的な遊びとして提示している。そして性格劇的な『粋な女』(1743)、『抜け目のない未亡人』『素直な娘』(1749)。心理的に深める追究は続けられ、『パメーラ』『嘘つき男』『コーヒー店』(1750)、『宿屋の女主人』(1752)、そしてヴェネツィア語での作品が続く。

彼の傑作としては『小広場』(1756)、『恋人達』(1758)、『田舎者達』(1760)、『不平たらたらのトーデロ氏』『キオッジャのいざこざ』『避暑地三部作』(1761)、『カーニヴァル最後の一夜』(1762)。

パリに行ってから書かれたものに、『扇』(1764)。更にフランス語で書かれたものに『気立てのいい気難し屋さん』(1771)がある。『回想録』はフランス語で残した。」
[『不平たらたらのトーデロ氏』のトーデロ(トーダロも)は伊語の名前テオドーロのヴェネツィア式の言い方で、サン・マルコ小広場の2本の円柱の上の、竜を退治する聖テオドールスも、ヴェネツィアではサン・トーダロと呼ばれているようです。]
『カルロ・ゴルドーニの肖像』2001.03.24~05.27日の《華麗なる18世紀イタリア ヴェネツィア絵画展》で初来日したアレッサンドロ・ロンギ画『カルロ・ゴルドーニの肖像』。初ヴェネツィア行の時、《ゴルドーニの生家(演劇博物館)》で観ることが出来ましたので、《ヴェネツィア絵画展》での再会は contentissimo でした。
  1. 2009/09/26(土) 00:04:10|
  2. ヴェネツィアの演劇
  3. | コメント:2
<<文学に表れたヴェネツィア――カルロ・ゴルドーニ(2) | ホーム | 文学に表れたヴェネツィア――トーマス・マン(2)>>

コメント

こんばんは!  ゴルドーニの記事を拝見して、早速ゴルドーニ像の所から、文中リンクさせて頂きました。 よろしくお願いいたします。

一応調べたのですが、余りにも内容が膨大なのと、最後ブルボン家からの年金が革命のため途絶え、生活苦のうちに亡くなったと知り、書ききれませんでした。
以前TVニュースで彼のことを取り上げたとき、ヴェネツィアの人間関係につくづく疲れ、というような事を言っておりましたが・・。

所で、今年はエッツェリーノ3世が没後750年で、彼の城の在ったロマーノ・デェッツェリーノで記念祭があると知り、この日曜に(まさにこの日が命日で)行って参ります。
 
  1. 2009/09/25(金) 21:29:03 |
  2. URL |
  3. shinkai #-
  4. [ 編集 ]

コメント、有難うございます。
ゴルドーニが人間関係に疲れて、パリに逃げ出したのはよく分かる気がします。
ピエートロ・キアーリやカルロ・ゴッヅィと反目し、特にゴッヅィとは演劇の
新旧論争をしたそうです(彼の成功にゴッヅィは嫉妬していたのかもしれません)。
『Gazzetta』紙を創刊したゴッヅィの兄のガースパロはゴルドーニの活動を
認めていたようですが。

その上仲間だったジュゼッペ・イメールも彼から離反して行ったような状況の
中で、相当ヴェネツィア社会にわだかまりを感じていて、そこに、パリ行の話は
渡りに船だったに違いありません。

ゴルドーニ最後のシーンを描いた本がありましたので、次回はそれについて。
リンク、有難うございました。
  1. 2009/09/26(土) 01:45:15 |
  2. URL |
  3. ペッシェクルード #/plE8HKU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア