イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

文学に表れたヴェネツィア――カルロ・ゴルドーニ(4)

ゴルドーニの伊語訳された『回想録』(Biblioteca Universale Rizzoli 版)を読んだ時、前にも書きました、カザノーヴァとのある関係が記してあり、興味深いことでした。それは、当時彼が台本を提供していたイメール(G.Imer)一座で、カザノーヴァの母親ザネッタが喜劇の中の若い恋人役を演じる、優雅でとても演技力のある女優だった、という一節です。
『Memorie』『Carlo Goldoni』また『回想録』の他の場所では、ヴィヴァルディについて触れています。彼はサン・サムエーレ劇場の所有者、貴族のグリマーニに頼まれてアポーストロ・ゼーノとピエートロ・パリアーティ共作のオペラ『グリゼルダ』の全体を縮めたり、歌手や作曲家の意向に添うようにアリア等の歌う場所の変更など、板に乗せるために必要な処置を講ずるために、作曲者のヴィヴァルディの所に行ったのでした。

その挿話の中で、彼がアンナ(ゴルドーニはマッダレーナと書いています)・ジローの声の細いことを言うと、ヴィヴァルディは自分の生徒の悪口を言わないでくれと旋毛を曲げ、台本を見せようとはしませんでした。しかし彼がその場でしてみせた一部の改訂の素晴らしさに驚いて、ジロー嬢を呼んで彼に全体の手入れを頼んだのだそうです。

彼はヴィヴァルディをヴァイオリニストとしては優秀だが、作曲家としては凡庸だと手厳しく書いています。このオペラは1735年にサン・サムエーレ劇場で公開されたそうです。

『回想録』は述べています。彼の喜劇が主に上演されたのは、ヴァポレットのサンタンジェロ停留所傍のサンタンジェロ劇場とサン・サムエーレ教会右脇から、カザノーヴァが生まれたマリピエーロ通りを通り越した先にあるサン・サムエーレ劇場だったそうです。

そのサンタンジェロ劇場で1748年のカーニヴァル中に喜劇『抜け目のない未亡人(Vedova scaltra)』がジローラモ・メデバック一座によって初演されました(当時のカーニヴァル的賑いは12月26日~四旬節前まで、キリスト昇天祭~6月19日、9月1日~11月30日と続いたのだそうで、どの頃のことを言うのでしょうか)。

「第三幕 最終場(舞台は三幕ともヴェネツィア)
パンタローネ、ロンバールディ博士と前記の人たち(ムシュー・ル・フロー、ルネビーフ閣下、ボスコ・ネーロ伯爵、ロザーウラ、エレオノーラ、マリオネット)

……
パンタローネ  夜会の方の進み具合はいかがですか?
博士  一体ドン・アルバロ様に対して何をやらかしたのですか。アルバロ様はイタリアの女という女の悪態を口をきわめて罵って出て行かれましたが。
ムシュー  パンタローネ様、博士様、僕の大事な舅のお父様、尊敬すべきお義兄(にい)様。僕がこの美しい令嬢の愛を獲たという喜びを皆様にもわかちもつということが出来るよう、僕がお二人を優しく抱きしめることをお許しください。
パンタローネ  なんだと、これは初耳だぞ?
博士  父親であるこの私に何も言わずにか?
ロザーウラ  お二人の結婚をきちんと取り決める前には、お父様にお話し申しあげるつもりでございました。こうして一晩の夜会のうちに二組の結婚のお話がまとまりました。わたくしはボスコ・ネーロ伯爵様と妹はムシュー・ル・ブロー様と。なにか御反対の御異議はございますか?
博士  私はいつも娘のおまえに万事まかせていた。おまえがうまくやったと思うなら、私は反対しない。
パンタローネ  (ひとりで)≪ここで取り乱してはならん。こうなってしまった以上、進んでこの事態を良しとして引き受けるとしよう。≫ 私はエレオノーラ様と結婚したかったが、御本人が喜んで承諾なさるというのが私の希望でした。私にお気がなかった以上、致し方ない。あきらめても損をしたわけではない。なにしろあの方は私を絶望で死なせたかもしれないのだから。
ムシュー  パンタローネ様に万歳!
閣下  あの方はまるでイギリス人そっくりの理にかなった考え方をなさいますな。
ロザーウラ  こうしてわたくしの目論見はみな目出度く結末に達しました。こうして二人は、一人は後家、一人は生娘と、共にあやうく婚期を逸する身の上でしたが、無事に身を固めることが出来ました。正直に申しますと、わたくし確かに抜け目なく立ちまわりました。しかしずるさはしても、世間の掟とか人様の名誉にそむくことは一切いたしませんでした。ですから皆様、たとい拍手喝采はなさらずとも、大目には見ていただけるかと存じます。そして多分、きっと皆様はこのわたくしを羨ましいとひそかに思っておいでのことかと存じます。 ――喜劇の終り」
  ――『抜目のない未亡人』(平川祐弘訳、岩波文庫、1995年8月18日発行)
『抜目のない未亡人』この芝居は、エルマンノ・ヴォルフ=フェッラーリ(1876.01.12ヴェネツィア~1948.01.21ヴェネツィア)が、1931年ローマで同名のオペラを発表しています。ヴェネツィア生まれの彼は、その他『Le donne curiose』『I quattro rusteghi』『I campiello』等ゴルドーニの戯曲からオペラを作曲しているようです[rusteghi=伊語rustici(田舎者達)]。

ゴルドーニの戯曲は色々な作曲家の関心を呼び、オペラに作曲されています。同じヴェネツィアのブラーノ島生まれで仲の良かったと思われるバルダッサーレ・ガルッピとのコラボレーションは、『L'Arcadia in Brenta』『Il mondo della luna』『Il mondo alla roversa』『Le virtuose ridicole』『La calamita` de' cuori』『Il filosofo di campagna』等あります。

クリストフ・グルックには『Tigrane』、ニッコロ・ピッチンニには『La Cecchina, ossia La buona figliuola』(成功作)、ヴォルフガング・モーツァルトには『La finta semplice』(マルコ・コルテッリーニによる改作)、ジュゼッペ・サルティには『Fra i due litiganti il terzo gode(漁夫の利)』、トンマーゾ・トラエッタには『Buovo d'Antona』『Buona figliuola』、ヨーゼフ・ハイドンには『Lo speziale』『Le pescatrici』『Il mondo della luna』等々と彼の戯曲が使われています。

『ゴルドーニ喜劇集』(齊藤泰弘訳、名古屋大学出版会)が2007年に発行され、次の戯曲が訳出されているそうですが、私は未読です。内容は『骨董狂いの家庭、あるいは嫁と姑』『コーヒー店』『宿屋の女主人』『小さな広場』『恋人たち』『田舎者たち』『新しい家』『別荘狂い』『キオッジャの喧嘩』だそうです。
  1. 2009/10/17(土) 00:01:56|
  2. ヴェネツィアの演劇
  3. | コメント:2
<<ヴェネツィアと日本との関わり(1) | ホーム | 文学に表れたヴェネツィア――カルロ・ゴルドーニ(3)>>

コメント

こんばんは!  ああ、カザノーヴァの母親は、やはり女優だったのですね。 暫く前に買った「カザノーヴァ」のDVDで、その設定になっていたのです。 

ヴィヴァルディのアンナ・ジローについても、ゴルドーニは、美人ではないけど優雅で、人柄がやさしい。美しい目に美しい髪、素晴らしい唇、声は細いけど、動きがある、と書いていたのを読みました。 
そうですか、ヴィヴァルディはそう聞いてつむじを曲げましたか、愉快というか、可愛いというか。
最後のウィーンへの旅行にも、途中までは一緒だったようですね。 私は手切れ金を渡して、別れたのではないかと考えています。(または、彼女の方から言い出したのか)

「抜目のない未亡人」、の最後の彼女の台詞、良いですねぇ! いじらしくも、可愛いです!
  1. 2009/10/18(日) 22:21:44 |
  2. URL |
  3. shinkai #-
  4. [ 編集 ]

コメント、有難うございます。
カザノーヴァは、彼の生まれた家の直ぐ傍にあったサン・サムエーレ劇場の所有者
貴族のグリマーニの息子かもしれないという話を読んだことがあります。真偽の程
は知りませんが。
それにアンナ・ジローは、ジョヴァンニ・ジッリなる密偵が書いた報告書にも「ラ・
ジローと呼ばれる、ヴィヴァルディ司祭の家に住む歌手」と書かれているそうで、
ヴィヴァルディ自身は事あるごとに否定しています(それが彼が落ち目になった原因
でしょうか)が、当時の人はそんなスキャンダルを楽しんだように見受けられます。
しかし彼女は最終的には、1748年にはピアチェンツァの伯爵と結婚して舞台を去って
います。私もこんな噂話が好きなようです。
  1. 2009/10/19(月) 17:47:07 |
  2. URL |
  3. ペッシェクルード #/plE8HKU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア