イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

バルバロ・ヴォルコフ館とカ・ダーリオ(1)

更にヴァポレットで左岸を眺めながら大運河を下っていきます。

サルヴィアーティの家右のフォルナーチェ(窯)運河(Rio de la Fornace)を挟んで、右に目立たない18世紀住宅があり、その右にバルバロ・ヴォルコフ館(P.Barbaro Wolkof)があります。『大運河――館と一家』(1993年)は次のように述べています。

「15世紀半ばのゴシック建築の改築の所産であるが、これもまた左右のバランス的な点でも建築メソッド上でも、《無秩序》を示しており、ファサードは建築上の解釈に明確性を欠いている。

1階の枠を決める六連窓は、勿論美しい1400年代のものである。その上に見える四連窓には、右に二連窓が配置され、使用されている補修材料から、そのビザンティン風のアーチと共に、より古い時代に区分されることを示している。」

更に右に進むと有名なカ・ダーリオ(Ca' Dario)が大運河に顔を覗かせています。前にも引用しました『ヴェネツィアとその入江』(1926年)は次のように述べています。
カ・ダーリオバルバロ館、ダーリオ館「ルネサンス期の著名な建造物――それ自体が有する建築的な価値以上に、装飾的モティーフ、即ち円盤風、車輪風、入り組んだ薔薇風といった素晴らしい飾りで、色取り取りの大理石のアップリケといった、貴重な装飾に満ちた特徴的ファサードは称賛に値する。

その装飾でもってロンバルド一派がルネサンスのエレガントな構成に生気を与えようとし、ヴェネツィアには馴染んだ、生き生きとしたポリクロミー(多色装飾)が続いている。

――1479年コンスタンティノープル(伊語Costantinopoli)でヴェネツィア共和国の秘書官をしていたジョヴァンニ・ダーリオが、確かにピエートロ・ロンバルドであったかどうかは定かではないが、《ロンバルディーアのマエーストロ》の設計に従い、1487年頃に建てたと一般には言われている。

バルバロが遺産として引き継いだ後、19世紀まで色々な国の家族の手に渡った。1838~42年の間、英国のヴェネツィア史研究者ロードン・ブラウン(Rawdon Brown)が住んだ。その後所有者が区々に変わった。」
[英人ロードン・ブラウンの研究により、マリーン・サヌード(伊語Marino Sanuto)の『日記』(1496.01.01~1533.09.30)が発掘され、イタリア社会にその存在が周知されました。]

仏詩人・作家アンリ・ド・レニエが滞在したことは、バルバロ小広場(Cpl. Barbaro)に面した壁面に、その事を示す碑盤が掲げてありますが、それについては2009.05.23日のアンリ・ド・レニエで触れました。一方『大運河――館と一家』(前出)の記述は次のようです。

「1487年に改築が施されるが、それ以前に存在したゴシック構造の、ルネサンス初期の大変に凝った建物である。その構造はファサードに構成的要素を取り入れた。

改築はピエートロ・ロンバルドの工房に委ねられ、共和国元老院秘書官であり、トルコのスルタン・バヤジット(Bayezid)2世の宮廷の駐在員であったジョヴァンニ・ダーリオに請われたものだった。
[バヤジット2世ではなく、その父メフメット2世(Maometto II)の宮廷だったようです]

ダーリオの素晴らしい仲介のお陰で、1479年彼がセレニッシマの名の元に批准したトルコとの平和条約が締結された。感謝の贈物として、パードヴァに土地を与えられ、スルタン側からはご褒美として豪華な金の織物の衣服3着が与えられた。

19世紀にこの館のファサードは解体され、改築された。古い基礎部分の陥没があり、傾いたままであるが、大運河のこの区間の舞台背景の重要な要素の一つとなっている。

2~4階の四連窓は左に開かれており、全体は非常に珍しい大理石で完全に覆われている。それは彩色された盃という伝統的なモティーフを強調している。ここに1838年歴史家ロードン・ブラウンが住んだ。古文書館の史料を筆写しにやってきたのだが、結局一生ここに住んだ。」

『道、広場、運河(地図)』(Edizione Helvetia、2003年刊)の解説は以下のようです。

「ロンバルド工房によるルネサンスの著名な建物(1487年頃)。ダーリオ館の最も美しい特徴は、ファサードが大理石で覆われていることで、ゴシック的バランスを示す窓々の間に覗く、絢爛たる多色装飾(ポリクロミー)は、とりわけヴェネツィア的色彩感である、伝統的な古代装飾がヴェネツィアに常に息衝いていることを示している。」

この館を米国の映画監督ウッディ・アレンが購入するという話を聞いたことがあります。過去の不審死の呪わしい話が伝わっている故か、取り止めたということです。
  1. 2009/11/28(土) 00:01:02|
  2. ヴェネツィアの建築・建物
  3. | コメント:0
<<Ca' Dario(ダーリオ館)(2) | ホーム | オーリオ・セミテーコロ・ベンゾーン館とサルヴィアーティの家>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア