イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

日本の災害ニュース

ヴェネツィア大学には日本語学部がありますから、書店等に日本の文学作品の翻訳等がそれなりに多く並べられているのかな、と思いましたが、別段取り立ててそうしたこともないように感じました。しかしカ・ペーザロの東洋美術館に行った時、帰りに1階の売店を覗いてみると、谷崎潤一郎、芥川龍之介、川端康成等の日本の作家(新しい作家も含めて)の翻訳が結構並んでいました。やはり東洋美術館に日本の工芸品が数多く展観されていることと関係があるのでしょう。

「その時雨は最も激しく降り出してゐたが、貞之助が見ると、此処(ここ)の邸内で一番低いと思はれる、ちよつとした雨にもよく水が溜まる書斎の庭の東南の隅の、梅の木の下が二坪ばかり池のやうになつてゐる外には、自分の家には何の異状も認められなかつたし、それに此処は蘆屋川の西の岸から七八丁は離れてゐるので、別に危険が迫ってゐるとは感じられなかつた。

しかし悦子の行つてゐる小学校は、此処よりずつと川の近くにあるので、もし堤防でも切れたとすればどの辺が切れたであらうか、あの小学校は大丈夫であらうかと云ふことが、第一に彼の頭に来たが、幸子に無用な心配はさせまいと云ふ心づかひから、わざと落ち着いて、少し時間を置いて離れから母屋(おもや)の方へ来た。

(その、離れから母屋へ渡る五歩か六歩の間にもびしょ濡()れになつた)そして、今のサイレンは何ですやらうと幸子が云ふのを、さあ、何か分らないが大したことないやらうと云ひながら、兎も角もその辺まで出て見るつもりで薩摩絣(さつまがすり)の単衣の上に洋服のレインコートを纏(まと)つて玄関の方へ行かうとすると、えらいことでございますと、お春が顔の色を変へて、腰から下を泥まみれにして裏口から駈け込んで来た。

彼女はさつき増水の様子を見てから、何となく小学校の方面が気になつてゐたところへサイレンが鳴つたので、途端に外に飛び出して行つたのであると云ふ。と、水は直ぐ此の家の一つ東の辻まで来てゐて、山手から海の方へ、――北から南へ、滔々(たうたう)たる勢で流れてゐる。

彼女は試みにその水の中を東へ向つて進みかけたが、最初は脛を没する程度であつたのが、二三歩行くと膝まで漬()かつてしまひ、危く足を浚(さら)はれさうになつたと思つたら、人家の屋根の上から、こらツ、と怒鳴(どな)る者があつた。こらツ、此の水の中を何処へ行く、女の癖に無茶なことすなと、えらい剣幕で怒鳴られたので、誰かと思つて見たら、自警団員らしい服装はしてゐるけれども顔見知りの八百常の若主人であつた。

何やねん、あんた八百常さんかいなと云ふと、向うも気が付いて、お春どん、あんた何処へ行かはるねん、此の水の中を気でも違うたんか、これから先は男でも行かれへん、川の近くは家が潰れたり人が死んだりしてえらいこつちやがなと云ふ。

だんゞゝ聞いてみると、蘆屋川や高座川の上流の方で山崩れがあつたらしく阪急線路の北側の橋のところに押し流されて来た家や、土砂や、岩石や、樹木が後からゝゝゝと山のやうに積み重なつてしまつたので、流れが其処で堰()き止められて、川の両岸に氾濫(はんらん))したゝめに、堤防の下の道路は濁流が渦を巻いてゐて、場所に依つては一丈ぐらゐの深さに達し、二階から救ひを求めてゐる家も沢山あると云ふ。……」
 ――谷崎潤一郎『細雪』中巻の四(現代日本文学大系31巻、筑摩書房、昭和四十五年十一月三十日発行)より

12月にヴェネツィアの語学学校に通学している期間中、定期的に開かれるサン・マウリーツィオ広場での骨董市に行った時、次に掲げる、古い『La Domenica del Carriere』という絵入り新聞が目に付いたので購入しました。そこに書かれていたのは次のような事です。
La Domenica del Corriere 1938.07.24.「1938年7月24日付――日本の神戸市の一部では、3ヶ所の貯水池の決壊が起こり、道路に崩れ落ち、巨大な鉄砲水の氾濫となって、町を襲った。何百という家々に、この怒涛のような洪水が襲来し、基礎部分から破壊し去った。(絵:A.Beltrame)」

調べてみますと、阪神大震災以前の有名な災害は1938年7月初めの阪神大水害だったそうです。その時の模様が、イタリアにはこのような内容で伝わったのでしょう。大谷崎は『細雪』の中で当時の模様を、中巻四章から数章に渡って書いていました。
  1. 2009/12/26(土) 00:05:44|
  2. ニュース
  3. | コメント:4
<<文学に表れたヴェネツィア――バイロン(1) | ホーム | 文学に表れたヴェネツィア――サンドとミュッセ(2)>>

コメント

こんにちは!  サンドとミュッセのヴェネツィアへの恋の逃避行は、最後は(それほど長く続かなかったのでしょう?)ミュッセの毒舌で喧嘩別れ、とか言う昔、昔どこかで読んだのが頭に残っていて、今回改めて拝見して、そうだった! と。 二人の年が、29歳に23歳ですか? そりゃぁまぁ、二人とも若い盛りで、・・若すぎますねぇ(と、いささか悔し紛れに・・!)

それに引き換え、なんとこの谷崎潤一郎の、すっと沁みこむ文章の素晴らしさ、優しさ、何とも懐かしかったです。 有難うございます。
それにしても、これもイタリア語訳があるのですか?! この文章をイタリア語で読まれる方、凄いですねぇ! 

お元気で、良いお年をお迎え下さいませ!!
  1. 2009/12/25(金) 16:48:11 |
  2. URL |
  3. shinkai #-
  4. [ 編集 ]

shinkai さま、コメント有難うございます。
初めてパリに行ってきました。妻の友人が来年3月には帰国するというので、
パリ案内を期待してのことでした。本日の帰国です。
仏語で聞けば、仏語の答えが帰ってきますが、いつの間にか伊語で答えています。
長年親しんだ伊語は習い性になっているようです。
来年もよろしくお願い致します。Buon anno felice!
  1. 2009/12/27(日) 11:19:47 |
  2. URL |
  3. ペッシェクルード #/plE8HKU
  4. [ 編集 ]

ペさんのブログに谷崎潤一郎が出てきたのでちょっとびっくり。でも読んだあとなるほどと思いました。私の知るかぎりでは谷崎は欧米にはその生涯に一度も行っていないはづです。日本語自体の美しさが大きな要素となっている谷崎とか川端の文学が、どこまで外国語に変えることが可能なのか、私には悲観的な見方しかできません。現代の、たとえば村上春樹などはわりと容易に外国語に変わって、しかも失われるものはそんなにないのでは、とこれは私の私見です。
  1. 2010/01/02(土) 20:09:05 |
  2. URL |
  3. September30 #-
  4. [ 編集 ]

september さん、コメント有難うございます。
大運河沿いのカ・ペーザロは、下が近代美術館で上が東洋美術館になっている故か
売店には、その置かれている書籍の割合から見て、日本文学の翻訳が目に付いたと
いう記憶があります。川端康成等は作家の須賀敦子さんが沢山伊語訳されたという
話を聞いています。村上春樹の訳も置かれていたのを思い出します。確かに私達の
感じる日本語のニュアンスを他言語に翻訳するのは難しいのでは、と思います。
雪のパリで私はフランソワ・ヴィヨンの詩句のルフランを感じていました。
「Mais ou sont les neiges d'antan.」和訳は「さはれ、こぞの雪、今いづこ」です。
日本語訳するにしてもこんなにニュアンスが変わったように思えますから、逆は
もっと違った色合いを帯びるに違いありません。ヴェルレーヌの「Les sanglots longs
des violons……」の響きは和訳出来ないと思います。
今年もよろしくお願いします。
  1. 2010/01/03(日) 07:35:16 |
  2. URL |
  3. ペッシェクルード #/plE8HKU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア