イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

パリ(2)

ルーヴルで見たイタリア絵画は、イタリアで見たイタリア絵画とはまた異なった雰囲気で、感動の連続でした。特に非道のナポレオンがヴェネツィアから略奪して持ち去った、そして未だに返還されていないヴェロネーゼの大作『カナの婚礼(婚宴とも)』、ルーヴル最大のこの絵画にようやく出会えた時は至福の一時でした(出来ればヴェネツィアのサンタ・マリーア・マッジョーレ教会修道院で鑑賞したかった)。
カナのカナの婚礼それに比すと、同じ部屋のこの絵の対面に展示されていた『モナリザ』は、頑丈なガラス・ケースで保護され、護衛付きで、6~7メートル遠くから見ることを強制され、ガラスが反射して観賞に堪える設置になっておらず、ルーヴルが誇る至宝の誇示といった趣でした。
スティーン雪のチュイルリー公園を横断して見に行ったオランジュリー美術館の小品達は、全て親しみの持てる simpatici のものばかり。モディリアーニ、スーティン、アンリ・ルソー……。気に入ったスーティンのものを1点掲げます。
チュイルリー公園再度チュイルリーの雪を踏み締め縦断し、リヴォリ通りに出ると向かい側に噂に聞いていたガリニャーニ(Galignani)という書店がありました。書店の歴史について何か本があるかと聞くと、オルディナトゥールで検索すればある筈ですよ、という店員さんの返事で、帰国してからパソコンを開きました。以下がこの書店の歴史です。
ガリニャーニ書店「ガリニャーニ書店は、多くの読者に書籍を提供するために、発明されて間もない印刷機を、その初期から使用したことで知られる。1520年代初め、シモーネ・ガリニャーニはラテン語文法書をヴェネツィアで出版した(最古の《ガリニャーニ本》として知られる)。

しかし彼らの大成功は1597年出版のPTOLEMAEUS(プトレマイオス)による『地理書』であった。それは16、17世紀における超ベストセラーであった。ガリニャーニは結果的には各種の出版物の再版を重ねていった。

18世紀の終り、ブレッシャ近郊生まれのジョヴァンニ・アントーニオ・ガリニャーニは、経済的に落ち目となったヴェネツィアを後にして、先ずロンドンに向かったが、直ぐにパリに赴き、1801年ヴィヴィエンヌ通り(2区)に書店と共に、英語本の読書室を開いた。その間にも出版活動は続いた。

更に日刊新聞『ガリニャーニのメッセンジャー』の創刊、大陸での英語話者社会へのリファレンスの創設があった。この新聞に寄稿した当時の何人かの著名な作家、そして彼らの著書はガリニャーニから発刊された(バイロン、ワーズワース、サッカリー、スコット…)。書店は1856年リヴォリ通りに店を移し、現在に至る。

1882年ヴィリアン・ガリニャーニは死に際して、甥のシャルル・ジャンクール=ガリニャーニに会社を譲り、現在その直系が店の経営に携わっている。20世紀初め、新聞と印刷所は廃止、独軍占領下では英語本のストックが許されず、アンドレ・ジャンクール=ガリニャーニは芸術本のコーナーを始めた。 ……」
マルセル・プルースト(21歳)2009.07.25日から3回に渡ってプルーストのヴェネツィア文学に表れたヴェネツィア――プルースト(1~3)を書きました。今回オルセー美術館でプルーストの肖像画を撮ることが出来ましたので、その絵を掲げたいと思います。ジャック=エミール・ブランシュが1892年に描いたプルースト(21歳)です。
  1. 2010/01/30(土) 00:06:50|
  2. | コメント:4
<<イタリアと日本との関わり(1)――フェリーチェ・ベアート | ホーム | パリ(1)>>

コメント

ナポレオンがヴェネツィアでしたような略奪ではないだろうけど、戦後アメリカの兵隊たちが日本から持ち帰った美術品はこちらの美術館や博物館ではいたるところで見られます。そうでなくても、近所のヤードセールやガラージセールでたまに宝物を掘り出すことがあります。先日も道端でやっていた引越しセールで、北斎のほとんど痛んでない東海道五十三次の額入りプリントを2枚手に入れました。1枚が$15!($30の値が付いていたのを値切ると簡単に商談成立)  その家の持ち主のたぶんお祖父さんあたりが日本から持ち帰ったものでしょうが、お祖父さん亡きあと、長年屋根裏部屋で眠っていたのをガラクタだと思って始末したようです。
パリともヴェネツィアとも関係ない話になってすみません。
  1. 2010/01/29(金) 20:26:54 |
  2. URL |
  3. September30 #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは! お邪魔するのが遅れている間に、ヴェネツィアからパリへと進んでおりました!
雪のパリ、寒い思いをされたでしょうが、写真で見るのは大変素敵です!!
若い頃はパリに憧れ、その思いがずっと続いていたのでが、。。やはりこうしてあれこれ名前が出てくると、行って見たいです!
ルーヴルにあるイタリア絵画を見てみたいです。 まぁ、モナリザは、あまり期待できないようですが・・。



  1. 2010/01/29(金) 22:34:53 |
  2. URL |
  3. shinkai #-
  4. [ 編集 ]

september30 さん、コメント有難うございます。
浮世絵と言えば、今回パリに行くに当たって、近くの不動尊の定期の骨董市に出た
比較的程度のよい浮世絵を見付け(名前は有名な人でなし)、値段頃だったので購入
して、土産にしました。ヴェネツィアで友達になった仏人Beatriceが、故郷のボルドー
に、Noelを過ごしに帰郷するのを回り道して会いに来てくれたのです。
ヴェネツィアで会った時、彼女は浮世絵に興味を持っていて分厚いそれについての本も
所持しており、その本の中に以前ブログに書きましたカナレットの絵をモノクロ版画に
したヴィゼンティーニの絵から、歌川豊春が大運河を描いた浮絵も掲載されており、
彼女に案内された骨董屋でその銅版画を買う事態にまで進んでしまったのでした。
(初めて写真をブログに取り込めるようになった時のものです)
  1. 2010/01/30(土) 14:35:53 |
  2. URL |
  3. ペッシェクルード #/plE8HKU
  4. [ 編集 ]

shinkai さん、コメント有難うございます。
ルーヴルで見たイタリア絵画は、イタリア絵画がこの美術館のトップであるという
実感を持ちました。再度朝早くから閉館時間までここで過ごしたいという望みを
今感じています。しかしあのピラミッドの下の空間は好きになれませんでした。
食事したり、お茶をしたりすることに何か手を抜いているような気がして……。
その点、ウッフーツィ美術館のレストランでアルノ川を見下ろしながらお昼を食べ、
caffe`を飲んだ時は大変快適でした。1月で人もいなかったからでしょうか。
雪のパリは寒かった! 更に雪景色のモンマルトルの丘! 10代に憧れたパリを
今頃達成するなんて思いもしなかったことです。
  1. 2010/01/30(土) 15:11:35 |
  2. URL |
  3. ペッシェクルード #/plE8HKU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手知ったヴェネツィアを先ずは訪れて、各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア