イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

文学に表れたヴェネツィア――カミッロ・ボーイト

《ボーイト》という名を読めば、アッリーゴ・ボーイトの名を思い出されることでしょう。1868年彼は自作自演(指揮)したオペラ『メフィストーフェレ(Mefistofere―メフィストフェレス)』で大失敗し、その後その台本の改訂を続け、75、76、81年と上演を続けたそうです。また『シモン・ボッカネグラ』の台本の改訂でヴェルディに認められ、『オテッロ』と『ファルスタッフ』で台本作家として、ヴェルディに協力しました。

彼の父シルヴェーストロはヴェーネト州のベッルーノの生まれで、ヴェネツィアで学んだ画家・装飾家でした。母はポーランドの伯爵令嬢ジュゼッピーナ・ラドリンスカ。彼の兄カミッロ(1842.2.24パードヴァ~1918.6.10ミラーノ)は建築家で、ミラーノのブレーラ美術館の修復で名を知られているそうで、また作家でもありました。1883年に『Senso, nuove storielle vane』を発表しています。

この『Senso(感覚、官能)』を基に、ルキーノ・ヴィスコンティ監督が、ヴェネツィアを舞台にした映画『夏の嵐(Senso)』を1954年に公開したことで、カミッロの作家としての面が脚光を浴びました。

Matilde Dillon Wanke編の『Senso e altri racconti』(Oscar Classici Mondadoriシリーズ、Arnoldo Mondadori Editore、1994)では、小説、映画の女主人公は Livia 伯爵夫人で共通ですが、小説の tenente Remigio はフランツ中尉に変わり、映画は物語が大きく膨らんでいったようです。映画の脚本には、監督自身をはじめ、スーゴ・チェッキ・ダミーコ(Sugo Cecchi d'Amico)、カルロ・アリアネッロ(Carlo Arianello)、ジョルジョ・プロースペリ(Giorgio Prosperi)そして2009.2.21日の《文学に表れたヴェネツィア》で取り上げたジョルジョ・バッサーニ(Giorgio Bassani)も参加しています。
『Senso』この『Senso――伯爵夫人リーヴィアの秘密の雑記帳より』の一部を拙劣ですが訳してみました。トレントの若い伯爵夫人リーヴィアは親オーストリア派の60歳の夫と、当時オーストリアの支配下にあったヴェネツィアにやって来て、その美貌に更なる磨きがかかります。

「ヴェネツィアという街にそれまで訪れたことはなく、とても行って見たいと思っていた。この街は心によりも官能に訴え掛ける街だった。街の記念建造物などについて、その歴史的謂れも美しさも理解していなかった。それより大切に思えたのは、青緑色の水や星が一杯に溢れる空、皓々たる銀色の月、黄金色の黄昏時、とりわけそこに身を横たえて、官能的な想像を羽ばたくままにすることの出来る黒いゴンドラは、記念物等の比ではなかった。

灼熱の白昼も既に沈んでしまった7月の重苦しい熱気の中で、ピアッツェッタ[サン・マルコ小広場]からサンテーレナ島まで、あるいはもっと遠くのリード島のサンタ・[マリーア・]エリザベッタかサン・ニコロ辺りまでゴンドラで行く時、爽やかな一陣の風が私の額を優しく撫でた。塩の香りの強い、この西からのそよ風は私の四肢と心に再び活力を呼び戻してくれて、耳に霊妙な本物の恋というものを焼き付けるように囁き掛ける、かのようだった。

腕を剝き出しにして肘まで水の中に差し入れて、短い袖のレース飾りまで濡らしてしまった。私の爪から水の滴りが、清らかに透けた宝玉のように一滴一滴落ちていくのを見ていた。

ある晩、大きく輝いているダイヤモンドの指輪を指から外した。それは夫からの贈物だった。それを舟からラグーナ遠くへ投げやった。これこそ、私のための《海との結婚》と思われた。

ある日、副王夫人が私にアッカデーミア美術館に一緒に行こうと誘ったことがあった。私はこの美術館について殆ど何も知らなかった。行く道すがら、画家についてのお喋りで何かを教えられた(ラッファエッロ・サンツィオのような素晴らしい画家のことをどうしても私に教えたがった)。しかしその時何も分かっていなかったが、あの楽しく会話するような色遣い、あの躍動するように響き合う赤と黄、緑、紺青、白の色合い、あの官能的な恋の激しさを込めて描かれた音楽的諧調は、芸術というよりヴェネツィアの自然のある一つの相貌と思われた。

そして私が聞いた、手前勝手に住民達が歌っている唄が、ティツィアーノの輝く『被昇天の聖母マリア』やパーオロ・ヴェロネーゼの壮麗な『晩餐』、ボニファーチョの豊満な肉体の輝くような絵の前で、私の思い出の中に蘇ってきたのだ。

夫はしきりに煙草をふかし、しょっちゅう鼾をかき、ピエモンテの悪口を言い、化粧品を買っていた。一方私には恋が必要だった。 ……」
  1. 2010/03/27(土) 00:02:12|
  2. ヴェネツィアに関する言葉・文学
  3. | コメント:4
<<ヴェネツィアの、ヴィヴァルディとアンナ・ジロの家 | ホーム | ヴェネツィアの劇場: サンティ・ジョヴァンニ・エ・パーオロ劇場>>

コメント

こんばんは! 素晴らしい訳、有難うございます!!
こうして拝見すると、映画では見えない彼女の期待、
既に何かを待っている状態が良く分かります。 そうなのですね。
ヴィスコンティは、かなり彼女を突き放して描いているなぁと、暫く前に感じたのですが、
余り好きなタイプではなかったのかも、ですね。 描くのに必要な役柄、というだけなのかも。

所で、下の記事のグリマーニ邸ですか、あれはヴェネトのニュースで見た気もするのですが、
場所を拝見して、ああ、あそこかと分かりました。これは嬉しいです。
秋にあの裏側のすぐ近くに友人たちを宿をして、あのつき辺りの建物を、そして裏の運河からも
見たのでした。 どこに申し込めば良いのかご存知でしたら、お教え願います。
  1. 2010/03/29(月) 23:35:55 |
  2. URL |
  3. shinkai #-
  4. [ 編集 ]

コメント、有り難うございます。
下手な訳に喜んで頂けて、大変嬉しいです。文学作品の翻訳など全然慣れて
いません。

Ruga Giuffa の Ramo Grimani のドン詰まりのグリマーニ館の門に予約用の電話
番号が書いてありますが、次のサイトをご覧になって下さい。
http://www.beniculturali.it/mibac/opencms/MiBAC/sito-MiBAC/Contenuti/MibacUnif/
Eventi/visualizza_asset.html?id=70925&pagename=129
予約の電話番号は: 041 5200345 のようです。
私達は私の姉妹など7人で訪れたのですが、フォルモーザ広場に住むファビアーナ
さんが、自分も見て大変感動したと言って、予約してくれました。そんな事がなければ
実現不可能でした。
  1. 2010/03/30(火) 10:05:09 |
  2. URL |
  3. ペッシェクルード #/plE8HKU
  4. [ 編集 ]

こんにちは! 
グリマーニ邸のニュース、有難うございます。
はい、分かりました。 サイトによると、4月の下旬に文化週間か何かで無料で見物出来るようで、
払っても大きな金額ではないのですが、ちょうどあの頃ヴェネツィアに行く用もあるので、
予約をして見てこようという計画が出来ました。
有難うございました!
  1. 2010/03/31(水) 21:00:39 |
  2. URL |
  3. shinkai #-
  4. [ 編集 ]

shinkai さん、喜んで頂けてよかったです。
ヴェネツィアでは市民に対して、時々無料で美術館や博物館への入場を許す
ようですね。羨ましいと思ったことでした。日本では考えられない事ですから。
ヴェネツィアで語学校に通っている時、場末の広場や教会などで、戸外の
一般公開のコンメーディア・デッラルテを見たり、教会のオルガン演奏や
キオーストロでのトリオ演奏を鑑賞したりと、無料で楽しい会に参加出来た
ことは良い思い出となっております。
  1. 2010/04/01(木) 12:34:03 |
  2. URL |
  3. ペッシェクルード #/plE8HKU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア