イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

アッカデーミア美術館(元サンタ・マリーア・デッラ・カリタ教会・修道院・大同信会館)

サンタ・マリーア・デッラ・カリタ教会について『大運河』(1993年)は次のように述べています。
カリタ教会とカリタ大同信会館「サンタ・マリーア・デッラ・カリタ教会は1441~52年、恐らくバルトロメーオ・ボーンの案に基づき、サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ司教座聖堂参事会員達により建て直された。脇の壁面の煉瓦製の仕上げは大運河に面している。尖頭と中空の込み入った特徴的アーチのある三弁模様の高いファサードは広場に面している。

ファサードに垂直にオジーブ式の美しい大門が、13世紀の大理石の浮彫で飾られ、修道院への入口となっていた。総体に1400年代の chiostro(中庭)の部分を保っていたが、1561年古代ローマ人の家の考古学的再生を意図したアンドレーア・パッラーディオ案に基づいた改装案が採用された。その具体化は柱廊玄関(アトリウム)と食堂と卵形階段に接した中庭のオリエント風側廊に限られた。

柱廊玄関は1630年の火事で壊れてしまった。そして全体は19世紀初頭、ナポレオンの教会排除命令で美術学校の所在地に選ばれ、ジャンアントーニオ・セルヴァの手で修復された時、次々と変更が施された。現在はアッカデーミア美術館(Galleria dell'Accademia)の一部となっている。

1177年修道院の中に、ロランド・バンディネッリ(Rolando Bandinelli)、即ち教皇アレクサンデル3世(AlessandroⅢ――1159~81在位)が避難していた。彼は敵である神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世(Federico Barbarossa――1155~90在位、通称赤鬚王)の怒りを避けようとして、密かにローマを離れ、身分を隠してコックの下働きとしてこの修道院で6ヶ月間生活していたようである。

偶々訪れたフランス人に見つかり、政庁にその身元を漏らされてしまったのである。時の総督セバスティアーノ・ズィアーニ(Sebastiano Ziani)がもし皇帝と教皇を短期間でも和解させることが出来れば、セレニッシマ共和国にとって大変な功績となるに違いなかった。結果として1177年7月23日、強力なドイツの皇帝はヴェネツィアにやって来て、教皇庁の最高牧者の面前のサン・マルコの床に跪いた。

アレクサンデル3世が感謝の印として、ヴェネツィアの海上での至上権のシンボルとしての有名な指輪を総督に授けたのは、正にこの時のことだった。その1177年から≪ヴェネツィアの海との結婚式(Sposalizio di Venezia col Mare)≫という毎年の盛大な儀式が、リード島の公海上への出口で挙行されている。」

[追記=『ヴェネツィア歴史図鑑』(アルヴィーゼ・ゾルジ著、金原由紀子・松下真記・米倉立子訳、東洋書林、2005.04.22発行)によれば、1000年に総督ピエートロ・オルセーオロ2世がダルマツィア遠征に出発した時の儀式《海の祝福》が起源なのだそうですが、この儀式にこの教皇からの指輪の授与は権威を与えたようです。]

現在美術館入口となっている所が、元カリタ大同信会館の入口だった所です。この大同信会館は六つある大同信会館の中で最古(1260年)のものだそうです。因みに6大同信会館とはここ以外に、ザニポーロ(Zanipolo=伊語Ss.Giovanni e Paolo)広場のサン・マルコ、サン・スティン(S.Stin=伊語S.Stefanino)広場近くのサン・ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ、アッバツィーア(Abazia)広場のミゼリコルディア、サン・ロッコ(S.Rocco)広場のサン・ロッコ、サン・サルヴァトーレ(S.Salvador)広場の一番新しいサン・テオドーロの、6大同信会館です(これ以外にも Scuola grande dei Carmini がサンタ・マルゲリータ広場の一角にあります)。

天正の四使節が、ヨハンネス・ベッサリオン(Giovanni Bessarione)枢機卿の残された聖遺物の拝観に訪れたカリタ大同信会館はここで、その時の記念の碑盤は今はこの大同信会館にはなく、近くのサルーテ教会左隣のセミナーリオに保管されています。それはここが美術館になった時、セミナーリオのモスキーニ司祭が碑や遺物等セミナーリオの記念物を集めていた時で、そちらに引き取られて行ったようです。2009.06.20日の総大司教のセミナーリオと2009.10.31日のヴェネツィアと日本との関係を参考までに。

アッカデーミア美術館について『大運河』(1993)の記述は次のようです。
「ゴシック時代の古いカリタ大同信会館は、広場に面したファサードは屋階(attico)を支えるコンポジットの大きな柱で三つの部分に分けられており、ジョルジョ・マッサーリとベルナルド・マッカルッツィの1700年代の作品である。
『アッカデーミア美術館』カタログ[左、アッカデーミア美術館図録] 1820年からアッカデーミア美術館の入口の役を果たしており、個人から遺贈された物や廃止になった教会や修道院から集められた夥しい数の傑作が収められた、ヴェネツィアの最も重要なコレクションである。」
  1. 2010/04/24(土) 00:02:36|
  2. ヴェネツィアの街
  3. | コメント:2
<<ロレンツォ・ダ・ポンテ(Lorenzo Da Ponte)(1) | ホーム | アッカデーミア橋>>

コメント

こんばんは! アレッサンドロ3世の事はまるで知らず、wikipediaで読んできましたが、
なんとまぁ、長い逃亡生活をされたのですねぇ。 ああいう皇帝と教皇の争いは、読むと
成程と思う物の、言葉として分かるだけで実際の所は未だにピンと来ませんが。
それにしても、厨房の下働きとは! 
それに、ヴェネツィアの「海との結婚」の謂れの起こりについても、忘れていました。
色々有難うございます。
  1. 2010/04/28(水) 21:14:10 |
  2. URL |
  3. shinkai #-
  4. [ 編集 ]

shinkai さん、コメント有り難うございます。
ヴェネツィアについて読み、記憶に残るものが断片的で、脈絡なく、いつも
そう言えばそんな事がどこかに書いてあったな、と思うだけです。今回この本を
読んでいて、ばらばらの断片がようやく繋がり、新しい事項も頭の片隅に入って
きました。出来るだけ自分の判断(思いこみや思い違い)を書かないように、出典
だけを載せるようにしたいと思っています。
  1. 2010/04/29(木) 09:35:33 |
  2. URL |
  3. ペッシェクルード #/plE8HKU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは十数年前。ヴェネツィアには即一目ぼれ。
その結果、伊語勉強のためにヴェネツィアの語学学校に何年間か数ヶ月通いました。
その後もヴェネツィアを訪れるたび、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら書くのが楽しいのです。

*図版はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア