イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの建物: マイネッラ館、ロレダーン・デッランバッシャトーレ館、モーロ館

コンタリーニ・デッリ・スクリーニ・エ・コルフ館の右の、サン・トロヴァーゾ運河(rio de S.Trovaso―ジュデッカ運河に速くアクセスしたい時はこの運河が利用されるそうです)を越すとマイネッラ館(casa Mainella)です。『大運河』(1993)の記述は以下のようです。
ロレダーン・デッランバッシャトーレ館他[マイネッラ館とロレダーン・デッランバッシャトーレ館、モーロ館] 「前面に小庭園、脇に小テラスのある低い建物で、ロドヴィーコ・カドリーンによって1858年に建てられた。彼はロンバルド派の初期ルネサンス様式にインスピレーションを得て、テラコッタ装飾で縁取られたアーチの窓を実現している。」

更に右にはロレダーン・デッランバッシャトーレ館(P.Loredan dell'Ambasciatore)が控えています。『ヴェネツィアと入江』(1926)の叙述は次のようです。

「現在はジュゼッペ・ガッジャの所有。15世紀ゴシック様式の建物。建築的全体として均整の取れていること、また典型的なオジーブ式の窓、あるいはまた2ヶ所の壁龕の中で、15世紀末ルネサンスのロンバルド風の盾を支える気品ある2人のプット(子供)の彫像で知られている――1891年の火事の後、館は大幅な修復が施された――この共和国に1700年代ウィーンの皇帝大使が駐在していたので≪dell'Ambasciatore(大使の)≫と呼称された。」

『大運河』(1993)では表現は次のようになっています。

「1470年頃の後期ゴシック様式の建物で、極めて厳格な建築的規範とその美しいバランスに特徴がある。ピアーノ・ノービレの四連窓のアーチは複雑に入り組み、四弁模様となっている。脇のモノーフォラ(一面式窓)の間の二つの壁龕には初期ルネサンスを予告する盾を支える小姓像が納まっている。館がこう呼称されるのは、1700年代神聖ローマ皇帝大使がここを邸宅としたからであった。火事のため損傷を受け、1891年修復された。」

チェルキエーリ(Cerchieri)通りを隔ててその右隣りは、モーロ館です。『大運河』(1993)から訳出してみます。

「16世紀初頭の簡素で飾らない建物、1800年代に手が加えられた。石造りの滑らかな壁面は、上の階では中央に二つの四連窓が集まるような単純な開口部(窓)が壁面の連続を断つ。10世紀まで著名な一家であったモーロ家は、1297年の serrata[大評議会の議員資格を限定して、新たな家系の参入を制限し、法的身分の貴族階級が規定された]で貴族として登録され、未だに繁栄を見ている。

モーロ家はヴェネツィアで有名な行政官や司令官を輩出した。総督クリストーフォロ(1462~71在位)は正にこの建物に生まれた。モーロ家に対する中傷文書は、一家のメンバーの一人に降り掛かった夫婦の悲劇について語っている。その事からシェイクスピアが『オテッロ(オセロ)』のヒントを得て、名前から類推してムーア人を考え出した。

モーロ家の館の一つが《オテッロの家》と呼ばれていることを強調しようと、大運河に顔を見せる盛期ゴシックの華麗な建物は《デズデーモナ(英語式デズデモーナ)の家》[サルーテ教会の正面にある]と呼ばれる。正にオテッロの“オリジン”は若きクリストーフォロであり、デズデーモナは彼の最初の妻だったと思われている。

総督はサン・ジョッベ教会の主祭壇前に埋葬されている。そして懐疑論者が単なる伝説に過ぎないと主張しても、墓石の上に彫られた一家の紋章の上に、一人のムーア人の女を見出せるのは興味深いことである。シェイクスピアは薄い、黒苺の実の模様を刺繍したハンカチをオテッロのデズデーモナに対する愛の印として表現した。

この総督について知られる確かな事は、彼が自分の選挙の時に非常に慈悲深くなり、聖ベルナルディーノ・ダ・シエーナの友人になったことである。そしてトルコとの戦争が再発したので、彼の職務が厳しく困難になってきたということである。更に我々が知っていることは、教皇ピウス2世(Pio Ⅱ)が十字軍を派遣したことである。しかしクリストーフォロはそれに参加したくなく、これに関する決定は延期しようとした。

ヴェットール・カペッロは――将来敗北を目の当たりにし、悲嘆の余りに死ぬことになる――そんな総督を叱責し、マリーン・サヌードが現代に伝えるところによれば、「Serenissimo principe, se la serenita` vostra no vora` andar co le bone, la faremo andar per forza, perche` gavemo piu` caro el onor de sta terra che no xe la persona vostra.(かくも晴朗なる我が君よ、もし殿が懇篤に説き伏せたくないと仰せられるならば、殿の臣下でもあり、この地の名誉を重んずるが故に、我らが必ずや参加させましょう)」と言って、元老院が満場一致を見たのはその時のことであった。

こうして嫌々ながら総督は、軍隊の出発を認めざるを得なかった。1464年最終的に海に乗り出したが、教皇の死でヴェネツィア艦隊が故郷に静々と帰還した時、十字軍は失敗に帰した。」

サンタ・マリーア・デッラ・サルーテ教会前広場から見ると、対岸正面にコンタリーニ・ファザーン館(P.Contarini Fasan――次回紹介)という瀟洒な建物があります。これが《デズデーモナの家》と呼称されているもので、『大運河』(1993)は次のように述べています。
コンタリーニ・ファザーン館「1475年頃に建てられた、大運河では最小の建物の一つだが、その潤沢な装飾のため、人の目に付からざるを得ない。2階は三連窓、3階は肌理の細かい透かし入りのバルコニーが付いており、モノーフォラ(一面式窓)のアーチ状に曲がったオジーブの突端には大きな花形模様が付いている。その枠の大理石の稜線は、柱から頂上まで流れていく。

《デズデーモナの家》としても知られている(上記《モーロ館》参照)。コンタリーニ家のこの分家に与えられたファザーンという渾名は、この家の代表的な人物の一人が雉猟の情熱があったことから来ているらしい。」
  1. 2010/06/26(土) 00:03:59|
  2. ヴェネツィアの建築・建物
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアの建物: コンタリーニ・ファザーン館 | ホーム | ヴェネツィアの建物: コンタリーニ・デッリ・スクリーニ・エ・コルフ館他>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは十数年前。ヴェネツィアには即一目ぼれ。
その結果、伊語勉強のためにヴェネツィアの語学学校に何年間か数ヶ月通いました。
その後もヴェネツィアを訪れるたび、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら書くのが楽しいのです。

*図版はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア