イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

文学に表れたヴェネツィア――ヴェローニカ・フランコ(2)

彼女は詩だけでなく夥しい数の手紙を書き、1580年には書簡集も刊行したのでした。

「≪突然あなたは、娘さんの髪を金髪に染め化粧させるというばかなことを考えつきました。また藪から棒に、髪をくるくる巻きにし、胸を大きく開けて乳房をあらわにし、額を上げ、ほかにも売り込むためによかれとありとあらゆる格好をさせ、飾り立てて人前に出したのです。あなたが別人のようになった彼女を初めて私の所に連れてきた時は、誰なのかさっぱり分かりませんでした。その時友情と慈悲からあのようにご忠告申し上げたのだということを信じてくださいませ。≫
……
自分自身と自分の携わる職業に関するこのきわめて明晰な認識は、ヴェロニカが率直さと道徳心を持ち続けていた確かな証拠である。しかし、ヴェロニカ・フランコにとって生計の支えとなっていた商売の汚れを贖っていたのは、何よりも彼女の繊細な感情と趣味であり、また芸術と文学への純粋な愛であった。

手紙にはしばしば学問への純粋な愛や学者や芸術家への深い称賛の念が語られている。肖像画を描いてくれたティントレットに熱い感謝の気持ちを伝える礼状で、ヴェロニカは、古代の作品ばかり後生大事にして現代の芸術を軽蔑する人たちに対して、断固として異議を唱えている。その文面は特に教養に富んでいるとは言えないにせよ、彼女が本物の芸術的感受性を持っていたことをうかがわせる。」
ティントレット画『ヴェローニカ・フランコの肖像』[ティントレット画『ヴェローニカ・フランコの肖像』、米国マサチューセッツ州ウースター美術館蔵(この『ルネサンスの高級娼婦』(平凡社刊)には残念ながらこのティントレットの肖像画は掲載されていません――編集者が知らなかった?)]
  ――ポール・ラリヴァイユ『ルネサンスの高級娼婦』(森田義之、白崎容子、豊田雅子訳、平凡社、1993年8月25日発行)

こうしたヴェローニカの同業者への篤厚な思いは、自らの信仰の篤さと善行の意思を証明するために、1580年頃彼女は総督宛てに請願書を提出し、
「自分たちの行いを改め、子供たちに同じ運命をたどらせたくないと望んでいる子連れの娼婦たちを収容するために、営利を目的としない慈善施設を設立したいと申し出たのである」(『ルネサンスの高級娼婦』)。年額500ドゥカートというささやかな援助を付帯条件として。

しかし彼女の私欲のない願いが総督に届いたかどうかは明確ではないそうですが、3人の貴族婦人の手で娼婦のための救護院(casa del soccorso)が出来たのは確かなことです。

それはドルソドゥーロ区サンタ・マルゲリータ広場外れにある、サンタ・マリーア・カルミニ教会前広場のカルミニ運河(Rio dei Carmini)に沿ったソッコルソ運河通り(Fdm.del Soccorso)中程のソッコルソ橋前の建物(現在の Ospizio e Oratorio S.M.Assunta、2585番地)だったそうです。『Calli, Campielli e Canali』は次のように書いています。

「救急救護院(Ospizio del Soccorso)は、有名な高級娼婦で詩人のヴェローニカ・フランコの希望があって1593年設立され、自ら罪を贖うつもりのある正道を外れた女達を収容した。この運河通りに面してファサードを持つ Oratorio(祈祷所)の建設は1609年に遡る。内部全体は、1700年代末頃に徹底的に修復された。」

最初サンタ・クローチェ区のサン・ニコロ・デイ・トレンティーニに設立され、その後この地に移ってくるまでの転々とした経緯は2007.11.03日に書きましたVeronica Francoを参考までに。
  1. 2010/09/25(土) 00:03:40|
  2. ヴェネツィアに関する言葉・文学
  3. | コメント:0
<<文学に表れたヴェネツィア――ヴェローニカ・フランコ(3) | ホーム | 文学に表れたヴェネツィア――ヴェローニカ・フランコ(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア