イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

文学に表れたヴェネツィア――ソフィ・カル

ソフィ・カル(Sophie Calle、1953.10.09パリ~  )著『本当の話(Des histoires vraies)』(野崎歓訳)という本を読みました。その中に《ヴェネツィア組曲》という一編があります。《わたし》という女主人公が、パリで一人の男を追跡し、更に移動した先ヴェネツィアへもその男の後を追い掛けていき、再度パリへ戻った男を尾行するのですが、そのヴェネツィア滞在中の尾行記が《ヴェネツィア組曲》です。

《わたし》が逗留する宿がロカンダ・モンティーンです。かつてここに泊まってみたくて、日本から Fax をしたことがあります。もう宿として営業していないけれどレストランをやっているので、ヴェネツィアにお出での節は食事にお出かけ下さい、と返信がありました。

という訳でお昼を食べに行ったことがあります。夏、パーゴラのある中庭での食事は大変快適でした。注文取りに見えた店主が「あなた方は画家 Kouji Kinutani の名前を知っていますか」と尋ねられ、知っていると答えると、店内の隅の一角に飾られている現芸大教授絹谷幸二画伯の絵の前に案内してくれました。
ロカンダ・モンティーン中央の赤っぽい絵が画伯の物[中央の赤っぽい絵が画伯のもの]  画伯のこの絵がここにある理由やヴェネツィア留学中の苦労話は、NHKテレビ番組『わが心の旅 ヴェネツィア』絹谷幸二篇で見たことがあります。最近は日本人がよく行くようになったのか、画伯の絵は部屋の中程の大変見やすい場所に移されていました。

Locanda Montin はドルソドゥーロ区1147番地にあります。行き方は映画『旅情』でヘップバーンが運河に落ちたサン・バルナバ(S.Barnaba)広場から南に見えるカジーン・デイ・ノービリ軒下通り(Stp.del Casin dei Nobili)を潜り抜けてすぐのロンバルド橋(P.Lombardo)を渡り右に折れてマルパーガ運河(Rio del Malpaga)沿いにカ・ロンバルド運河通り(Fdm.Ca' Lombardo)を行きます。次の橋の所で運河沿いに左に折れ、ロミーテ運河(R.de le Romite)沿いにボルゴ運河通り(Fdm.di Borgo)を南下すると、左側にある路地を3本越した辺りに1147番地が現れます。
『本当の話』1980年217日日曜日  八時。トラゲット通り。昨日と同じく、彼を待つ。今日は日曜、いつもより人通りが少ない。寒い。また行ったり来たりし始める。
 
 十時。中断してこの通りとサン・バルナバ広場との角にある《バー・アルティスティ》にコーヒーを飲みに行く。そこに《ロカンダ・モンティーン》の主人が現れたのでびっくり。かつらをかぶっていてもわたしだとわかるだろうか? 顔を伏せ、レシートをボーイに渡し、あわてて店をでる。

いつでも店を出られるように、これからは注文と同時に代金を払っておいたほうがいいだろう。トラゲット通りに戻る。目で探すのはあの男のシルエットばかり、他は目に入らない。

正午。諦める。サン・マルコ広場に行く。一杯飲みに寄ったカフェ・フロリアンでバーマンのジョヴァンニと知り合いになる。彼はわたしに、ヨーロッパはいちばん美しい大陸で、イタリアはいちばん美しい国で、ヴェネツィアはイタリアでいちばん美しい街で、サン・マルコ広場はヴェネツィアでいちばん美しい広場で、《フロリアン》はサン・マルコ広場でいちばん美しいカフェであると力説し、自分はそのフロリアンのバーマンなのだと自慢した。彼に昼食に誘われ、オーケーする。

十四時。《アッラ・マドンナ》というレストランに行く。わたしはジョヴァンニに、休暇でこちらに来ているボーイフレンドを探している、彼をびっくりさせてやりたいのだと作り話をする。
……
二人のすぐそばをついていく。彼らが通った道順は次のとおり。トラゲット通り、サン・バルナバ広場、プーニ橋、リオ・テッラ・カナル――そこで彼は通行人に道を聞く――サンタ・マルゲリータ広場、サン・パンタロン橋、モスコ、サリッザーダ・サン・パンタロン小広場、リオ・デル・ガッファロ、トレンティーニ河岸、カマイ通り、レ・キオヴェーレ通り、サン・ロッコ広場、ラルガ通り――二人は《ルナール写真店》のウインドーを眺める――トラゲット通り、サン・トマ橋、ノンボリ通り、リオ・テッラ・デイ・ノンボリ、サオネーリ通り、サン・ポーロ橋、サリッザーダ・サン・ポーロ、サン・ポーロ広場――彼は教会を指差し、広場の写真を撮る。わたしもそのまねをする――ソット・ポルテゴ・デ・ラ・マドンネッタ、マドンネッタ通り、マドンネッタ広場――彼は大運河か、そこを通っていく船の写真を撮ろうとひざまずく。数秒後にわたしもまねをして、同じ写真を撮ろうとする――ネローニ小広場――二人は壁に貼られたコピー機の広告に興味を示す――メッゾ広場、サン・タポナル広場――彼女は本屋に入るが、すぐに手ぶらで出てくる――ルゲッタ通り――彼は新聞を買い、売り子と言葉を交わす――ルーガ・ヴェッキア・サン・ジョヴァンニ――二人はローマ銀行の前で少し立ち止まり地図を広げて眺める。……
本の挿図より『本当の話』の挿図[本の挿図から]  わたしも運河や家や、彼がじっと見ていたあたりの写真を撮ってから、追跡を再開する。〈彼は一人っきり、わたしは大胆になる。彼に近づきすぎる〉。スカレッタ通り、サンタ・マリーナ橋、クリスト広場、ヴァン・アクセル河岸――彼は仮面をかぶった男に声をかけ、パラッツォ・ヴァン・アクセルの前で男にポーズを取らせ、腕の位置を直してから写真を撮る。男に礼をいって、また歩き出す――エルベ通り、ロッソ橋――わたしたちはこれまで通ってきた寂しい道よりは人影の多い、広々とした広場に出る。びくびくした気持がおさまる――サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ広場。真ん中に騎馬像、奥は市民病院。彼は病院に向かって進み、門を入る。 ……」
  ――ソフィ・カル著『本当の話』(野崎歓訳、平凡社、1999年10月20日発行)より         
  1. 2010/11/27(土) 00:05:01|
  2. ヴェネツィアに関する言葉・文学
  3. | コメント:2
<<ヴェネツィアの建物: ピザーニ・モレッタ館(P.Pisani Moretta) | ホーム | ヴェネツィアの建物: チヴラーン・グリマーニ館(P.Civran Grimani)館からティエーポロ館(P. Tiepolo)まで >>

コメント

ばんじまして

こんばんは。
これは面白い物語です。
現代に近いだけにみじかに感じられるし、写真も入っているし、すごく興味が湧いてきました。アマゾンで英訳版を探します。
ペさんの記事からは彼女をここまで一人の男の追跡に追い込んだのは何なのかが分かりませんが、それがかえって読むときの楽しみですね。
恋なのか、それとも・・・・
  1. 2010/12/01(水) 00:36:27 |
  2. URL |
  3. September30 #MAyMKToE
  4. [ 編集 ]

september さん、コメント有り難うございます。
この本の訳者のあとがきによりますと、この著者は大変ユニークな人なのだそう
です。写真を撮ることに目覚め、その写真にテキストを付けるといった形で作品を
発表し、今までパリやニューヨークで作品展をやって来た人だそうです。
そんな中で、この『本当の話』は文学作品としても完成度の高いものなのだそうです。
こんなにヴェネツィアの地名が登場した小説は初めてです。
  1. 2010/12/02(木) 10:47:30 |
  2. URL |
  3. pescecrudo #/plE8HKU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは十数年前。ヴェネツィアには即一目ぼれ。
その結果、伊語勉強のためにヴェネツィアの語学学校に何年間か数ヶ月通いました。
その後もヴェネツィアを訪れるたび、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら書くのが楽しいのです。

*図版はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア