イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

文学に表れたヴェネツィア――ジェイムズ・カウアン

2010.08.14日に書きました文学に表れたヴェネツィア―パウンド(2)とサン・ミケーレ島の中で少し触れました、ジェイムズ・カウアン(1942メルボルン~  )が1996年に刊行した『修道士マウロの地図(A Mapmaker's Dream)』(小笠原豊樹訳)の主人公は、サン・ミケーレ島の修道院のカマルドリ会修道僧でした。
『修道士マウロの地図』生まれた場所も年月日も不明のようですが、彼の没(1459年10月20日以前)後すぐに造られた記念メダルに彫り込まれた次のラテン語で、彼が15世紀に生存したことは明確と言われています――Frater Maurus S.Michaelis Muranensis de Venetiis ordinis Camaldulensis cosmographus incomparabilis。

この実在の人物の生年を100年以上も遅らせたフィクションのため、1492年のアメリカ大陸の発見等があり、16世紀の世の中の状況はまるで違ったものとしてのフィクションです。著者がヴェネツィアのサン・ラッザロ・デッリ・アルメーニ島のアルメニア教会付属の図書館で、マウロ修道士の日誌を発見するというところから物語は始まります。

少々長期にヴェネツィアの語学学校に通っていた時のこと、たまたま知り合った仏人女性ベアトリスが、このアルメニア教会付属図書館の古本の修復の仕事をしているのだと言い、その上彼女にこの図書館を案内され、彼女の修復した本を見せられた時には、この『修道士マウロの地図』のことが思い起こされ、感銘深く彼女の案内に付き従ったのでした。本の修復には日本の和紙が最適だという彼女の言葉で、ヴァティカン礼拝堂のミケランジェロの絵の修復のため、汚れ等を取り除くのに和紙が活躍したことを思い出していました。

「……これらの人びとはいずれも想像上の事物について熱心に語ったのだった。ここヴェネツィアのサン・ミケーレ・ディ・ムラーノ修道院に住み、カマルドリ会に所属する一介の地図製作者として、私もまた、世界の間道を放浪したこれらの人びとの足跡を図面に残すことを生涯の仕事としている人間である。

どんな航海者の平凡な物語も聞くに値しないということはないし、どんな旅行者の陳腐な日誌も読むに値しないということはない。それらの人びとの出くわした世界を研究するために数学や自然科学の勉強を放棄してしまって以来、もっぱら他人の言説のまにまに生きている私である。
……
ある日、ヴェネツィアの十人委員会に付属する秘密文書保管所の所長、クリストフォロ・ロレダン氏が来訪した。氏の召使の一人がたまたま屋根裏部屋でトルコ語の入っている地図を発見し、その解説部分の刷り物を翻訳するにあたって、私の助力を取り付けに来たのである。
 
ロレダン氏の話によれば、その刷り物の版木は、古い書類の山に埋もれていた小さな木製の箪笥の中から発見された。

《箪笥には抽斗がいくつかあって》と、氏は説明した。《どの抽斗からも小さな版木がたくさん見つかったのですが、それらの版木に彫られていたのはちんぷんかんぷんの文字ばかりです。一体何が書かれているのか調べようと、出入りの印刷屋にその版木を刷らせました。

そしてこれはトルコ語で解説が書かれた世界地図であると判明し、国家の安全保証の見地からしても、この刷り物はぜひとも翻訳しなければいかん、ということになったわけです。あなたは東方の言語にお詳しい方だから、ここはひとつ、どうしてもお力をお借りしようと、政府の依頼を受けて参上いたしました》

氏の口上は、要するに、このトルコ語入りの地図にヴェネツィアの安全を脅かすような情報が含まれているかどうかを調べよということである。仕事を引き受けた私は早速、氏から預かった刷り物の調査を始めた。まもなくわかったのは、『完全版世界全図、解説付き』と題されたこの地図の作者が、名前はハジ・アハメドといい、チュニスに生まれ、モロッコのフェス市のモスクで哲学と自然科学と法律を学んだということだった。

この人物はチュニスに帰省中に捕えられ、奴隷としてヴェネツィアへ運ばれて来たらしい。地図製作の技術をどこで学んだのか、ヴェネツィアでの主人がどんな人だったのかは、今もなお不明のままである。ハジ・アハメドがこの技術を習得したのは、氏名不詳の主人に命じられただけのことかもしれないし、さもなければ故郷に錦を飾る日を夢みてのことだったのかもしれない。
……」
 ――『修道士マウロの地図』(小笠原豊樹訳、草思社、1998年4月1日発行)から
修道士マウロフラ・マウロの世界地図マウロ修道士の像と地図。実際は北は下に描かれているそうです(ここでは分かり易く天地逆に――Wikipedia《Fra Mauro》のサイトから借用)
サン・マルコ図書館(Biblioteca Marciana)に現存し、保管されているという、Fra Mauro(フラ・マウロ)制作の mappamondo/planisfero(平面球形図)を一度見てみたいものです。この地図は彼の書いたオリジナルそのものではないそうで、船乗りで彼の協力者であった Andrea Bianco(アンドレーア・ビアンコ――地図も制作しているとか) が1459年に模写したものだそうです。この地図の中に、アジアの端に isola de Zimpagu という地名が書き込まれているそうです。

マルコ・ポーロの影響を受けたと言われるマウロは、上記のようにアジアの果てにズィンパグ(ジンパグ)島を描き込んでいるそうなのですが、マルコのズィパング(ジパング―Zipangu)を彼が Zimpagu と書き誤っている(あるいは模写したビアンコ(Bianco)が写し間違えた?)としても、日本を描いた地図の嚆矢はこのマウロの地図なのだそうです。
  1. 2010/12/25(土) 00:01:23|
  2. ヴェネツィアに関する言葉・文学
  3. | コメント:2
<<ヴェネツィアの年中行事(1) | ホーム | ヴェネツィアの地図>>

コメント

こんにちは! 興味深い地図のお話で一度実物を見て見たくなりました。
マルチャーナ図書館には行った事がなく、中の様子も想像できませんが、
こういう知の宝庫に通えるだけの知識が欲しいものです。
ヴァティカン内で見た地図には、まるで日本が存在しないのがありました。

お話に出て来ます、地図の解説部分の版木というのにも好奇心が湧きました。
ご存知と思いますが、FeltreにPanfilo Castardi という15世紀の医者にして
出版業者だったという人物がいて、以前少し読みましたら、グーテンベルクの
活版印刷のアイディアの元、つまり彼の方が早かったらしいとか、
彼の妻がマルコ・ポーロの子孫に当たり、結婚の際に、中国から持ち帰った
版木を婚資として持って来た、というのが活版印刷への興味の起こり、
とかいうのがあったのです。
あのままになっていましたが、も少し知りたい気持ちが起こりました。

今年もまた、たくさんの事、本当に有難うございました。
どうぞ良いお年をお迎え下さい。
 
  1. 2010/12/29(水) 09:52:32 |
  2. URL |
  3. shinkai #-
  4. [ 編集 ]

shinkai さん、コメント有り難うございます。
私は地図を見るのが好きで、東京歩きをするときも情報の詰まった地図を持って、
地図を見ながらよく歩きます。ヴァティカンに行った時も、地図の回廊を歩いた時は
感動して、『La Galleria delle Carte Geografiche in Vaticano』という分厚い本を
買ってしまいました。ヴァティカンが出した、ヴェネツィア古地図を写した記念切手を
購入していたのですが、その原図がこの回廊の壁面にあったのです。
Feltre の Panfilo Castardi の話しは、shinkai さんのブログで読んだ記憶があります。
もう一度読み直してみます。非常に興味をそそるお話です。

今年も大変な量のブログ、ご苦労様でした。色々勉強させて頂きました。
来年もよろしくお願いします。
  1. 2010/12/29(水) 13:20:30 |
  2. URL |
  3. ペッシェクルード #/plE8HKU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア