イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィア年中行事(5)――ブチントーロ船

2008年の《センサ祭(Festa della Sensa)》は5月4日に行われました。頂いた行事予定から訳出してみます。

「ヴェネツィアの大祭としての《主の昇天祭(ヴェ語Sensa=伊語Ascensione)》は、メディアにも観光にも煩わされず、ヴェネツィアにとって正に唯一で正統的な祝祭として残されてきた、といえるだろう。

責任ある委員会にとってこの数年、アドリア海の覇権の獲得のための軍事的勝利という栄えある歴史の思い出は、国の歴史に常に内在していた、基本的かつ重要な宗教的要素と分かち難くあり続けた。

センサ祭は、沿岸地域との対話が取り戻されて実り豊かになりつつある。何世紀もの間、その地域の産物、発展・強化を断固として推し進める住民達が、その協力で貢献してきたのである。

総督の指輪の保存のために選ばれた地域の人々の熱狂的な反応は、当局の形式的な理解を遥かに超越して、ヴェネツィアという名前が今日なお、文化面、芸術面、行政面において貴重なものである、と強調している。それは何世紀もの間、明らかであった軍事力のためではなく、一千年以上共和国をヨーロッパの大国として自認していた統治者達の賢明さ、力量、先見の明の然らしむるものであった。

歴史の再構築、場所と人々の間の対話が開始され、最近、総督船《ブチントーロ(Bucintoro)》の再建が具体化に動き出した。それはヴェネツィアの力と栄光の表明であり、センサ祭の中心をなす精神である。

自分や家族、またペッレストリーナ島の多くの人々の人生を海や船、乗船ということに結び付けてきたある功績あるヴェネツィア人は、1797年にナポレオンに最後のブチントーロ船が破壊された、その船の再建を何度となく試みただけでなく、その名前と絵姿を利用しようとしてきた。

試みは今日まで、ヴェネツィア人の支援も当局の援助もなく、ヴェネツィアではよくあるように市外から心ある尽力が見られるようになっている。

出来るだけ早く実りあるものにしたいという熱望があったのだが、報道されるこの大プロジェクトへメディアが高い評価を下すようにと働き掛けても、まだまだ無視され、何年も孤独にこの重要な伝統を活気あるものにしたいという人達の行動は未だに、適切に報いられていない。……」 ――『2008年度行事予定』より
アントーニオ・ストーム画『ブチントーロ船の出航』フランチェスコ・グァルディ画『リードのサン・ニコロを出港するブチントーロ船』カナレットの最初のスケッチ(イギリス、ウィンザー城蔵)カナレット画『センサの日、サン・マルコ広場に帰還するブチントーロ船』
カナレット画『センサの日、サン・マルコ小広場に帰還したブチントーロ船』ヴィゼンティーニ板刻画『ブチントーロ船のサン・マルコ広場への帰還』[上左、センサの日の、アントーニオ・ストーム画『ブチントーロ船の出航』、上中左、フランチェスコ・グァルディ画『リードのサン・ニコロを出港するブチントーロ船』部分、上中右、カナレットの最初のスケッチ(イギリス、ウィンザー城蔵)、上右、カナレットの完成画『センサの日、サン・マルコ小広場に帰還したブチントーロ船』、下左、カナレットの別ヴァージョン、下右、そのカナレットの絵をヴィゼンティーニが板刻した物]


センサの日直後の日曜日は、ヴェネツィアの《海との結婚式(Lo sposalizio del mare)》です。総督はブチントーロ船でリード島のサン・ニコロ(S.Nicolo`)教会から漕ぎ出し、沖のアドリア海の入口で結婚指輪を海に投げながら次のように誓ったのだそうです。「Ti sposiamo, o mare nostro, in segno di vero e perpetuo dominio.」。

最後に建造されたブチントーロ船は、長さ30メートル、幅6メートル、42本の櫂を160人で漕ぐ、黄金で飾られた豪華なものだったそうですが、1797年共和国を占領した略奪者ナポレオンによって破壊され、現在に残っていません。

かつては主の昇天の祝日当日に行われ、誓いの印も金の指輪だったのですが、1978年に復活した後は、日時も直後の日曜日に変更され、誓いの印も月桂樹の首飾りに変わったのだそうです。

《海との結婚式》の起源については、2010.04.24日に書きましたアッカデーミア美術館中の、1177年、カリタ修道院に隠れ潜んでいたロランド・バンディネッリ(教皇アレクサンデル3世)についての逸話をご参照下さい。
  1. 2011/01/29(土) 00:03:12|
  2. ヴェネツィアの行事
  3. | コメント:2
<<ヴェネツィア年中行事(6) | ホーム | ヴェネツィア年中行事(4)>>

コメント

こんばんは! センサのお祭りについて、有難うございます。お待ちしておりました。
そうなのですね、時々ブチントーロの再建について話が出る様なのですが、まだ
残念な事に。 でも、何か良い兆しがありそうなのですね?! 嬉しい事です。
カナレットの絵の素晴らしさに及ばないにしろ、今の玩具みたいなのは情けないです。
なにはともあれ、再建されるように願います。
今年はパスクワも4月24日だったか大変遅いのですが、センサは6月5日だそうです。
ちょうど日本からの友人も来ることであり、なんとか切符を手に入れ、少しでも傍で
見れるようにと考えています。
  1. 2011/01/28(金) 22:20:23 |
  2. URL |
  3. shinkai #-
  4. [ 編集 ]

shinkai さん、コメント有り難うございます。
実は私はまだこのイヴェントを見ていないのです。ヴィヴァルディの『四季』を
聞いても、春、酣のこの時季にヴェネツィアにいたことがないので、彼の曲から
春のヴェネツィアを想像出来ません。私の伊語の先生はヴェネツィアに留学され、
この『四季』を聞くと、この町の一年が想い出される、とおっしゃっていました。
ですからセンサの時季のヴェネツィアを知らなければ、ヴェネツィアを知ったこと
にはなりません。必ず実現したいと思っています。
  1. 2011/01/29(土) 09:13:21 |
  2. URL |
  3. pescecrudo #/plE8HKU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア