イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

Campo S. Stefano(S)(サント・ステーファノ広場)

最初に借りたアパート、旧モチェニーゴ館近くにサント・ステーファノ広場があります。ここではよく旅芸人の人達が芸を披露したり、歌を歌ったりして、観客を丸く集めて喝采を博していました。
サント・ステーファノ広場[ベルナルド・ベッロット画『サント・ステーファノ広場』] この広場を歩いていると、道を訊かれることがよくありました。ここはアッカデーミア方面、サン・マルコ方面、リアルト方面に別れて行くT字路のようなものなので、イタリア人も、一目で東洋人と分かる私にまで、「サン・マルコへはどの道?」などと訊いたりします。

サント・ステーファノ教会前のバール《アンゴロ》左の脇道ボッテーゲ通り(calle de la Boteghe)に入り込んで、「ステーション、ステーション?」と叫んでいた若いアメリカ青年達には、サンタ・ルチーア駅まで2キロ余りの道程を説明するのは難しく、サンティ・アポーストリ教会の前まで案内したこともありました。
con bitterそのバール《アンゴロ》には毎日夕食前の散歩で、スプリッツ・コン・ビッテル(spritz con bitter、カンパリと白ワインを炭酸で割り、オリーヴの実をいれるヴェネツィア独特の飲物。その真っ赤な色はヴェネツィア人のお好み)のために寄りました。毎日同じ時間に同じ顔がそこで出会うと会話が生まれるものだと分かりました。

この広場に、12月は mercatino という、お伽の国にある丸太小屋風のクリスマス用の小さな店が幾つも出現しますし、カーニヴァルの時は、衣装屋さんや仮面屋さんのテントの店が沢山並びます。

広場の南にはサン・ヴィターレ(S.Vidar)教会があります。現在ここは、ヴェネツィア室内合奏団(Interpreti veneziani)の定期演奏会場となっています。私が初めてこの楽団の演奏を聞いたのは、サント・ステーファノ教会ででした。
馬上の聖ヴィタリス[サン・ヴィターレ教会中央祭壇のカルパッチョ画『馬上の聖ヴィタリス』] その時は、普段は公開されていないティントレットの絵などの部屋が、演奏合間に開放されました(現在は有料で公開)。その後、サン・サムエーレ教会等での公演の後、リアルト橋の袂のサン・バルトロメーオ(S.Bartolomio)教会が彼らの常時の演奏会場となりました。現在は上記のサン・ヴィターレ教会に変わりました。

ある時、開演前に並んでいると、その教会の脇で煙草を吸っている人がチェロ奏者のダーヴィデ・アマディーオさんと気付いて、話しかけたことがありました。気さくに応じてくれて、写真に納まってくれました。
山形由美とヴェネツィアの仲間たち今年の12月2日浜離宮朝日ホールで、フルート奏者山形由美さんとヴェネツィア室内合奏団のチェンバロ奏者パーオロ・コニョラートさんとダーヴィデさんがトリオでヴィヴァルディ等を演奏しました。

演奏後、3人のサイン会があり、彼とも少し話しました。この後アメリカ公演があり、ヴェネツィアには来年2月5日に帰る、のだと。来年2008年7月には全団員での何回目かになる演奏会のために、また来日するそうです。
  1. 2007/12/30(日) 00:28:47|
  2. ヴェネツィアの広場
  3. | コメント:0
<<S. Todaro(T)(聖テオドールス) | ホーム | Ca' Rezzonico, Museo del settecento veneziano(R)(ヴェネツィア18世紀博物館)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア