イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

4世紀後、解決したメーディチ家のミステリー

旧聞に属しますが『Il Giornale』紙の『2006年12月24日(日曜日)――Cronache17』 に《4世紀後解決したメーディチ家のミステリー》という記事が載りました。ヴェネツィアの友人Fabiさんが切り抜きを送ってくれていました。以前、彼女はメーディチ家のミステリーを解明するための科学者のグループが組織されたと、メールを呉れました。5年経ちそれを訳してみます。
[『メジチ家の墓をあばく』(ドナテッラ・リッピ、クリスティーナ・ディ・ドメニコ著、市口桂子訳、白水社、2006年6月30日)という本も発刊されています]。
『Il Giornale』紙面 『Il Giornale』の拡大紙面 「メーディチ家の暗部の中で最も悪辣に術策を弄したものの一つについて、再び書かれた。フランチェスコ一世と彼の二番目の妻ビアンカ・カッペッロの、Poggio a Caiano のメーディチの別荘での死は、マラリアによるものではなく、かなりの量の砒素を盛られてのことだった。

420年前から公式の歴史が語っていることは、本当のところは、違っているのではないか――2人ともマラリアに感染して死んだ、それも片方の死が前者の死から11時間後だった――それは沢山の文学を生み、伝説も各種あまたある。

今や科学的確証を得た。毒殺である。『British Medicale Journal』紙上に掲載された記事でそれは明らかにされている。その紙上著者達――法廷毒物学のフランチェスコ・マーリ、エリザベッタ・ベルトルそしてアルド・ポレッティーニ、薬物歴史学のドナテッラ・リッピ――は、大公夫妻の死の経緯を再構成している。その死が、メーディチ家フェルディナンド1世が権力の座に上り詰める道筋を切り開いたのである。

あらゆる角度からこの宮廷の暗部を検証してみると、このいきさつの中には1人の容疑者、2人の犠牲者、そして当然ながらその犯行動機が見えるのである。

最初の妻ジョヴァンナ・ダウストリアからは大公フランチェスコ1世は嫡男の男の子を授からなかった。唯一の小公子ドン・フィリピーノは5歳にもならない内に亡くなった。本当の所、男の子は存在していた。アントーニオという名で、若い時からよく知られていたヴェネツィア貴族のビアンカ・カッペッロとの間に、誕生していたのである。

1578年ジョヴァンナ・ダウストリアが亡くなると、フランチェスコはビアンカとの関係を《正式にする》ことに決めたのである。彼女は直ぐに新大公夫人となり、息子はドン・アントーニオとして公式に《認知され》、唯一正式の後継者(嫡男)となった。

しかしこうした事全てが、フェルディナンドには不快極まりなかった。権力というものが、彼の手から遠ざかっていくことが恐怖であったのである。そこから自分とメーディチの王冠との間に横たわる、あらゆる障害物を《排除しよう》という決意が生まれた。

毒薬を盛ったのだが、多分誰もそれに気付かず、大公夫妻は病に倒れ、11日後亡くなった。《事件の隠蔽》工作は施されたが、色々の疑惑がフェルディナンドに集中した。

フランチェスコ1世の遺体はフィレンツェに運ばれ、懇篤に葬られた。一方、大公夫人の遺体は未だに明確でない場所に埋葬された。しかし彼等の内臓は検死後、ヴィッラ・メーディチ近くのボニスタッロの小さな教会に埋葬された。

そしてドナテッラ・リッピが2005年5月に発掘に行くまで、それはそこにあった。彼女は自然な有機物の外観を持つ、その証拠物件を発見したのである。事はかくの如くであった。

というよりむしろ、粉々になった、その乾き切った濃密な三つの物質は、正に致命傷になるに充分の砒素の染み込んだ人間の生物的証拠物件であることを示していた。

それだけではなかった。三つの証拠資料――人間の肝臓の分子構造と互換性のある分子構造を持っていた――は、男と女という二つの異なった個人の物であることを示していた。男から採取された DNA は、フランチェスコ1世の顎髭の皮膚に付いていた髭の断片から、その特定された物と酷似していた。

それは《ディエチ・プロジェクト》の期間中、フィレンツェのメーディチの礼拝堂での古病理学調査で、2年前採取されていた物だった。

それ故科学者達は、ボニスタッロで見付かった証拠資料は、事実フランチェスコ1世の臓器の一部がここにもたらされたのであると仮説したのでる。フランチェスコとビアンカの内臓はボニスタッロに一緒に埋葬されたのであり、女のサンプルは同様に砒素が高い数値を示していることから、論理的推測は、大公夫人の遺物であったということである。即ち彼女もまた夫と共に毒殺されたということである。」

フィレンツェ大学薬物歴史学教授ドナテッラ・リッピへのインタヴュー
「●どういう手法を使用しましたか
《文学的源泉は数多く、何年もよく知られていることでした。それを全て証明しました。特別な事を推理しました、それは証拠能力が高いと思われたのです。即ち死とその検死の後、2人の臓器がボニスタッロのサンタ・マリーア教会のクリプタに埋葬されていたということでした。その事は1500年代末史料で確定出来ました。私には探偵の才があったようです。》
●結果は?
《山のような屑資料を引っ張り出し、何度も何度もふるいに掛けました。二つの小さな金属の十字架が残りました。それは、その出所は正しい、という確信でした。しかし私にとって興味深かったのは臓器が残っていたということでした。》
●見付けたのですか?
《勿論です。三つの小さな断片です。一番大きなのはハシバミの実の大きさでした。ジャン・ガストーネのクリプタで見付かったそれは、私には全部同じように見えました(2004年の再発掘期間中のこと、ndr(編集者注))。その時私は直感しました。成功した調査活動が私に合理性を与えてくれたのです。》」
  ――『Il Giornale』(2006.12.24)から。
ビアンカ・カッペッロの館ビアンカ・カッペッロの館ビアンカ・カッペッロの館 フェルディナンド像左3点は、マッジョ通りの、夫の弟に毒殺されたビアンカ・カッペッロが住んでいた館、右の銅像は、至聖アンヌンツィアータ広場の、兄大公夫婦を毒殺してフィレンツェ大公に成り上がった、フィレンツェを睥睨するフェルディナンドの像。

ビアンカ・カッペッロの館のあるマッジョ通りに行くサンタ・トリーニタ(S.Tri`nita――伊語として成熟する前のラテン語風のスペル)橋を、日本の翻訳ガイドはサンタ・トリニタ(S.Trinita`――三位一体)橋と、またヴァザーリの回廊脇にある聖女フェリーチタ(S.Feli`cita)の教会サンタ・フェリーチタをサンタ・フェリチタ教会(S.Felicita`――幸福)と改変しています。このブログでこうした誤りや誤訳を出来るだけ冒さないようにとは思っているのですが……。

追記: 2010年に更なる発見があったようです。次のサイトを検索して見て下さい。
Malaria was the killerトリーノの医学者の調査で、フランチェスコの遺体からマラリアの致死因子が検出され、結果的に毒殺説が否定されています。
  1. 2011/07/09(土) 00:03:04|
  2. ヴェネツィアの墓
  3. | コメント:2
<<文学に表れたヴェネツィア――アンデルセン | ホーム | ヴェネツィアの建物: バルバリーゴ・デッラ・テッラッツァ館とカッペッロ・レイヤード・カルネッティ館>>

コメント

こんにちは! この毒殺事件については私もヴェッキオ宮について調べた時に知りましたが、フランチェスコ1世に遺伝的な肉体欠陥があって子供が出来なかった事は知りませんでした。 
でもそう知って、彼の肖像画などを思い出すと、如何にも線が細い感じで、科学の実験室を作って引きこもったりした事も何か納得させられますし、逆にその点だけを見ると、開けた知性の持ち主であったとか。
ビアンカはかなり肉体派で、フランチェスコはその魅力にも弱かったのでしょうし、その辺りもフェルディナンドにとっては苦々しく、自分が、と思ったのも頷けます。

最近は科学の進歩で、昔の事件も再度見直し、実の犯人が見つかる事もしばしばですから、研究者にとっては大いな励みでしょうね。
  1. 2011/07/14(木) 13:41:22 |
  2. URL |
  3. shinkai #-
  4. [ 編集 ]

ビアンカ・カッペッロ

shinkai さん、コメント有り難うございます。
知り合ったヴェネツィアの Fabi さんが、メーディチの墓を暴いて49体の遺体を調査する、病理学者や毒物学者などのグループが組織された、彼女は砒素で毒殺されたに決まっている、とメールして来ました。
それから数年して上に掲載した新聞の切り抜きを送ってくれました。私の仲間にはコピーして配りましたが、日本語(?)にしたのは今回が初めてです。Fabi さんの予想が当たっていました。
何百年も経て、よくそうした痕跡が残存していたものだと思いました。それが奇跡です。
  1. 2011/07/15(金) 06:39:59 |
  2. URL |
  3. pescecrudo #/plE8HKU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア