イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの建物: ドナ・デッラ・マドンネッタ館(P. Dona` della Madonnetta)とドナ館(P.Dona`)(1)

ベルナルド館の右はマドンネッタ運河(R.de la Madoneta)の出口で、その隣には Casa Sicher という19世紀の建物があります。更にその右隣に Ca' Dona` de la Madoneta があります。Lorenzetti の『ヴェネツィアと入江』(1926)は次のように述べています。
ドナ・デッラ・マドネータ館とドナ館「ドナ館は現在は Dolcetti とも呼称される。15世紀のドナテッロ派の《聖母マリアと子供(Vergine col Putto)》の浮彫がファサードに施されているため Madonnetta とも呼称されている。

12~13世紀ヴェーネト・ビザンティン様式の、残存する邸宅の興味深い例である(後に手が加えられた)。その痕跡は特にアーチ形や多くの窓の頭部に豊富に施された模様、装飾的盃等に現れている。」

トラゲット・デ・ラ・マドンネッタ通り(Cl. del Tragheto de la Madoneta)を挟んで右隣はドナ館(P.Dona`) 、E.&W.エレオドーリ著『大運河』(1993)は次のように書いています。

「16世紀末の建物で、3階には美しいヴェーネト・ビザンティン様式の五連窓が盃とイコンで飾られた大理石の枠取りで四角形に囲われている。

ドナ家はローマ出身の大変古い家柄で、現在も存続している。9世紀初頭、リアルトの島々の上に新しくヴェネツィアを建設し、セッラータ(Serrata――締め切り)[1297年貴族階級を補充しようと有力な市民等を貴族に迎え、大議会の議席を制度として整備するために貴族階級の範囲を決めた――永井三明著『ヴェネツィアの歴史』より]の時代《黄金の書(Libro d'Oro)》に含められた家系の一つであったが、《新しい家系》として挙げられている。

13世紀には、ドナ・ダッレ・トレッセ(貴族の紋章の上に帯が付いている)とドナ・ダッレ・ローゼという中心となる家系に分かれた。共和国のあらゆる分野に重要な人物を輩出し、3人の総督を生み出している。フランチェスコ(任期1545~53)、レオナルド(1606~12)とその息子ニコロ(1618)である。ニコロは選出されて34日後亡くなった。心痛の余りと言われている。

彼にはピエートロという甥がいた。異母兄弟の息子で一家の仕事に携わっており、大変強欲で吝嗇だった。伯父が総督になった時、彼にこの状況の取り仕切りが任された。しかし総督宮殿で行われたパーティでは、貴婦人達に渡すいつもの贈り物がなかった。更に多くの貴婦人達は、招待客にあらずという口実で出席が断られた。

大晩餐会である筈のそれは、魚中心の貧弱なディナーだった。総督はその役に全く値しない甥を直ぐにも任命したことで、恥じ入る余り死んでしまったのである。彼は伯父が埋葬される前に、伯父の総督用マントまで売り払ってしまった。

ドナ家で最重要な総督はレオナルドである。その上彼がヴェネツィアの最も偉大な総督の一人であったと間違いなく断言出来る。彼は有能な政治家であり、魅力的な大使であった。

彼が遂行した各種の任務の中で、教皇庁宮廷での非常に難しい任務があった。その地でセレニッシマの決定を変更することなしに、ヴェネツィアが悪名高い野盗マルコ・シャッラに提供した政治犯庇護(ヴェネツィアを隠れ家として提供した)ということのために告発と脅しを掛けられ、何とか切り抜けねばならないということがあった。

そのリアクションは火が点いて燃え上がり、その時の枢機卿カミッロ・ボルゲーゼはドナに言った。もし自分が教皇に選出されるようなことがあれば、ヴェネツィアの元老院を破門するだろう。それに対しドナは反論し、その時自分が総督職に就いていれば、その破門を無視するだろう、と。」
 E.&W.エレオドーリ著『大運河』(1993)より。後日談は次回2011.09.10日のドナ館(2)に続きます。
  1. 2011/09/03(土) 00:05:06|
  2. ヴェネツィアの建築・建物
  3. | コメント:0
<<『世界遺産 ヴェネツィア展』――ヴィットーレ・カルパッチョ(2) | ホーム | 固有名詞>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア