イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

Fondamenta Zattere(Z)(ザッテレ運河通り)

NHKイタリア語ラジオ講座のゲストとして出演されたミケーラ・フォースカリさんが、ヴェネツィア人のお好みの場所にザッテレ運河通りがあるとおっしゃっていました。

かつて旅行でヴェネツィアに行った時のある晴れた正午、この通りのレストランの前に置かれた外テーブルで、レデントーレ(Redentore)教会を眺めながら昼食をしていると、鳩にパン屑を与えていた隣のテーブルの中年の仏人夫婦が、TV で見たと言って英語で話し掛けてきました。

オッカイドー(北海道)で earthquake で大きな岩が落下、バスの上に落ち、児童が沢山死んだ、と。帰国して新聞を調べてみると、イタリアに到来して直ぐに、北海道で大きな岩がバスを直撃し、小学生らが死んだという記事がありました(1994.02.10日の北海道古平町豊浜トンネル崩落事故、死者20人)、地震ではなかったようです。

その仏人夫婦とは翌日散歩中、サン・マウリーツィオ(S.Maurizio)広場ですれ違い、今度は Bonjour! と声を掛けて別れました。嬉しいですね、こういう邂逅!

加藤周一氏は1983年、ヴェネツィア大学日本語学部のアドリアーナ・ボースカロ教授から客員教授として招聘され、大学の日本語・日本文学研究所で日本文学について、1年間(実際には8ヶ月)講じられたそうです。

『加藤周一著作集』(平凡社)のある巻の月報に、アドリアーナさんが書いています。その講義期間中のある日、加藤さんとザッテレ運河通りのレデントーレ教会を前にしたレストランで話された時、加藤さんからその著書『日本文学史序説』を伊語に訳して欲しいとの要望があったそうです。そして成ったのが、大部の『Storia della letteratura giapponese(全3巻)』。

加藤さんのヴェネツィアでの1年間の記録は、奥様の矢島翠さんの目から書かれた『ヴェネツィア暮し』(朝日新聞社、1987)として出版され、その後その書が平凡社ライブラリー(1994)として再版されました。その《ライブラリー版あとがき》から興味深い事を知りました。

サン・マルコ広場のコッレール美術館に展示されているカルパッチョの、かつて『二人の娼婦』と題されていた絵が、『二人のヴェネツィア女』と画題が変わったというのです。カリフォルニア州ロサンジェルスのポール・ゲッティ美術館にある、ヴェネツィアから来たと言われていた『ラグーナ(湾)での狩猟』と題された絵が、『二人の娼婦』(その前の題は知りませんが、ジョン・ラスキンが娼婦だと言い始めたと聞きました)の上部半分であり、切り離されたものであることが判明したのです。
『二人の娼婦』カルパッチョの『二人の貴婦人』『潟での狩猟』[右、『潟での狩猟』と『二人の貴婦人』を合成] 須賀敦子さんもこの絵のことを『地図のない道』(新潮社、1999)で書いておられます。上部の絵の百合の花と下部の絵の壷がぴったり一致し、その壷に描かれた紋章が貴族のトレッラ家のものであることが分かり、婦人達は貴族に違いないとなったのです。

1999~2000年にサン・サムエーレ広場(Campo S.Samuele)のグラッシ館で、この2枚のカルパッチョが並べて展観されました。

その時の新聞によりますと、紋章はトレッラ家のものではなくプレーリ家のもので、この一家は12世紀に消滅しているため、何故カルパッチョが消滅した家系の紋章を描いたのか、新しい謎が生まれたと記し、描かれた2貴婦人の目線の先に、切り取られたに違いない、更に左半分の絵を予測していました(Casseleria 通りのフィリッピ書店の店頭にその時の新聞のコピーが、長い間貼ってありました)。

2005年の夏には、アッカデーミア美術館で彼の特別展があり、ここの所蔵の聖ウルスラの連作以外に、各地から集められた彼の作品を沢山見ました。ヴェネツィアの人々はカルパッチョをこよなく愛しているに違いありません。

私もサン・ジョルジョ・デッリ・スキアヴォーニ同信会館の聖ゲオルギウス作品を見て大変感動し、以来大ファンとなり、ヴェネツィアにある彼の作品を探して歩いています。キオッジャ(Chioggia)に行った時も、真っ先にサン・ドメーニコ教会の『聖パウロ(S.Paolo stigmatizzato)』に駆けつけました。
カルパッチョの『S.Paolo stigmatizzato』[カルパッチョ画『聖パウロ』(S.Paolo stigmatizzato, 1520)] リアルト橋近くのサン・サルヴァトーレ(S.Salvador)教会にある『エメイウスでの晩餐』という絵は、2004年頃カルパッチョ作品であることが同定されたそうです。相変わらず新発見があるようです。[2011年教会に入ってみますと《同定》の張り紙が剥がしてありました。]

Arianna(A) から始めて Zattere (Z)まで来ました。充電のため1ヶ月ほど休みます。
  1. 2008/01/19(土) 15:54:12|
  2. 絵画
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアの大運河 | ホーム | veneziafilo(V)(ヴェネツィア偏愛)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア