イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

文学に表れたヴェネツィア――ダナ・レオン(2) サン・ロレンツォ教会とスプリッツ

ダナ・レオンのブルネッティ警視シリーズは10作ほどあるのだそうですが、『ヴェネツィア刑事はランチに帰宅する』(北條元子訳、講談社文庫、2005年4月15日)が『ヴェネツィア殺人事件』の次に発刊されています。ヴェネツィアの雰囲気が味わえる上に、ブルネッティ警視とパオラ夫妻の家庭の2人の会話や描写を読む度にヴェネツィア来訪の度にお邪魔したファビアーナのお宅の事が思い出されてとてもしっとりした気分になってきます。
『ヴェネツィア警視はランチに帰宅する』「ブルネッティは、そのサンタ・クローチェの住所がサン・ジャコモ・デロリオ教会の近くだと分かっていたので、アカデミアまで歩き、一番のヴァポレットでサン・スターエまで。そこからは勘に任せ、間もなくサン・ボルド広場に入った。広場(カンポ)では、探している住所と番地が近い煙草屋に寄って道を尋ねた。店員がよく分からないというので、ブルネッティはオーストリア人の老婦人を捜しているのだと言った。
……
ブルネッティは窓際に立ち、サン・ロレンツォ教会の上にそびえる二基のクレーンを眺めた。あまり長いことそこにあるので、近頃はなんだか教会の両側から舞い上がる、二人の天使の羽のような気がしている。ブルネッティは、自分がこの署へ赴任してきたときからクレーンはあったように思ったが、修復作業にそんなに長い時間がかかるわけがない。こいつらが動いているのを――いや、今日と違う位置だったことがあっただろうか?……」

[ここで警察署(Questura)5053番地周辺の説明をしてみます。この地図『Calli, Campielli e Canali』の説明によれば、QUESTURA の右向かいのサン・ロレンツォ教会は次のように解説されています。
《サン・ロレンツォ教会はベネディクト派の修道女の尼僧院を直前に置いて、9世紀に創建された。1500年代末修道院と共にシモーネ・ソレッラにより再建された。元修道院は(教会右手)はG.B.ジュスティニアーン病院の補助施設(現老人ホーム)である。教会は1915~18年の戦争中ひび割れが生じ、閉鎖され、きびしい修復の手が入っている。将来ヴェネツィアに古典的着想の宗教施設として蘇生するだろう。》(修復は長期に渡っています)
Questura(警察署)とサン・ロレンツォ広場近辺地図またヘンリー・H・ハート著『ヴェネツィアの冒険家――マルコ・ポーロ伝』(幸田礼雅訳、新評論、1994年11月30日)は、この教会にあったマルコ・ポーロの墓について次のような事を書いています。

フランチェスコ・サンソヴィーノという人が、1581年に出した『ヴェネツィア名所希所』というヴェネツィア・ガイドブックの中で、《……その袋小路(アングリポルト)の下には、マルコ・ポーロ、通称“イル・ミリオーネ”が眠っている。……》と現在形で記し、その後コッレール美術館に残されたトマソ・フガッツォーニの『サン・ロレンツォ修道院の起源と発達の概略』という手記の中で、彼はサン・ロレンツォ教会の改修工事が1582年に始まり、《……列柱廊の中央には、最も有名なヴェネツィアの貴族、マルコ・ポーロの墓があった。……》と過去形で記述していることから、マルコの墓はその改修工事の時点で行方不明になったものと思われます。]

「住所は、バンディエラ・エ・モロ広場、教会右手の建物の中だ。ヴィヴァルディが洗礼を受けたという教会で、前任者の神父のときに、教会にあった絵画や彫刻が個人の手に渡ったというもっぱらの噂だ。……
……
サンティ・アポストーリ[サンティ・アポーストリ]を越え、スタンダを過ぎたところで右折し、再びラグーナの水辺に出る。ミセリコルディアとターバンを巻いた商人がラクダを引いている石のレリーフを過ぎ、もう一度右に曲がって勘だけで歩き続けているうち、ヴァポレットのマドンナ・デッロルト駅に出た。

一隻のヴァポレットがいましも右手に向かって岸を離れたところだったが、パイロットはブルネッティを見るとモーターをアイドリングに切り替え、バックに戻して船着き場(エンバルカデッロ)[imbarcaderoのことか]に戻ってきた。ガタガタというエンジン音が乗船を促す。水兵が金属製の渡り板を戻してくると、ブルネッティはその気もなかったのに飛び乗ってしまった。

ヴァポレットがフォンダメンタ・ヌオーヴェに着き、ブルネッティは心を決めて墓地行きに乗り換えた。墓地に着くと、女性の一団――しかもほとんどが年配で、一人残らず花を抱えている――のなか、黒一点のブルネッティも船を下りた。歩き始めてからずっと、まるで足がその他の身体の部分を導いているように、本能の導くまま、前へ前へと進んでいた。」
 ――『ヴェネツィア刑事はランチに帰宅する』(北條元子訳、講談社文庫、2005年4月15日)より

前回紹介した sprits についてイタリアのPCのサイトを読んでみました。このカクテルは、ハプスブルクのオーストリア=ハンガリー帝国が1800年代イタリアを占領していた地域、ヴェーネト、フリウーリ=ヴェネツィア・ジューリア、トレンティーノ=アルト・アディジェに広まっているのではないでしょうか。スペルには spriss、 spriz,、sprisseto があるようです。

オーストリア人はヴェーネトのワインを強いと思い、水で割って飲んだそうですが、イタリア人はそれをもっと旨くしようとリキュールとのカクテルを思いついたようです。それが時と共に洗練され、現在に至りました。カクテルするリキュールには、Campari、Aperol、Select、Cynar、Gin 等だそうです。

カクテルは各家庭それぞれで代々の秘伝のようですが、バールやバーカロもバリスタの好みでカクテルされるのだそうです。例えばアペロールでカクテルの調合の基本と言いますと、白ワイン40%、炭酸水30%、アペロール30%だそうで、後はそれに自分の好みを付け加えるようです。

最近、ミラーノなどにも広まって行きつつあるそうです。
  1. 2011/11/26(土) 00:01:10|
  2. ヴェネツィアに関する言葉・文学
  3. | コメント:2
<<ヴェネツィアの建物: ドルフィーン・マニーン館(1) | ホーム | 文学に表れたヴェネツィア――ダナ・レオン(1)、とスプリッツ・コン・ビッテル>>

コメント

お久しぶりです

鴎外の「独逸日記」のページをめくっていたら「緒方惟直」に名が目にとまり、再びこのサイトにお邪魔しました。長く続けておられ尊敬します。緒方の住んでいた場所は、Pnte di Puguoの渡ったところ(どちらから?)のようですね。
ヴェネチア-マルコ・ポーロ(東方見聞録)-チンギス・ハーン-モンゴル-北京と続き、モンゴルから北京に旅をしました。余談です。
  1. 2012/03/30(金) 06:33:57 |
  2. URL |
  3. JI #-
  4. [ 編集 ]

緒方惟直

junhudson さん、コメント有難うございます。
拳骨の橋の傍に、語学学校があり、何年か通いましたので、あの辺には詳しくなりました。鷗外の『独逸日記』は読んでみなくてはならないでしょう。
オリヴェッティの旧CM誌『Spazio』にグリエルモ・ベルシェについての記事があり、これも再読の要ありです。
マルコ・ポーロの軌跡を辿るのは、夢のまた夢です。
  1. 2012/03/30(金) 12:24:35 |
  2. URL |
  3. pescecrudo #/plE8HKU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア