イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの建物: ダンドロ小館(Palazzetto Dandolo)とダンドロ館(1)

ベンボ館の右はベンボ通り、更に17世紀の住宅(ヴィヴァルディが住んだことがあるそうです)や16世紀の住宅建築があり、ダンドロ小館、ダンドロ館と続きます。ダンドロ小館について『大運河』(1993)は次のような事を述べています。
ダンドロ小館とダンドロ館「この場所にはかつてダンドロ家の建物が建っていた。その庭はサン・ルーカ広場まで続く広さだった。13世紀のゴシック様式のこの美しい小館だけが残存しており、その狭いファサードは楣(まぐさ)式構造のポルティコが1階を占めており、上の階は小さな柱群と両扶壁柱の上部を飾る三葉飾りのアーチで全面的に覆われている。後に最上階が増築された。

ここで、したたかで強靱な総督エンリーコ・ダンドロ(1108~1205)が生まれた。また1551年ピエートロ・アレティーノがここへ越して来、1558年に卒中を引き起こして死亡するまで住まった。彼は抱腹絶倒の笑い話から淫らな小話に至るまで物にし、当時の大毒舌家と言われた。

ダンドロ家については、今日では総督の家系は絶えたものと思われる。
……
理由が判然としないのだが、セレニッシマに有能な人物を供給し続けたにも拘わらず、この一家は次第に衰退の色を濃くしていった。この全4人の総督とは、エンリーコ(1192~1205)、ジョヴァンニ(1280~89)、フランチェスコ(1329~39)そしてアンドレーア(1343~54)であり、優雅な品格の男達であった(だから、ミラーノのルキーノ・ヴィスコンティ公の妻イザベッラ・フィエースキが1347年ヴェネツィアを訪れた時、当時40歳の総督アンドレーアにゾッコン惚れ込んでしまった)。彼は逞しい体付きで鉄の心を持ち、勇猛果敢な兵士であり、有能で抜け目のない戦略家であった。 ……
右、エンリーコ・ダンドロ[右、エンリーコ・ダンドロ]  エンリーコは1108年に生まれ、若かりし時、コンスタティノープル(Costantinopoli)でバイロ[Bailo=コンスタンティノープルの皇帝宮殿近くに住み、ヴェネツィアとの交渉事に当たる外交官]をしていた。その地で皇帝(Basileus)マヌエル1世(Manuele Comneno、1143~80)がオリエンタル風の事大主義的礼(お追従や媚び諂い)を強要していたが、ダンドロのヴェネツィア人釈放を求める断固とした威厳には甚く感心したのだった。それまで皇帝の輝きには目が眩むべしという態度を強制しており、彼は何事にも目を瞑るこの礼儀作法から逃れようとして、視力を失う原因となったし、頭にも傷を負った。

1192年総督に選出されたが、彼がやった事の中で“マッタパン(Matapan)”銀貨あるいはグロス銀貨の鋳造がある。聖マルコの像を刻んだ最初の銀貨である。総督ジョヴァンニの下では有名なドゥカート金貨あるいはヴェネツィア・ゼッキーノ金貨の鋳造が始まった。凡そ1世紀後の1285年3月のことである。
[このducato という24金の金貨は、下図のように片面に聖マルコが総督に旗を授ける図、逆面に玉座に座るキリスト像が彫られています。共和国崩壊まで凡そ500年間通用します。1285年ではなく、1284年のようです。]
ダンドロ金貨[DANDVRO金貨]  そしてフランス貴族達が第4次十字軍を公表したのは、この時のことである。彼らはヴェネツィアに使者を派遣、聖地に船で輸送してくれるように申し込んだ。

ヴェネツィアはいかなる事があれ、引きうけようと受諾した。最終的な取り決めは総額を4回分割で支払うこと、戦利品は折半することが決められた。セレニッシマ共和国側も、9千頭の馬、荷を携えた約4万人の兵士と艤装品の運搬のための艦隊を準備し、9ヶ月分の兵士らの糧秣等を用意した、その上ある数量の用兵を提供することまで。

船団は総督自身が指揮を執ることになるだろう。その時点には十字軍騎士達は、ヴェネツィアに集まって来ており、リード島に配置されていた。

全ての艦船は進水した。しかし乗船時になっても十字軍騎士達は取り決めた全額の費用を支払うことが出来なかった。 ……」
   ――E.&W.エレオドーリ著『大運河』(1993)より。(2)へ続く。
  1. 2012/02/11(土) 00:01:57|
  2. ヴェネツィアの建築・建物
  3. | コメント:2
<<箱根ガラスの森美術館 | ホーム | 文学に表れたヴェネツィア――ワーズワース>>

コメント

こんにちは! エンリーコ・ダンドロ、始まりました。楽しみです!! 
晩秋にイスタンブルで彼のお墓を見た時は少し感無量になりました。 
本当に、あれだけの男達を出した家柄でも、衰退し消滅して行くのですね。
次回も楽しみにお待ちしています。

下のワ―ズワスの詩も、嬉しいです。 この詩に出会う都度、気持ちが高揚する想いです。
でも訳者に因って、やはりかなり感じが変わって来ますね。
  1. 2012/02/13(月) 12:19:55 |
  2. URL |
  3. shinkai #-
  4. [ 編集 ]

エンリーコ・ダンドロ

shinkai さん、コメント有り難うございます。
塩野さんの『海の都の物語』にしろ、他の作品にしろ、ダンドロのお話は血湧き肉躍るものです。ヴェネツィア人にとっては痛快至極なことであったことでしょう。なにしろ主人公は90歳を越したお爺さんです。
母国のために身命を賭すこうした男達が次々に登場するヴェネツィアのような国は、イタリアの他所にもあったのでしょうか。ヴェネツィアことしか知らない私には分かりません。しかしこういう男達が、ヴェネツィアを冠たる国家に仕立て上げたのはよく分かります。
  1. 2012/02/14(火) 02:49:37 |
  2. URL |
  3. pescecrudo #/plE8HKU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手知ったヴェネツィアを先ずは訪れて、各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア