イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

箱根ガラスの森美術館

ヴェネツィアでは既にカーニヴァル中です。仮面を被って扮装した人達を、町中至る所に見掛けるでしょう。そんな訳でヴェネツィア気分を満喫しに、箱根ガラスの森美術館にムラーノ・ガラスを見に行ってきました。《日本におけるイタリア年2011》の《ヴェネツィア展》の時とまた異なったガラスが展示されているようです。現代作家リーヴィオ・セグーゾやアメリカのデイル・チフーリのガラス作品まであって、“ヴェネツィア”を楽しんで来ました。
ヴェネチア仮面祭カーニヴァルは移動祝祭日です。春分の日後の満月、直ぐあとの最初の日曜日が復活祭となる決まりです。その日から40日前(日曜は数に入れない―6週間前)の火曜日が、カーニヴァルの最終日の martedi` grasso(肉の火曜日)となる約束です。その前の giovedi` grasso(肉の木曜日)から土・日曜を挟んだ最終日までが一番の賑わいを見せます。翌日の Ceneri(灰の水曜日)からは四旬節でヴェネツィアも豹変し、閑静そのものです。

今年は閏年のため1日狂いましたが、今年の復活祭は4月8日、来年は復活祭が3月31日、2014年は4月20日、2015年は4月5日だそうです。

復活祭後の祝祭日も、この日から決まっていきます。辞書によれば、復活祭直後の月曜日が lunedi` dopo Pasqua、40日目の木曜日がキリスト昇天祭(Ascensione)、ヴェネツィアではセンサ(Sensa)と言い、かつては《ヴェネツィアの海との結婚式》はこの日に行われていたそうですが、現在は直後の日曜日に祝われるようになっています。

セレニッシマ時代は、総督がブチントーロ船をリード島のアドリア海入口まで漕ぎ出し、金の結婚指輪をアドリア海に投げながら次のように誓ったそうです。《Ti sposiamo, o mare nostro, in segno di vero e perpetuo dominio.》 現在は市長によって、誓いの金印を月桂樹の輪飾りに変えて挙行され続けているとか。海との結婚式については、《アッカデーミア美術館で触れました。

Pentecoste(聖霊降臨祭)は復活祭から50日目の日曜日、Corpus Domini(聖体祭)は60日目の木曜日。移動祝祭日はこのような決めで進んでいきます。

私の初めてのカーニヴァル体験は、1996年のことでした。ヴェネツィアに到着するや、先ず向かったのは、フェニーチェ劇場でした。1月29日に焼失したことをニュースで知っていました。劇場前に着くと、門柱の前の階段に大きな山のような、弔意の花束が捧げられていました。焼け残った石の門柱の間から見えるのは、曇った空だけでした。内部は完全に焼失しているようでした。
炎上するフェニーチェ劇場(1)フェニーチェ劇場焼失翌朝焼失したフェニーチェ劇場正面[左、炎上するフェニーチェ劇場。中央、フェニーチェ劇場焼失翌朝。右、再建開始のフェニーチェ劇場。]
数日後再度見に行くと、劇場前のサン・ファンティーン広場には近付けないように遠くから縄が張られ、遠望するしかありませんでした。カーニヴァル中のこともあり、直ぐに狭い道が人で一杯になり、身動きつかなくなり、この一画から広い広場に解放されるまで1時間も掛かったのです。その間群衆は、狭い道を熟知しているかのように押し合い圧し合いすることなく、前の人が動き出すまで、気長に待って行動する様子には感心したものです。
デイル・チフーリのガラス作品チフーリ作品についてチフーリ作品  リーヴィオ・セグーゾ『Vegetazione '95』[箱根ガラスの森美術館。左2点はチフーリ作品、右端はリーヴィオ・セグーゾの『ラグーナの植物群(Vegetazione '95)』(ヴェネツィア・ビエンナーレ100周年記念のために1995年に制作された物)]

下、無料貸し出しの仮面を付け扮装しカーニヴァル気分で、館内のヴェネツィアン・グラスを鑑賞して回ります。
無料貸し出しの仮面を付け扮装してヴェネツィアン・グラスの鑑賞風に揺れる盃花瓶酒杯ガラスの飾り人形
  1. 2012/02/16(木) 15:51:47|
  2. ヴェネツィアに関する展覧会
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアの建物: ダンドロ小館とダンドロ館(2) | ホーム | ヴェネツィアの建物: ダンドロ小館(Palazzetto Dandolo)とダンドロ館(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手知ったヴェネツィアを先ずは訪れて、各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア