イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの建物: ダンドロ=ファルセッティ館(P.Dandolo-Farsetti)

E.&W.エレオドーリ著『大運河』(1993)はロレダーン館に隣合うファルセッティ館について次のように述べています。
ダンドロ=ファルセッティ館「隣合うロレダーン館同様、12~13世紀の典型的な商館邸宅であり、後に手が入り、3・4階が建て増しされた。この建物もまた、1階部分は柱廊であり、2階は連続する露台とほっそりした二対の柱から立ち上がるアーチを戴いた単独窓に特徴がある。

ここにアンドレーア・ダンドロが住まい、1343年総督に選出された。1670年“お金”で貴族になったファルセッティ家が手に入れた。そして修道院長であったフィリッポは芸術のパトロンで、彫刻や絵画を収集し、若い芸術家にギャラリーを開放し、彼らに仕事さえ提供した。

若かりし頃のカノーヴァがここで彫刻を学び、感謝の印に若き日の作品をこの一家に寄贈した。即ち、大理石の、籠の中の果物2作品が現在コッレール美術館にある。

しかしこの館は、この一家が設立したアカデミーでも有名である。その始まりは、ほんの冗談だった。元老院議員のダニエーレと兄弟のトンマーゾ、フィリッポの従兄弟達がサン・ドメーニコ修道院で全く馬鹿馬鹿しい説教を聞いたのは1747年のことだった。彼らはこの思い上がった説教師に悪戯を仕掛けようと考えた。

ご高説がとても感動的でございましたので、文学アカデミーなぞ設立したく思いました、就きましてはその会長に就任して頂きたく参上つかまつりました、と言上したのであった。しかし私ども会員の面々がいつも参集しておりますカッフェ・メネガッツィまでご来駕頂ければ幸甚にございます、と。仲間達が彼の才を確認出来るようにということであった。

こうして何も知らない、自惚れだけは人一倍強いジュゼッペ・サッケッラーリは公の場所で、それも皆の笑い物になりながら、自分の詩句を朗唱した。そして大玉ちゃん(Granelleri)アカデミーの“極大玉ちゃん(Arcigranellone)”公に選ばれたのだった。そのアカデミーのバッジには、鈎爪の両脚の間にしっかりと押っ立てた二つの玉々ちゃん(granelli)を誇示する梟が彫り込まれていた。こんな風にしてアカデミーは誕生した。
……
ダニエーレの息子は祖父達と全く別種の人間で、1778年には借金で首が回らなくなり、美術館は閉鎖し、館の全芸術作品を売り払ってしまった。1826年館は市の物となり、総督宮殿にあった古い市の事務所はそのままにこちらに越してきた。」

一方、R.ルッソ著『ヴェネツィアの建物』(1998)は、また違った話を載せています。
「……フランチェスコ・ペトラルカの友人であり、人文主義者であり、歴史家であり、法律家でもあったアンドレーアは、ヨーロッパの多くの碩学達と関係を持っていた。彼は粋で感じのいい人物で、ミラーノ公ルキーノ・ヴィスコンティの妻イザベッラ・フィエースキが、1347年ヴェネツィアを訪れた時、すっかり彼の虜になってしまった。

1524年12月3日、館はヴェネツィアの大火のため、すっかり破壊されそうになったが、幸運にも屋根が崩れ落ちて火を消し止めた。この免れた大過の後、マリーノ・ダンドロは教会広場側ではなく大運河に面して、メイン・ファサードを再建した。

17世紀の半ば頃、邸宅はアントーン・フランチェスコ・ファルセッティの手に渡った。ファルセッティ家はトスカーナ出身で、芸術品の収集や文芸保護に励んだ教養豊かな一族であった。修道院長であったフィリッポ・ビンチェンツォは、古い有名な彫刻の石膏の原型等を集め(現在はアッカデーミア美術館にある)、若い芸術家達に自由に見せ、最もそれに値すると思われた彫刻家達の助けとなるように、給料を払って雇った。

そんな若者の一人がアントーニオ・カノーヴァで市の博物館に移される前に、大階段両脇に彼の初期作品、大理石の、果実が盛られた二つの籠がそこに見られた。

ファルセッティ家の最後の人物はアントーン・フランチェスコで、全財産を蕩尽した。共和国が滅亡した時、一家のコレクションの絵画作品を売却し、サンクト・ペテルブルグに幸運を探しに出かけて行き、1808年その地で亡くなった。

次いで何年間か館はホテルになっていたが、1826年市が獲得し、市庁舎になった。」
  1. 2012/05/26(土) 00:01:00|
  2. ヴェネツィアの建築・建物
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアの建物: コルネール=マルティネンゴ・ラヴァ館(P.Corner-Martinengo Ravà) | ホーム | ヴェネツィアの建物: コルネール=ロレダーン・ピスコーピア館(3)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア