イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

フェリーチェ・ベアート

フェリーチェ・ベアートの東洋パンフレット、裏面   フェリーチェ・ベアート自写像[右はフェリーチェ・ベアートの自写像]   
《フェリーチェ・ベアトの東洋》展に行ってきました。5月6日まで恵比寿の東京都写真美術館でやっています。2010.02.06日に《イタリアと日本との関わり》として 《フェリーチェ・ベアート》 を書きましたが、その時参考にした10年前の資料とこの展覧会のデータが大分変わっています。主だった変更を図録解説から抽出してみました。10年の歳月の間に新しい発見があったようです。

フェリーチェ・ベアート[Felice(幸福な)Beato(最高に幸せ)という大変めでたい名前]は、実際には1832年(旧資料は34年にコルフ島生)ヴェネツィアに生まれたそうですからヴェネツィア人です。当時のヴェネツィアは10年間のフランス領有後、オーストリア軍が1814年に再度進駐していました(~66年)。34年頃、両親に連れられてヴェネツィア共和国時代はヴェネツィア領だったコルフ(現、ギリシアのケルキラ)島に移住し、成長します。ヴェネツィア共和国が1797年ナポレオンに滅亡させられる等ナポレオン嵐後のヨーロッパの政治的再編を目指し、全体会議は一度も開かれず舞台裏の饗宴外交(映画『会議は踊る』の舞台となった)で事を決めた、1814~15年のウィーン会議の結果、コルフ島はイギリス保護領となっていました。彼は後にイギリス国籍を取得します。ウィキペディアフェリーチェ・ベアトが参考になります。

写真家となってからの行動は知られています。2010.02.06日のイタリアと日本の関わり(1)をご参照下さい。そして日本で実業家の才ありと錯覚して写真家を辞め、事業にも失敗して無一文となり、1884年には日本を後にしました。10年以上前の資料では離日後の軌跡が明確ではありませんでしたが、1887年にはビルマ(現、ミャンマー)に写真家として再登場し、ビルマのマンダレーに落ち着きます。今回の展覧会ではビルマ時代の作品も多数展示されています。マンダレーでは写真スタジオと土産物屋を開業し、木製・金属製・象牙製などのビルマの土産物も販売し、当時インドの一州として観光地となっていたマンダレーの観光客の人気スポットとなったそうです。

ビルマを去り、イタリアに戻り、ベルギーにいた姉妹にも会い、フィレンツェに居を定め、1909年1月29日この地で亡くなったそうです。激動の時代をグローヴァルに活動して、流浪の人生を送ったフェリーチェの出生・死亡記録等を見つけ出した人々に感動しました、データの背後で姿は見えませんが[生死のデータの発見は2009年]。
『フェリーチェ・ベアート』(フェデリーコ・モッタ出版刊)  楽器を演奏する芸者達茶屋の前の護衛役の日本人役人[左はイタリアで出版されたベアートの写真集。手彩色写真左、演奏する芸者達。右、茶屋前の護衛役の役人]
ヴェネツィアのアッサッシーニ埋立て通り(Rio tera' dei Assassini)の古本屋さんで上携の本を見つけ、購入していました。この本屋さんは日本関係の本を結構並べています。この本には、チャールズ・ワーグマンの《日本での生活》や外国人の目に映った《フェリーチェ・ベアート時代の横浜》等のエッセーの中に、Dietmar Siegertの『日本のフェリーチェ・ベアート』という長文のエッセーがありましたので、冒頭の部分を訳出してみました。

「1863年5月21日と28日の“China Mail”通信の旅行者名簿から、フェリーチェ・ベアートがボンベイ・香港・上海航路便で、1863年6月日本に到着したことが知られる。彼の横浜滞在の最初の確証はチャールズ・ワーグマンが1863年7月13日の“Illustrated London News”に発表した報告で得られる。《日本の役人達が私の絵や友人のB氏(フェリーチェ・ベアート)の写真を見に、私の事務所に集まってきた。》

ベアートとワーグマンは阿片戦争中の1860年、支那で知り合った。ワーグマンが戦争終結後“Illustrated London News”のイラストレイター且つ正式の通信員として日本に派遣された、その一方でベアートは、ロンドンで戦争写真売却のため、一度ヨーロッパに戻った。

彼らの商業的結び付きである“Beato&Wirgman, Artists&Photographers”社が香港で毎年発表される戸籍公報の横浜編に、1864年初めて取り上げられた。会社の所在地は、横浜の外国人居留地区24番地の建物に1867年まであった。
横浜外国人居留地図  横浜の丘から見た港のパノラマ[左、橫濱繪圖面。右、横浜の丘から見た、外国人居留地の見える港の風景]
横浜に到着後直ぐに、軍隊を退役したキャプテンだった英国の画家チャールズ・ワーグマン(1832~91)は、1862年“The Japan Punch”誌を創刊した。それは典型的に英国式の、インスピレイションをカリカチュアしたもので、当時広い人気を博した。

ワーグマンはどこへでもスケッチ帳を持参し、道や人物を描き、風俗習慣を深く観察し、税関や船の係留場で出会った興味深い出来事に目を凝らしている。フェリーチェはまだ異国人に知られていないこの国の色々な地方をドキュメントした日本における最初の外国人写真家であった。長崎でも旱魃の時、旧市街の浅瀬の川床や港、出島や新しく生まれた外国人居留地を写真に収めた。

街の上にある丘に昇り、姉妹の夫のジェイムズ・ロバートソンに教えられたテクニックでパノラマな景観を撮した。2~5個のショットで構成し、伝統的なパノラマの画面の超ワイドな画型の中に、平面図法的技法で組み合わせたパノラマ写真は、旅行写真のパイオニアであり、プロとしての能力と芸術家としての資質を最高に表している。

ベアートの写真に付けられたキャプションから富士登山したことが分かる。オランダ総領事のGraeff van Polsbroek(グラーフ・ヴァン・ポルスブルーク) は、ベアートと彼の仲間、パークス夫人と招待客を引き連れたハリー・パークス卿ら全員で富士登山に参加した。パークス夫人はこの骨の折れる試練に耐え、勇気を示したただ1人の貴夫人だった。登攀途中ベアートは、ディルク・デ(Dirk de)・グラーフ・ヴァン・ポルスブルークの護衛役(日本人)らとお茶を飲みに入った料亭、富士山麓の須走(洲走)村を撮影した。しかしそこには、この企画を検討出来る写真情報がない。

この種の遠出が危険を伴わずに行われるのは、いつもという訳にはいかなかった。外国人嫌いや侍の敵愾心を燃やす者のヨーロッパ人への攻撃は日常茶飯事だった。1864年11月ベアートとワーグマン、彼らの仲間の一行は鎌倉で辛くも襲撃から逃れたことがあった。

11月19日横浜を出発した。金沢で一泊し、20日と21日は鎌倉にいた。有名な鎌倉八幡宮や巨大な青銅の大仏像の写真の中に、ベアートやワーグマンの姿も認められる。翌日の11時頃、江の島到着前、英国横浜駐屯歩兵第20連隊のボールドウィン少佐とバード中尉に出会った。ベアートは彼ら2人と長話をした。
鎌倉八幡宮とベアート達鎌倉大仏とベアート達清水清次の晒し首[左は鎌倉八幡宮のベアート達、中は鎌倉大仏前のベアート達、右はベアート撮影の清水清次の晒し首]
数時間後、藤沢の旅籠で一服し、一行は2人の英国将校が鎌倉(鶴岡八幡宮前の襲殺だという)で暗殺されたことを知った。ベアートはその後、暗殺者清水清次の処刑の模様をカメラに収めた。[清水の仲間、武州浪人間宮一も後に捕まり斬首された。]

ベアートが商港から遠く離れた日本内部で、来日初期に見たものは少数の人に記憶されている。幕府は10マイル以上内陸に入り込むことは外国人には禁じていた。その禁令に対しての唯一の対応策は、外交団のグループに潜り込むことであった。スイス公使エメ・アンベールは、江戸での撮影活動は容易くないと書いている。

“我々の右側には薩摩藩の鬱蒼とした、素晴らしい庭園が広がっている……。左側には有馬藩の屋敷を取り囲む高い塀が伸びている……。ベアート氏はこの長閑な景色を撮影しようと準備していた。その時2人の藩の役人が気付き、しようとしていることを止めるよう、口喧しく言い募った来た。Metman は自分達の希望を認めてくれるよう、先ずあなた方の主君の意向を伺って来てくれるよう懇願した……。

数分後役人は帰ってきて、主人は屋敷の一部たりとも撮影することは禁ずると言っている旨告げた。ベアートは深々と頭を下げ、撮影器具を片付けるように仲間達に言った。役人達は満足して引き上げていった、彼らが屋敷に入った隙に写真家は既に2枚のネガを撮っていたことなど疑いもせずに。

我々の護衛役(日本人)は、写真のことには無関心だったが、ベアートの権謀術数には全員賞賛の意を表した。” ……」
  ――『Felice Beato―Viaggio in Giappone 1863-1877』(Federico Motta Editore、 1991.09)より

先日再放送されたNHKテレビ『知られざる決断~尾張藩・徳川慶勝』で、尾張藩主徳川慶勝が写真の技術を独学し、機材を取り寄せ、自ら薬品を調合して、独り貴重な写真群を歴史に残した話は感動的でした。フェリーチェが日本で活躍していた幕末にこんなお殿様がいたとは大変な驚きです。
  1. 2012/03/24(土) 00:00:40|
  2. ヴェネツィアの写真
  3. | コメント:0
<<文学に表れたヴェネツィア――吉井勇と森鷗外 | ホーム | 言葉(2)――暗唱・朗読>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア