イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの建物: コルネール・コンタリーニ・ダイ・カヴァッリ館、トローン館、ヴィアーリオ・マルティネンゴ・ヴォルピ館

G.ロレンツェッティ著『ヴェネツィアと入江』(1926)は、グリマーニ館右のサン・ルーカ運河を挟んだ隣のコルネール・コンタリーニ・ダイ・カヴァッリ館(P.Corner Contarini dai Cavalli)を次のように描出しています。
コルネール・コンタリーニ・ダイ・カヴァッリ館ほか「ファサードの左右両脇の紋章飾りの、兜の頂き飾りの中に2頭の馬が彫られているため、dai Cavalli(馬の、の意)と呼ばれている。盛期ゴシック様式建築で、中央部の六連窓は豊饒な四葉模様が、優雅な透かし細工で入り組んでおり、迫り出した露台で殊更際立っている。」

その右の建物トローン館(Palazzetto e Palazzo Tron)について、E.& W.エレオドーリ著『大運河』(1993)によれば次のようです。

「……小さな建物の右、中央部にゴシック様式の四連窓を持つ建物は1400年代前半の物で、柱頭に大きな葉飾りを持つ。1階と4階は後世に改作。……」
 
更に右隣のヴィアーリオ・マルティネンゴ・ヴォルピ(Viario Martinengo Volpi)館については、3階中央部の柱が支えるアーチになった四連窓と、2面の一面窓の間に大きな紋章飾りがある16世紀半ば頃の建物? とした上で、マルティネンゴ家について語っています。

「……マルティネンゴ家は、ブレッシャの伯爵でヴェネツィア政府に金で雇われた一家であった。例えばジェローラモは、コルフ[現ケルキラ]島、次いでカンディア[クレタ]島の長官になったし、ネーストレはファマゴスタ[キプロス島のファマグスタ]の守備隊の一員(悲惨な運命を辿る)だった。

各種の軍記が、当時最も有名だった砲術家であり攻略の専門家であったガブリエーリについて語っている。1522年スレイマン大帝がロードス島(Rodi)を我が物にしようと決めた時、ロードス[この島はヨハネス騎士団のものだった]の騎士団の団長はマルティネンゴに助けを求めた。

彼はヴェネツィアのために、クレタ島で快適に仕事をこなしていたが、ロードス騎士団の重要性を鑑み、困難至極の守備の仕事を引き受けることにした。

彼の百発百中という優れた砲術の才は、トルコ軍を甚く脅威に陥れたし、城壁の下にトンネルを掘り、巧妙に城内に侵入しようとする敵のあらゆる試みを、長期に渡って粉砕したのは彼だった。

例えば、抗トンネル装置を発明して待ち伏せした。ピーンと張り切った太鼓の革の震えで地下の振動を感知し、トルコ軍の工兵がどの方向に坑道を掘っているかを察知した。そしてその場所に弾薬樽を転がしていき、導火線に点火し、避難した。

しかし怒濤のようなトルコ軍が、最終的にこの疲弊した守備中隊を屈服させた時には、マルティネンゴは深く傷ついていた。敵の動静を狭間から窺っていた時、眼を撃たれたのだった。

スレイマン1世は被った大損失による怒りにも拘わらず、生き残った者達が島を捨てて立ち去ることを許した。……」
  ――E.&W.エレオドーリ著『大運河』(1993)より

この館は、Volpi di Misurata 家の物となり、ヴォルピ・ディ・ミズラータ館とも称されています。
  1. 2012/07/28(土) 00:03:16|
  2. ヴェネツィアの建築・建物
  3. | コメント:3
<<カッコウとホトトギス | ホーム | 芸術書に表れたヴェネツィア――ジョン・ラスキン>>

コメント

Volpi di Misurataについて

ジュゼッペ・ヴォルピ・ディ・ミズラータ伯爵は、ヴェネツィア映画祭創設者で、『コッパ・ヴォルピ』賞にその名をとどめていますね。(映画には詳しくないのでどのような作品に贈られるのかよくわからないのです
が・・・)

若くして父を失った彼は、モンテネグロに渡ってタバコの輸出業で儲け、帰国後は電力関係の会社を設立、イタリア産業界に影響力を持つようになります。

ヴェネツィアのマルゲーラ港を拡張し工業地域を育成、1928年にはトリポリタニア総督になります。
爵位のミズラータは現在のリビアの地名。

蔵相をつとめ産業総同盟の設立に尽力、戦時中は有力なファシストとして活躍したそうです。
戦後はドイツ軍に捕らえられたもののたいした責任も追及されず1947年に亡くなっています。

参考は、wikiのイタリア語版
  1. 2013/01/27(日) 08:22:36 |
  2. URL |
  3. ドゥカーレ #DSoYQHho
  4. [ 編集 ]

ドゥカーレさん、コメント有り難うございます。
まるで知らないことを教えて頂き、有り難うございます。早速イタリア・
ウィキペディアを読んでみます。
リビアのミズラータも地図で確認しました。トリポリ東の地中海沿いの町
でした。Misra'tahとスペリングするようです。
少しずつ世界が広がるようです。有り難うございました。
  1. 2013/01/27(日) 11:59:02 |
  2. URL |
  3. ペッシェクルード #/plE8HKU
  4. [ 編集 ]

訂正

ごめんなさい。上記のwikiによると、彼がトリポリタニア総督を務めたのは1921-25年でした。
  1. 2013/04/06(土) 04:43:23 |
  2. URL |
  3. ドゥカーレ #p2nzWIyE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手知ったヴェネツィアを先ずは訪れて、各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア