イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの建物: クェリーニ・ベンゾーン(Querini Benzon)館(1)

更に大運河を遡上します。ヴィアーリオ・マルティネンゴ・ヴォルピ館からトラゲット・ディ・サン・ベネデット(Tragheto de San Beneto)通りを過ぎ、19世紀のマリノーニの家、20世紀のデ・スピルトの家を越すとベンゾーン(Benzon)通りの次にクェリーニ・ベンゾーン館が現れます。
クェリーニ・ベンゾーン館これは1700年代の建物で、1800年代には改築されたそうです。ファサードはあまり飾り立てず、ヴェネツィアの建築ではよくあるように、中央部にアーチ形の四連窓が露台付きで姿を見せます。R. ルッソ著『ヴェネツィアの館』(1998)は次のような事を述べています。

「有名なヴェネツィア民謡『La biondina in gondoleta(ゴンドラの金髪美人)』はマリーナ・クェリーニ・ベンゾーン[1757.07.28コルフ島~1839.03.01ヴェネツィア―1777年ピエートロ・ジョヴァンニ・ベンゾーンと結婚]に敬意を表して、ヴェネツィアの詩人アントーニオ・ランベルティが作詞したものである[作曲はシモーネ・マイル]。彼女はこの大運河に面した館に住み、1700年代の最も著名な文学サロンの一つを開いていた。

パリの最も輝かしいサロンも、ベンゾーン夫人のサロンに比べれば《馬鹿馬鹿しくて無味乾燥》とスタンダールは書いた。18世紀前半に建てられたこの館には、スタンダール以外にもジョージ・バイロン卿、トーマス・ムーア[『バイロン伝』を書いたアイルランドの詩人]、フランソワ・ルネ・シャトーブリアン、ウーゴ・フォスコロ等が集まった。フォスコロとは1797年《自由の木》の周りをセミヌードで踊った。
[その他詩人ルイージ・カッレール、彫刻家アントーニオ・カノーヴァ、ヴェローナの詩人イッポーリト・ピンデモンテ、貴族ヤーコポ・フォスカリーニ等がいます――《自由の木》はナポレオンに共和国が滅亡させられた時(彼女は40歳)、サン・マルコ広場に立てられたデモクラシーの象徴 albero della Liberta`(自由の木)の回りを興奮した革命派の人々と一緒に(その中にフォスコロもいた)、肌も露わに踊り狂ったことが全ヴェネツィア人の顰蹙を買ったそうです。]

バイロン卿やスタンダールはこの館で大変楽しんだと語っているが、シャトーブリアンは活気溢れるこの館の女主人の夜会に参加しても、あまりにも内気が過ぎて楽しむ段にはならなかった。《半ば眠ったような蛇の眼をした黒い貴婦人の視線の下、魅了され、身体を戦慄かせ》、彼は部屋の片隅に一人ぽつねんと座っていた。そしてマリーナ伯爵夫人の懇ろな励ましにも拘わらず、興味を抱くことの出来る signora を見出せなかった。詩人は深夜、《静かに独りゴンドラで》ホテル・ヨーロッパへ帰っていった。

マリーナ・クェリーニ・ベンゾーンは、たまたま目にした美青年にでも招待状を送ることに躊躇はなかったと言われている。彼女は結核で若くして亡くした息子ヴィットーレと近親相姦関係にあったと咎められているし、息子の死の日にさえサロンを閉めなかったと非難されている。

老齢に達し、《stramazzo desponta`(綻びてしまったマットレス)》という渾名を頂戴するほど肥大した。……」

この貴婦人の近親相姦について Bruno Rosada は、『Donne veneziane(ヴェネツィア女達)――amori e valori』(Corbo e Fiori Editori)の中の《マリーナ・クェリーニ・ベンゾーン》の章で次のようなことを述べています。

「……彼女についての噂話の中で、最も罪の軽いのは夫に対して不倫をあちこちで働いたということであるが、最も恥ずべきは自分の息子ヴィットーレとベッドに行ったというものである。しかしこの事は、この息子が彼女の弟ステーファノとの近親相姦の結果だとすることから派生した、性的倒錯の一局面でしかないかも知れない。
ピエートロ・ロンギ画集ピエートロ・ロンギ画集、解説ロンギ描くクェリーニ家の人々。200=マティルデ・クェリーニ・ダ・ポンテ(母親)、201=ステーファノ・クェリーニ(弟)、202=マリーナ・クェリーニ・ベンゾーン(本人)

更にきびしい陰口を叩かれたのは、大金持ちのくせに、最下級の売春宿に行き、無報酬に近い値で身を販いだというものである。
……
人は真実なのか、誹謗中傷なのか、伝説なのかと問う。この話はよく知られた噂話なのだが、しかし一体全体何故に、と問わざるを得ない。……我々がどうして知ることになったか、証拠はあるのか、その証拠内容は告発に値するのかどうか、検討してみよう。

告発は詩人ピエートロ・ブラッティから始まる。彼は『Streffeide』と題した詩の中ではっきり書いている。
se vol che in antidata (知りたいのか、古い書き付けの中にある)
fusse rota per incesto (深鍋が、貴婦人の近親相姦故に)
de la dama la pignata (壊れてしまったということを)
e che el primo so putin(そしてまた貴婦人の長男は)
nato sia dal fradelin. (彼女の弟との間に生まれたことを)

そして叔父と彼女の息子は酷似(髭がそっくり)しており、法律上の父親とは似たところが丸でない、と書き、更に冷静に、el puto(その息子)は la prima desgrezada……co la mare.(母親から……最初に感化)を受ける。」
  ――Bruno Rosada『Donne veneziane――amori e valori』(Corvo e Fiore Editori)から引用。続きは次回に。
  1. 2012/08/25(土) 00:29:40|
  2. ヴェネツィアの建築・建物
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアの建物: クェリーニ・ベンゾーン館(2)、とピエートロ・ブラッティ | ホーム | ヴェネツィア料理: Castradina S'ciavona(カストラディーナ・スチャヴォーナ――去勢雄羊煮込み料理)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア