イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

天正のローマ使節(2)[天正遣欧使節とも]

前回7月5日、彼らがサンタ・マリーア・デッラ・カリタ大同信会館に訪れた、と書きましたように、かつてはそこの中庭(chiostro)に彼らが訪れたことを記した碑があり(?)、その後別の場所に移動したことが、ルイス・フロイス著『九州三侯遣欧使節公記』の注記として書かれていることは帰国後に知りました。

その碑の存在は仄聞していましたので、ヴェネツィアに行った時あちこち訊ね回りました。そんな昔の些細な事を知るインフォーメーションは存在せず、旅行者としては辿り着くまでに相当時間が掛かりました。サルーテ教会左隣のセミナーリオ・パトリアルカーレ(教皇庁神学校)にある筈と教えられ、電話し、見せて貰えないかと頼み、OKを得ました。

ルイスの本の注記通り、カリタ大同信会館が1800年代に美術学校に改組された時、この碑は行き場を失い、結局近くの教皇庁神学校の中庭に移されたようです。

そこで見た碑を写真に撮って来ましたので、次に転写してみます(全文大文字、現在Uで表記されるものがVで書かれています。その他固有名詞など読み易いように変更してみました)。
天正遣欧使節の碑
  Caritas a Iapono in spe fide data remansa
Li intrepidi et illustriss. Ito Mantio nepote del re de Tiunga
nontio del re de Bungo D. Michael Ciunga consobrino del re
de Arima et dell'eccelso Bartholomeo et li invittissimi
baroni et serenissimi principali del regno de Tigen
D. Iuliano Nacaura et D. Martino Iara del Iapon
de l'estreme parte dell'altro hemispero alli V. Luglio M.D.LXXXV.
Viste le santissime reliquie di questa Scola gia lassate
per l'illustriss. et essemplariss. Card. Bessarione con
reverenza a nome delli lor reggi et suoi entrorno in
quella con giurata promessa di altra simile in questo
nome de Carita elevar in esse lor parti, et percio
a loro dal Guardian Maggior fu dona la sua cappa
con tutti altri suoi adherenti et a nome de questa
Scola in esquisito modo presentati. Il che sii a
gloria de tanta prottetrice nostra. Amen.
 M.D.LXXXV.

この碑を眺めている時、意味は丸で分かりませんでしたが、非常に感動しました。ルイスの訳書の注にも抄訳が書かれています。次に誤訳かも知れませんが意味を辿ってみます。

「日向藩主の甥で豊後藩主の教皇使節の伊東マンショ殿、有馬藩主そして大村純忠(バルトロメオ)の従兄弟の千々石ミゲル殿、肥前藩の重臣中浦ジュリアン殿と原マルチノ殿は、1585年7月5日裏半球の極地日本から来訪し、ヨハンネス・ベッサリオン枢機卿の遺贈されたこの同信会館の聖遺物を拝観。藩主と彼らの名においてカリタの名を高からしめるために、同じ名の同信会館を彼らの地にも建てることを誓約。それ故大修道院長から提供のマントと付属品一式が同信会館の名の元に彼らに贈呈。我らが守護聖人の栄光がありますように。アーメン。1585年」

伊文化会館の図書室で、20数巻の『伊国語辞典』で entrorno 等調べましたが言葉が見つからず、Giuseppe Boerio 著『ヴェネツィア語辞典』にもありません。訳意の間違っていないことを願うだけです。
  1. 2008/03/28(金) 18:07:56|
  2. | コメント:3
<<天正のローマ使節(3)[天正遣欧使節とも] | ホーム | 天正のローマ使節(1)[天正遣欧使節とも]>>

コメント

いつも記事読ませていただいています。
昔の人の勇気とベッシェクルードさんの努力には
感激です。元気を頂きました。
ありがとうございました。
  1. 2008/03/29(土) 02:10:21 |
  2. URL |
  3. ジンチョウゲ #zy7.kZ5A
  4. [ 編集 ]

コメント、有り難うございます。イタリアの、中でもヴェネツィアという観光地に魅せられて、その自分の横好きを人様に読んで頂けるなんて、何という光栄だろうと思います。種は殆ど尽きているのですが、これからも興味を持って頂けるかもしれないことを、模索したいと思います。有り難うございました。
  1. 2008/03/29(土) 11:49:15 |
  2. URL |
  3. pescecrudo #/plE8HKU
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/12/03(水) 20:40:03 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア