イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

フェリックス・ジアン

ヴェネツィアで知り合った仏人ベアトリスは、何年かのヴェネツィアでの本の修復の仕事が終わるとフランスに帰国し、故郷のボルドーではなく、マルセーユに定住しました。パリに行った時には、わざわざマルセーユから会いに来てくれました。その彼女がヴェネツィアで会いたいね、と誘いの手紙を呉れた封筒の中に、次のような絵葉書が入っていました。
Felix Ziem《Canal a' Venise》1884[Félix Ziem『Canal à Venise』(1884)] そうした訳で日本ではあまり知られていないと思われる仏人画家フェリックス・ジアン(Félix-François Georges Philibert Ziem――1821.02.25ボーヌ(コート・ドール県)~1911.11.10パリ)を知りました。バルビゾン派の東洋主義の画家で、海洋画やコンスタンティノープルの風景、特にヴェネツィアの風景を描いたことで有名なのだそうです。PCの次のサイトFélix Ziemで、彼の絵画を見ることが出来ます。次にフランス・ウィキペディアで彼の生涯を辿ってみます。

「フェリックス・ジアンは、父がアルメニア出身でポーランドから到来し洋服の仕立てを業としていたジョルジュ・バルテレミ・ジアン、母がブルゴーニュのニュイ・サン・ジョルジュ出身のアンヌ=マリ・グードである。父はナポレオン戦争の、プロイセン軍の戦争捕虜としてフランスにやって来た。

フェリックスはブルゴーニュで成長し、ディジョンで建築を学んだ。1839年ディジョンの美術学校ともめ事を起こして町を離れ、兄弟のいるマルセーユへ移った。その地で彼はマルセーユに水を送るロクファヴール水道橋の建設で、建築家として仕事を始めた。

オルレアン伯との偶然の出会いがあり、デザイナーの仕事に対する関心から彼は仕事を変え、ヴィユー=ポールにデザイン学校を開いた。彼の評判は高まり、生徒の数も増えた。1840年にはマルティーグ[マルセーユの西、ローヌ川河口、ベール湖岸でカロント運河が通じ、プロヴァンスのヴェネツィアと呼ばれる]の町を発見し、1860年にはアトリエを設けるために戻ってくることになる。

1841年マルセーユを出発し、イタリアへ向かった。途中、彼の顧客となる金持ちのイギリス人やロシア人の滞在するイタリアのニッツァ[ピエモンテは統一イタリアを達成した時(イタリア王国)、それを承認してもらう代償としてこの地をナポレオン3世の懇望により1860年割譲せざるを得ず仏領ニースとなる]に立ち寄った。1842年彼は初めてイタリアを発見する。特にヴェネツィアは彼の絵画のインスピレーションの主たる源泉となる。1842年から47年にかけて全イタリアと南フランスをくまなく歩き回った。

1849年パリに居を構え、パリの中心とフォンテンブローの森との間を行ったり来たりする。フォンテンブローではテオドール・ルソーやジャン=フランソワ・ミレーと友達になる。その時彼は現代生活、肖像画、バルビゾン派と彼を結び付ける田園風景を描いている。

1849年初めてパリのサロンに出品した。そして時々ではあるが《常連》画家となった。1859年モンマルトルへ引っ越した。エコール・ド・パリの気違い染みた熱狂以前のことである。そしてアンプルール[皇帝]通り(ルピック通りに変わる)に居を構えたが、バルビゾンの原点をいつも見据えていた。

孤独で、同じ世代の画家と付き合うこともなく、生徒を作ることもなく、レッスンに時間を割くこともなかった。1850年から80年にかけてオリエント(コンスタンティノープル、アルジェリア等)を巡り、イギリスからオランダへなどヨーロッパをくまなく回ったが、とりわけヴェネツィアには少なくとも年に2度は滞在した。

1860年彼はマルティーグにアトリエを作った。そこにはベール湖(ブーシュ・デュ・ローヌ――ローヌ河口)に至る釣りの港用の運河が出来、彼に多くの作品の霊感を与えた(マルティーグが《プロヴァンスのヴェネツィア》と綽名されるのは、一部彼のお蔭である)。1880年彼はニースにもう一つアトリエを作った。その時以来、パリにいない時にはそこで多くの時を過ごした。彼は1904年5月16日ニースでトレーユ嬢と結婚した。

1908年『1901年4月、仏伊艦隊の長官エミール・ルーベが訪れたトゥーロン港』の素描による絵画の贈与により、マルティーグ市はジアン美術館を創立した。彼は1万点以上という多大の作品を描いた。1911年11月に亡くなった。彼の絵は評価され、1910年ショシャール遺産として生存中にも拘らずルーヴルに入った最初の画家である。」――フランス・ウィキペディア
  1. 2012/11/24(土) 00:01:10|
  2. | コメント:0
<<ヴェネツィアの建物: 新モチェニーゴ館(1) | ホーム | ジョゼフ・ターナー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア