イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

飢饉(2)

ジョヴァンニ・ディステーファノ『ヴェネツィア史 1400-1599』(Supernova)は1528年の項にこの飢饉のことについて次のように簡単に述べています。

「1528年: 《大飢饉は1568年にも繰り返されることになる。テッラフェルマ(本土)から大挙して貧民達が物乞いしながらヴェネツィアに押し寄せた。食糧倉庫の門前では余りの人に何人かが踏み躙られ、死んだ。貴族のジェローラモ・エメリアーニの慈善活動は際立っていた。1531年ソマースキ神父の要請の下、当局の無為の中、サンティ・ジョヴァンニ・エ・パーオロ教会に人々を収容する活動を自ら買って出て、自分の財産で救護活動に励んだ。」

大運河左岸、サンタ・ルチーア駅に近い、トルコ人商館(Fontego dei Turchi)の左隣にメージョ運河を挟んで、メージョ倉庫(Depositi del Megio)という共和国の公共の穀物倉庫だった建物があります。G.Lorenzetti『ヴェネツィアとその入江』(1926)は次のように言っています。
メージョ倉庫左、メージョ倉庫、右、トルコ人商館
「1400年代のこの建物は、かつて公共の穀物倉庫であり、メージョ運河通り(Fdm.del Megio)に建っている。煉瓦による特徴的なファサードには狭い明り取り窓、階上には狭間飾りがあり、共和国が滅亡した時に剥がし取られた、シンボルの獅子像の痕跡が1900年代初頭まで残っていた。

現在の獅子像は、彫刻家カルロ・ロレンツェッティの作品で、モニュメント友の会の肝煎りによる現代の作品である。……」

Megio(ヴェ語)とはMiglio(伊語―粟、黍)のことで、穀類の意味。共和国は穀類が欠乏しないように常に気を配っていました。そのため専門の係官が貯蔵量を常にチェックし、飢饉の時には、市民に対する公平無私の、常々の現実直視の判断で、食糧調達のためには、海賊行為にさえ向かったようです。

ジョヴァンニ・ディステーファノ『ヴェネツィア史 1100-1399』(Supernova)の1322年の項には次のような話が載っています。この年にも飢饉があったのでしょう。

「1322年: 長い飢饉の後、食糧を大量に備蓄し、新しく発生する危機に対処し、更にパンの値段をコントロールすべく、Terranova 穀物倉庫が建てられた。しかしナポレオン軍占領中(1808~14)王の庭園を作るために取り壊されてしまうことになる。

新しい飢饉に対処するために、サン・グレゴーリオの古い塩倉庫が穀物倉庫に変えられた。多量の穀類を貯蔵する目的で、1400年代にメージョ倉庫(Fontego del Megio)が建てられた。そして建物は特に megio、製粉した穀類を蓄えるための物となったし、人民に抑えた価格で配給出来る公共のパンを製造するためにも使われた。

この倉庫(fontego)は、1559年の飢饉の時、公定価格を定め、闇市場を撃退するのにも有効だった。共和国は粟(miglio)の粉を毎日の一人分の量を無料で支給したのだった。」

テッラノーヴァ(Terranova)穀物倉庫があった場所は、現在サン・マルコ新行政官の南の、大運河に面した《王の庭園(Giardini Reali)》がその取り壊された跡です。ナポレオンは占領地を統治する執務室を新行政官に定め、その窓からの展望を遮る Terranova 穀物倉庫を取り壊させたそうです。ヨーロッパ最大の4棟の倉庫だったそうです。
王の庭園、左王の庭園、右fontego(伊語fondaco)はアラビア語の fonduq(住まい、一階の宿)から来たもので、ヴェネツィアでは商館や倉庫の意で使っているようです。
  1. 2013/02/23(土) 00:03:18|
  2. ヴェネツィアの災害
  3. | コメント:0
<<アドルフォ・ファルサーリ | ホーム | ヴェネツィアを歌った詩人達>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手知ったヴェネツィアを先ずは訪れて、各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア