イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアでの前首相

La Nuova di Venezia 紙は、ヴェネツィアでヴァカンスを楽しむ前首相の動向を伝えています。護衛の人達に囲まれた行動で、思いっきり楽しめるという風にはいかない風情ですが……。昨日の新聞の記事の一部は次のようです。

「ヴェネツィアでの、マーリオ・モンティ前首相のヴァカンスは、また次の日、サン・マルコ大聖堂でのお昼のミサ参加で始まった。上院議員の息子や孫達は朝、三ッ星ペンションから町見物に出掛けていた。モンティ氏と妻は電話連絡を済ました後、遅れて宿を出た。

彼は、護衛の人達に囲まれて、アッカデーミア橋を渡り、サン・マルコ寺院までの広場や小広場を抜けて行った。道中、イタリア人観光客や外人客の注視の的で、教授と彼の妻は携帯電話のカメラで何度も被写体になった。彼の顔を知る、あるアメリカ人観光客が彼に大きな声で挨拶した。《グッド・モーニング・ミスター・モンティ》 ……」

次のサイトLa Nuova 《2la Nuovaのキャプションをクリックすると色々写真を見ることが出来ます。

一年間、文字だらけのブログに付き合って頂き、有り難うございました。
いいお年を迎えられますように、祈念いたします。
  1. 2012/12/31(月) 10:57:41|
  2. | コメント:2
<<文学に表れたヴェネツィア――エズラ・パウンド(3) | ホーム | ヴェネツィアの建物: コンタリーニ・ダッレ・フィグーレ館(P.Contarini dalle Figure)>>

コメント

新年明けましておめでとうございます!
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

なかなか以前の様にゆっくりと読ませて頂く気持ちの余裕が無くなりバタバタしておりますが、
何かもっと詳細に書かれたことを知り、リンクさせて頂きたい時にはやはりこちらにお邪魔です。 
どうぞよろしくお願いいたします。

モンテ氏がヴェネツィアに来られたのは私もニュースでちらっと見たのですが、前首相とは言え、次はどの様に動かれるのか、イマイチ分からないのは私だけでなく皆もの様です。 さて。
その前のもまたぞろ動き出していて、こちらは聞くだにうんざりしますが、こう言うのがイタリアの分からない所で、
イタリアの明るい太陽同様に、陽のあたる国になって欲しい物です。
  1. 2013/01/01(火) 14:17:13 |
  2. URL |
  3. shinkai #-
  4. [ 編集 ]

shinkai さん、
明けましておめでとうございます。こちらこそ、よろしくお願い致します。
 
年が明けるや、近所の高幡不動に初詣でに行き、一眠りをして午後は浅草の浅草寺詣でに行きました。大変な人出で、押し合い圧し合いでした。
せっかく浅草に来たのだからと、浅草演芸ホールで落語を取りまで聞きました。
ヴェネツィアの町歩きも好きですが、東京でも江戸を探して歩いています。
  1. 2013/01/01(火) 18:43:16 |
  2. URL |
  3. ペッシェクルード #/plE8HKU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは十数年前。ヴェネツィアには即一目ぼれ。
その結果、伊語勉強のためにヴェネツィアの語学学校に何年間か数ヶ月通いました。
その後もヴェネツィアを訪れるたび、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら書くのが楽しいのです。

*図版はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア