イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

アドルフォ・ファルサーリ

幕末から明治にかけて来日したイタリアの写真家達は、開港した横浜に居を構え、写真に手彩色で色を施すという素晴らしい技術で活躍し、横浜の日本人写真家達を牽引したということは日本写真史ではよく知られたことです。その2人が期せずして、イタリア北東部ヴェーネト地方出身であったことは、私には不思議な感慨があります。

昨年3~5月、東京都写真美術館で《フェリーチェ・ベアトの東洋》展がありましたが、今年は《日本におけるイタリア2013》年の一環として、《アドルフォ・ファルサーリ写真展》が九段のイタリア文化会館で2月23日~3月23日(入場無料)開催されており、記念講演もあるというので行ってきました。
アドルフォ・ファルサーリ写真展フェリーチェ・ベアートの写真展では、彼が1832年ヴェネツィアに生まれ[以前は、1834年ケルキラ(Corfu)島生まれと言われていました。一家はこの年にケルキラに越したようです]、後半生については1887年ビルマのマンダレーで写真館を経営し、1909年1月29日フィレンツェで没した、等の彼の新しいデータの発見(2009)等を受けての展覧会だったのでしょうか。ベアートについては2012.03.24日に書いたフェリーチェ・ベアートと2010.02.06日のフェリーチェ・ベアートも参考にして下さい。

一方、アドルフォ・ファルサーリの写真展については東京大学の小佐野重利先生方がヴィチェンツァに調査に行かれ、新しいデータやアドルフォが家族に送っていた彼特製の写真集(大変状態のいい)等も発見されたりし、今回はその発見された写真集を中心に手彩色された美しい写真等が展示されています。ヴィチェンツァに生まれ、死んだ彼の生涯の概略は2010.02.13日に書いたアドルフォ・ファルサーリも参照して下さい。
『アドルフォ・ファルサーリ写真展』図録.展覧会図録 アドルフォ・ファルサーリの自写上、アドルフォの横浜の事務所での自写
詳しいデータは展覧会図録に譲りますが、アドルフォと一緒に帰郷した娘の《菊》(イタリアでは、Rosa とか Rosina と呼ばれたそうです。日本では Nakasima Kiku)は、ドロテア女子修道院で教育を受け、修道院を出た後は教師として一生を終えたそうです。結婚はしなかったそうですから、子供はいませんのでファルサーリ家の血は彼女の死で絶えました。残念ながら日本の血は繋がりませんでした。
娘”菊”ほか彼女のこの写真集等の遺産はこの修道院に保管されていたのだそうです。
  1. 2013/02/26(火) 20:30:20|
  2. | コメント:0
<<ヴェネツィアの建物: エーリッツォ・ナーニ=モチェニーゴ館とダ・レッゼ館 | ホーム | 飢饉(2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア