イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの海との結婚式(1)

ヴェネツィアが海外貿易で発展した共和国であったことを如実に示す事象の一つに《海との結婚式》があります。毎年5月のセンサの日(復活祭から40日後の木曜日の御昇天の祝日)に祝われていた祭りの日の伝説について、Marcello Brusegan『Miti e leggende di Venezia(ヴェネツィアの神話と伝説)』(Newton Compton Editori、2007.10)が語っています。その概略をこの本で辿ってみます。

「991年の公会議で総督 Menio(Tribuno Memmo のこと)は、12年間の無味乾燥な政治活動の後、退位せざるを得なかった。公式には病気だとされ、実際には国民がオルセーオロ家に新しい指導者を見出していたからであり、その人物の旗の元に殆どの人民が集まってきたからであった。

誇り高き総督ピエートロ2世オルセーオロによって状況は大きく変わった。新総督は直ぐ様外交的成功を収めた。最初の成功は、ビザンツ帝国皇帝バシレイオス2世(伊語Basilio Ⅱ、括弧内以下同)とコンスタンティノス8世(Costantino Ⅷ)から992年に得た有名な金印勅書(bolla d'oro)である。これはヴェネツィア商人にとっては、敵のサラセンに対してサン・マルコ艦隊が支援することの代償として他のどこの国の商人よりも絶対有利の扱いを保証されるというものだった。

第2のものは、同じ年の992年イタリア地域内での大量の交易可能な商業特権の、皇帝オットー3世の側からの再確認があったということである。

更に重要な事は、一千年という里程標(999~1001)を挟んだ期間に軍事的成功を見たことである。その時大艦隊は武装し、安全にダルマツィア方面に踏み込んだのだった。総督自身は軍旗の下、海軍の先陣に立ち、ヴェネツィア軍は何百ものスラヴ海賊を捕え、殲滅した。艦隊はあらゆる島・入江・洞窟を虱潰しに平定した。従わない者は容赦なく粛清したのである。

総督は商人達やヴェネツィアの商品を自由に輸送させ、行き来させるために、アドリア海の海賊との交渉事は一切断絶する意向だった。こうしてプーラ(Pola)からドゥブローヴニーク(Ragusa)まで[現在のクロアティア海岸都市]の全ダルマツィア海岸が安全となった。

ポレチュ(Parenzo)、ツレス島(Cherso)、オソル(Ossero)、ザダル(Zara)、トロギール(Traù)、ラブ島(Arbe)、クルク島(Veglia)、コールチュラ島(Curzola)、ラストヴォ(Lagosta)、ドゥブローヴニーク(Ragusa)の町は、力、自由、富のシンボルであるサン・マルコの旗が翻るのを見ることになる。

イーストラ(Istria)半島人、ダルマツィア人、スラヴ人、ナレンターニ人[narentaniとはダルマツィアのネレトヴァ河(Narenta)周辺に7世紀頃やってきた南スラヴ人]等全ては、その時地中海の覇者として登場した男によって導かれるアドリア海の新しい秩序に従うべく、《ヴェネツィアとダルマツィアの総督》という称号を帯びたヴェネツィアの総督に敬意を表さねばならなかった。
カナレット画『センサの日、サン・マルコ小広場に帰還したブチントーロ船』[カナレット画『センサの日、サン・マルコ広場に帰還したブチントーロ船』]  この大いなる戦争の記憶として、ヴェネツィアと自由な海とのシンボリックな結び付きである《海との結婚》という祝祭は始まった。そしてその時以来、毎年センサ(伊語Ascensione)の日、即ち5月18日のキリスト昇天祭の日、総督と総大司教は海を祝福するためにリード港の外洋に赴くことが布告された。単純で簡素な式次第による贖罪の儀式である。 ……」 (2に続く)
   ――マルチェッロ・ブルゼガーン著『ヴェネツィアの神話と伝説』(Newton Compton Editori)より
  1. 2013/04/27(土) 00:05:39|
  2. ヴェネツィアの行事
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアの海との結婚式(2) | ホーム | フリードリヒ・ニーチェ(3)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア