イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

第30回「Su e Zo per i Ponti(橋を上ったり下りたり)」大会

ヴェネツィア史の中では比較的近年に始まった行事で、この(2008年)4月13日(日曜)に行われた《Su e Zo per i Ponti》という行事があったそうです。Zo(ヴェネツィア語)は伊語の giu` の意味ですので、ヴェネツィアの太鼓橋を昇ったり降りたりする、言わば歩行者天国のイヴェントのようです。大量の観光客に襲来された町から、また違った景色を取り戻したいという試みでしょうか。
「橋を上ったり下りたり」大会市の年間行事予定のパンフレットはこの項について次のような歴史を述べています。
初回の《Su e Zo per i Ponti》はエウログループのTGSと Venetiadi の主宰で、1975年に行われました。その後各種の団体が組織に加わり、この催しは続行されることになりました。

[エウログループTGSとは、北東イタリア・サン・マルコ・サレジオ会創設のグループであり、サレジオ(Salesiano)会は、1845年聖フランソワ・ド・サル(Francesco de Sales)を守護聖人として、聖ボスコ(Don Bosco)がトリーノに創った修道会だそうです]

競争ではないこの催しは、若い人、家庭・学校のより幼い人達まで含め、スポーツをする人・しない人もヴェネツィアの道(calli)を快く歩くことで、友情と連帯感の中で結ばれるという理想の下で続いてきました。

その後民間伝承研究グループや音楽家グループの参加もあり、その光景はサン・マルコ広場を始め、他の空間も活気あるものにしてきました。

今年で30回目を迎え初心に立ち返り、リフレッシュされる祝祭と楽しさに満ちた一日となることでしょう。平均1万~1万5千人の参加者、600人以上のヴォランティアがコースに沿って、色々サーヴィスを提供します。

何千というチラシとポスターがヴェーネト各地、イタリア全域に配られました。

沢山の人達、現協力者ジャンフランコ・マンドゥルッザートのような熱狂的な人達のお陰で、この催しは大喝采を博し、それが国民的レヴェルであることは、各メディアに現れる関心のほどで証明されています。

ヴェネツィア市は、今ではこの催しを、最重要の伝統行事である《レデントーレの祭》や《歴史的レガッタ》等と同様に、毎年のヴェネツィア行事の中でも大切なものと位置付けています。

催しに相応しいメダル等の賞牌以外に特別の賞が学校や多くのグループ、民俗的団体のために設けられました。この大会の最大の目的は慈善です。

どういう道がコースになったのでしょうか。ご覧になった方はいらっしゃるでしょうか。私も一度見てみたいと思っています。
  1. 2008/04/25(金) 18:18:39|
  2. ヴェネツィアの行事
  3. | コメント:0
<<八百屋さんと拳骨橋 | ホーム | 天正のローマ使節(5)[天正遣欧使節とも]>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア