イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ファブリッツィオ・ボッソ

昨日曜日、丸の内の《コットン・クラブ》にジャズを聞きに行ってきました。下がそのチラシです。
ファブリッツィオ・ボッソファブリッツィオ・ボッソ・クァルテットこのファブリッツィオ・ボッソ・クァルテットのリーダーは、類いまれなテクニックとアドリブで聴衆を呻らせます。例えば、トランペットを吹きながら息を吸い、何分もの息継ぎのない演奏だとか、喇叭の音と思えない音を囁くように吹き上げたり、そうした演奏が楽しいアドリブの中に散りばめられていました。

今やイタリア・ジャズ界のトランペット第一人者のトリネーゼ、ファブリッツィオの演奏を初めて聞いたのは、3年前、南青山の《ブルー・ノート》ででした。その時彼の virtuosita' にひどく驚嘆感動しました。演奏後、サインを貰おうと並び、彼に話しかけると、気軽に応じてくれ、メンバー4人と喋りましたが、陽気なイタリア人でした。

今回も娘がCDを購入し、サインを貰おうと並んでいると、やって来たファブリッツィオが私を目敏く見つけて、《覚えているよ》と言いながら握手をしてくれました。3年前の初来日で、一介の他国の聴衆の一人を、少し立ち話をしたとはいえ、覚えている彼の記憶力の素晴らしさに非常に感動しました。イタリア語を知らない娘も驚いたようです。

ジャズを聞き始めて何十年ですが、沢山あるお好みの中から二つだけ Youtube から選出してみました。一つはヘレン・メリル、このレコードが日本初登場の時、ヘレンの唄にぞっこんとなり、友人にも聞くよう勧めましたが、実は共演の25歳という若さで事故死したクリフォード・ブラウンのパツラのアドリブが素晴らしいのです。二つ目はウィントン・ケリー、この "Softly…"は限りなく軽やかにソフトリーにピアノがテーマに突入します。ジャズって本当に楽しいと実感します。

ファブリッツィオの音の美しさの一端を、Youtubeファブリッツィオ・ボッソでどうぞ(後半6分以後は空白です)。
  1. 2013/05/27(月) 21:00:08|
  2. | コメント:0
<<文学に表れたヴェネツィア――アントン・チェーホフ | ホーム | ヴェネツィアの建物: カ・デル・ドゥーカ(Ca` del Duca)館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア