イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの建物: チヴラーン・バドエール・バロッツィ館

ジュスティニアーン=ロリーン館を過ぎるとその右は庭のあるチヴラーン・バドエール・バロッツィ館となり、更にサン・ヴィターレ(S.Vidal)運河があり、その右はもうアッカデーミア橋です。この館のノービレ階(中心となる階)には三連窓が中央にあり、1500年代の建物ですが、後に上の階が建て増しされたそうです。E.&W.Eleodori『大運河』(1993)はバドエール家について次のように述べています。
チヴラーン・バドエール・バロッツィ館「……最古の家系の一つであるバドエール家は、ヴェネツィアの黎明期にパルテチパーツィオという有名な名前で頭角を現す家系である。この一家で最初に選ばれた総督アニェッロの時代、政庁はマラモッコからリアルトへ移された。810~939年にこの一族から7人の総督が選ばれた[アニェッロ・パルテチパーツィオ(810~827)、ジュスティニアーノ・P.(827~829)、ジョヴァンニ1世・P.(829~836)、オルセ1世・P.(864~881)、ジョヴァンニ2世・P.(881~887)、オルセ2世・P.(912~932)、ピエートロ・P.(939~942)の総督]が、自分の王国を作りたかったのだと非難される程である。

12世紀にマリーノがミラーノ(Mirano―大都市 Milano ではありません)とストラ(Stra')の間のトレヴィーゾの辺境の地の王となるが、それはペラーガ公の娘、妻となったバルザネッラの婚資としてもたらされたものであった。

バドエール家は数多くの将軍、サン・マルコ財務官、外交官、文学者らを輩出したが、家業の中心は、特に商業であった。ヴェネツィアの古い教会はこの一家によって建設された物が多い。伝承によれば総督宮殿の最初の基礎は、814年頃、パルテチパーツィオ家の者によって築かれたのだという。一家の中心となっていた分家が消滅してしまった。」
  1. 2013/07/27(土) 00:02:31|
  2. ヴェネツィアの建築・建物
  3. | コメント:0
<<インクラービリ養育院 | ホーム | レデントーレ教会、夜宮の花火>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア