イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの建物: ベンゾーン・フォースコロ館、ピザーニ館、スッチ館、カジーナ・デッレ・ローゼ他

バルバロ・クルティス館の右へ更に遡上すると、ベンゾーン・フォースコロ館、ピザーニ館等と続きます。E. & W. エレオドーリ著『大運河』(1993)は次のような事を述べています。
ベンゾーン・フォースコロ館、ピザーニ館、スッチ館「ベンゾーン・フォースコロ館――ゴシック・ビザンティン様式で建てられた、古い工場があった場所に17世紀に建造された小さな館。ノービレ階には長方形の枠で囲まれた、アーチの上部を持つ一連の窓が際立っており、それは中央部に集められて、三連窓の張り出したバルコニーが迫ってくる。」
……
「ピザーニ館――1614~34年間に、バルトロメーオ・モノーポラに帰属する設計で建てられた。この大きな館は隣がサント・ステーファノ広場の隣のピザーニ小広場に主たる玄関が向いている。

1728年、ジローラモ・フリジメーリカによって拡張された。しかしピザーニの目的は、建物が大運河に直接面するということであった。1751年更なる購入で実現出来たことは、サンティッシモ運河との角に狭いファサードの建物を建てられたことである。

上層階の二つ並んだ二連窓に特徴がある。メインの階の二連窓には露台が付いている。」
……
「スッチ館――17世紀の建物。ファサードは大変単純であり、張り出した露台の付いた三連窓は、アーチ式の一面窓を両脇に従えた、セルリアーナ式の主要階に特徴がある。」
ステッキーニ館、19世紀住宅、カジーナ・デッレ・ローゼ「ステッキーニ館――1600年代の簡素な建物。各階の高さが同じであり、また内部の部屋の配置からいって、アパートとして建てられたと思われる。」

「キオード館――1700年代の建物。ファサードに窓を集めるという伝統的なやり方を止め、開口部(窓)――2、3階は新ルネサンス様式のアーチ型の窓――は壁面の広い空間に間隔を置いて配置されている。」

「カジーナ・デッレ・ローゼ(薔薇の館あるいは赤い小館)――ドメーニコ・ルーポロによりホーヘンローヘ公のために18世紀に建てられた素朴な建物で、ここに住んだ人々は知名度のある人々であった。

アントーニオ・カノーヴァはここにアトリエを設け、彼の最初の傑作『ダイダロスとイーカロス』を彫った(現在コッレール美術館蔵。ローマに発つ前にピザーニ家のためにこの群像を造形した、と言われている)。

ガブリエーレ・ダンヌンツィオは1915~19年ここに住んだ[『ヴェネツィアとその入江』(G.Lorenzetti 著)は戦争中1915~18年に住んだ、としています]。彼はエレオノーラ・ドゥーゼと共にヴェネツィアに在り、意気軒昂だった。そしてここで美しい『Notturno』を書いた。 ……」
ガブリエーレ・ダンヌンツィオヴィットリアーレ博物館チラシチラシ裏面ヴィットリアーレ博物館チラシ 2ヴィットリアーレ博物館チラシ 2裏面ガルダ湖畔ガルドーネ・リヴィエーラのダンヌンツィオのヴィットリアーレ博物館チラシより
追記(2013.11.04日): 現在、井の頭線の駒場東大の駒場博物館で『ダンヌンツィオに夢中だった頃――ガブリエーレ・ダンヌンツィオ(1863-1938)生誕150周年記念展』が開催(~12月1日まで)されているそうです。上田敏、夏目漱石、有島生馬、三島由紀夫等、日本の錚々たる文学者達に読まれた、この作家の初の展覧会だそうです。ヴィットリアーレから愛用の遺品等も来日しているとか。興味のある方は次のサイトダンヌンツィオに夢中だった頃でお出かけ下さい。
  1. 2013/10/26(土) 00:02:07|
  2. ヴェネツィアの建築・建物
  3. | コメント:0
<<文学に表れたヴェネツィア――フーゴー・フォン・ホーフマンスタール | ホーム | ポール・シニャック(Paul Signac)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア