イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアのフラミンゴ

昨日のヴェネツィアの新聞La Nuova紙を読むと、8月10日の次のような記事がありました。
フラミンゴ「 トルチェッロ島、ラグーナにフラミンゴの群れ
――フラミンゴ(紅鶴)の一群がトルチェッロ島近辺のラグーナに適応して、鳥たちは巣作りに励み、夏季を過ごす

フラミンゴの大群がラグーナ北のトルチェッロ島傍で確認された。僅か10人強の住人しかいないトルチェッロ島で、唯一農業を営むパーオロ・アンドリック氏によって、その周辺は守護されている。この鳥たちの優美さを不朽のものとすべく、チェーザレ・セント(©Cesare Sent)氏が写真を提供された。」

追記: La Nuova 2によれば、159羽の雛が確認されたそうです。
  1. 2013/08/12(月) 01:19:16|
  2. ヴェネツィアの自然
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアの建物: グッソーニ-カヴァッリ-フランケッティ館 | ホーム | 文学に表れたヴェネツィア――吉行淳之介>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは十数年前。ヴェネツィアには即一目ぼれ。
その結果、伊語勉強のためにヴェネツィアの語学学校に何年間か数ヶ月通いました。
その後もヴェネツィアを訪れるたび、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら書くのが楽しいのです。

*図版はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア