イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの建物: ヴェニエール・コンタリーニ館、ミキエール・アルヴィージ館他

コンタリーニ・ファザーン館から更に右へ進むと、右隣はヴェニエール・コンタリーニ館です。E.&W.エレオドーリ著『大運河』(1993)はこの館について次のように述べています。
コンタリーニ館ほか「15世紀後半のゴシック様式建築で、四連窓を中心に完全に左右対称のファサードである。3階の窓は下の階の物より窓丈が高く、オジーブ式等装飾豊富で、より後期の物と思われる。そして玄関門は、その後の時代に改装された。」

更に右隣のミキエール・アルヴィージ館についての、E.&W.エレオドーリ著『大運河』(1993)の記述は:
「1600年代の建築で、中央大広間を強調するために2階はセルリアーナ式窓である。ファサードは窓と窓を結ぶ石製のコーニスが水平方向に走っている。」

その右隣ガッジャ館、更に右隣には17世紀の建物である華麗なホテル・エウローパ・エ・レジーナがあります。この二つの建物の間にトラゲット通りがあり、G.ロレンツェッティ著『ヴェネツィアと入江』(1926)はこの通りについて次のような事を書いています。
「元々はジュスティニアーン家の物だったが、アルヴィーゼ家の第二の館となり、現在はガッジャ館となっている建物に由来し、対岸のサン・グレゴーリオ修道院との間に海賊の進入を防御するための封鎖装置である鉄の鎖が張られていた。9世紀の終りに設置され、その城壁は当時、サンタ・マリーア・ゾベニーゴ広場まで続いていた。」

ホテル・エウローパ・エ・レジーナの大運河を直接望める1階テラスの空間を過ると、ホテルの一部でもあるバドエール・ティエーポロ館へと続きます。この建物について『大運河』(1993)は:
「17世紀に建てられたこの建物は、左側の部分が未完成のまま残されたのだが、その後改装された。右に一面窓を2面従えたアーチの三連窓は露台が張り出している。……」 
バロッツィ・コルネール・エーモ・トレヴェス・ボンフィーリ館更に進むとその右は、エーモ・トレヴェス・デイ・ボンフィーリ館となります。『大運河』(1993)の記述を見てみます。
「この館もまた17世紀初頭、バロッツィ家の商館としての居宅があった場所にバルトロメーオ・マノーポラに帰属するとされる設計で建てられた。右半分は当時の姿を留める。玄関門のセルリアーナ式、軒のコーニスを支える大きな腕木に特徴がある。

1827年トレヴェス家の獲得するところとなり、内部の改装を完璧なまでに成し遂げようとし、ネオ・クラッシック様式の居宅としては最も華麗なものの一つとなった。望楼、新しい大階段、ジュゼッペ・ボルサートが装飾を施した、後陣を持つ形の美しいサロンが出来、そこに収めるためにアントーニオ・カノーヴァの二つの大彫刻『(トロイアの)ヘクトール』と『(ギリシアの)アイアース』を入手した。他の部分はジョヴァンニ・デミーンとセバスティアーノ・サンティの協力の元、ボルサートによって装飾された。

トレヴェス家はオーストリアから到来した一家で、その大なる功績と皇帝に貸し付けた莫大な融資のために男爵に叙位された。この館にはメッテルニヒ公、また同じように皇帝ヨーゼフ2世が鑑賞に訪れた貴重な芸術作品が収集されていた。」
 ――E.&W.エレオドーリ『大運河』(1993)より
  1. 2014/01/29(水) 00:02:24|
  2. ヴェネツィアの建築・建物
  3. | コメント:0
<<文学に表れたヴェネツィア――ヘルマン・ヘッセ(1) | ホーム | 文芸評論に表れたヴェネツィア――鳥越輝昭(3)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは十数年前。ヴェネツィアには即一目ぼれ。
その結果、伊語勉強のためにヴェネツィアの語学学校に何年間か数ヶ月通いました。
その後もヴェネツィアを訪れるたび、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら書くのが楽しいのです。

*図版はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア